2010年02月

2010年02月28日

PSM名古屋グランパス戦

爽やかな青空の瑞穂競技場。芝生も緑に鮮やか。観客は7000人近く。

コイントスはグランパスの楢崎が取ったもようだが前半風上を選択。
そのためか前半は殆どグランパスペース。FC岐阜は再三シュートを浴び、耐える時間が続く。30分ごろになり、ようやく岐阜も反撃の態勢に入ってきたが、パスはグランパスの選手によく引っかかり、カウンターを守備陣は受けると反応しきれない。自陣の右サイドでボールを奪われ、玉田に一気にドリブルで運ばれ、逆サイドネットに突き刺される。岐阜は反撃したが、前半は1-0で終える。

後半に入り、FC岐阜はそのまま風上になる。加えてグランパスは、テストのためか、次々と選手を入れ替えてくる。資金力に物を言わせてトップクラスの選手層を誇るグランパスは、小川、ダニエルソン、三都主、竹内など、控えとは思えない選手たちを繰り出すが、取り立てて圧力を増したという印象は無し。

ただし、出足やチェック、足元の確実性はグランパスの方がいい。前半よりは繋がるとは言え、ダニエルソンなどによく引っかかる。ワイドに攻めてくるグランパスの攻撃は、再三ゴール付近に迫ってくる。岐阜はボールを繋ぎたくても、再三パスやトラップが乱れ、技術、スピード、戦術成熟度などに差を見せ付けられる。体の出来などを見ても、岐阜は重たく見えた。

グランパスはパス精度は高いが、それほど高いコンビネーション精度があるわけではない。DFラインもやや深く、岐阜が狙いたい裏は取りにくいが繋いだり、敵陣でのボール奪取のチャンスは増える。グランパスファンなら「オイオイ」と言いたくなる様な形で岐阜がボールを持つようになる。

CB秋田に代わり秀人、DH代わりSHI嶋田INに菅がDHへ。
次に洸一は大事を取り途中交代し、染矢がIN、嶋田がFWか。
また、GKも新人村尾が出場。

形も何も無い岐阜のパワープレーとグランパスのカウンターが続き、このまま終わるかと思ったが、PSMにしては3分と長めロスタイムに、SH西川が中央付近から同点ミドルシュート。勝利でもなく、課題も多かったが、岐阜サポに喜び、グランパスサポにやや不満を残して終了した。

恭平・・・再三のスーパーセーブでグランパスサポから高評価を得た。
村尾・・・特筆するピンチは無かったが、グランパス相手にも堂々としたプレー。ドライブ回転のフィードなど、攻撃の起点としても工夫を見せた。

冨成、吉本、秋田、野垣内・・・失点の場面も含め、グランパスFWのスピードに何度か振り切られそうになる。戦術を意識しすぎてか、予測がまだ甘い。劣勢ながら1失点で済んだのは、一応の評価。
秀人・・・特に見せ場も無かったが問題なし。

山内、橋本・・・山内がアンカーだが、橋本も思い切って前に出る場面が無い。
西川、菅・・・簡単には前を向いたり繋いだりは出来ない。敵SBの裏を取る場面も殆ど無し。プレーの幅は広がっている。コースがある場面でのシュート精度はある。
嶋田・・・途中出場での堂々としたプレーが岐阜に余裕を与える。同点ゴールは珍しく嶋田のアシストだった模様。
染矢・・・特に見せ場も問題もなし。

洸一・・・劣勢の中で見せ場は限られた。自身もまだ完調とはいかないか。
押谷・・・スタメンに抜擢されたが、得点力、連携、守備など、まだ物足りない。

倉田監督・・・嵌っているともいえず、システムに苦心の跡が見える。上手く落ち着くか、不協和音を招くか。チームのフィジカルコンディションもまだ上がっていないが、どのペースでどの程度に仕上げていくのか。
acekiller6 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) FC岐阜TOP | FC岐阜TOPの評価

筑波大学TM

14時から北西部グラウンドでの試合は薄曇りで気温はベストコンディション。芝は土と見間違うほどの枯れ芝。前日の雨の影響もあり、やや湿っていた。

FC岐阜のメンバーは、翌日にグランパスとのPSMがある事もあってか、控え組中心+筑波大出身選手。それに、フルタイム出た染矢や途中で入れ替わった嶋田と菅。

試合内容は前半はFC岐阜が風下。セットプレーからの田中のゴールはあったが、全般的に押され気味。後半は逆に岐阜のペース。

村尾・・・特にピンチも無く、プレーも無難な出来。
重成・・・上積みを感じる。決定機を止めた事もあり、GKの中では最高評価。
練習生・・・フロンターレのテセのお兄さんと言うこと。

野本・・・右SB。味方のカバーもあり野本なりの出来。セットプレーからやや大きすぎるファーへのボールを、確実に折り返しアシスト。サテメンバーの中では存在感がある。
田中・・・チェックも確実、セットプレーでも攻撃参加でも2点。攻守に渡り、この試合のMOM。
練習生・・・やや思い切りもない無難なプレー。
村上・・・左SBのスペシャリストという感じはしないが、良くはなっている。

サムエル・アレサンドロ・・・メキシコ人練習生。ボランチに入り、ミドルシュートなどがやや非力でなでしこリーガーのトップクラス並み。守備面ではチェックが鋭かった。大友を小柄かつテクニカルにした感じか。
永芳・・・昨年の本職のレジスタ。攻撃面で唯一起点となり、攻撃を組み立てていた。
嶋田・・・逆風の中でドリブルは、筑波大学DFにとって脅威だった。
菅・・・右SH。スタミナを感じさせる。競り合いで熱く、あわやカードというくらいまでやっていた。
染矢・・・まだ本来の切れは感じず、周りとのコンビネーションに迷いも感じるが、後半にはミドルシュートを決める。

ジュンキョン・・・シュートは決まらなかったものの、相変わらずのポストの強さに、永芳との連携がリズムを作っていた。
阪本・・・中盤に落ちてくるプレーが目立つ。決定機は決めたかった。

筑波大・・・9番など、技術と突破力のある選手が数人いた。


acekiller6 at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) FC岐阜TOP | FC岐阜TOPの評価

2010年02月22日

松本山雅戦

13日に行われた今年最初のTM。
序盤は日も差したが徐々に雲に隠れ、スタンドは寒い。
FC岐阜は調整モード。一方の山雅は仕上がりも早く、格上カテゴリーの岐阜を倒そうと、特に元岐阜の北村隆二を筆頭に本気で挑んできた。
この試合で最も動きが良かったのはその北村隆二で、岐阜の佐藤が怪我なのか、大事を取って出場しなかった事もあってか、山雅の時間帯もかなりあった。

得点は、1本目は永芳のFK、山雅のFKからの押し込み。
2本目は永芳のFK2ゴール目、北村を含め2人退場者が出たが、山雅が岐阜守備陣のパスの乱れを拾って流し込む。
3本目は押谷退場で今度は山雅が数的有利になり、控えと新戦力の岐阜から勝ち越しゴール。
合計で2-3。

この日までの練習で、西川のポストに強さが見られたり、橋垣戸の組み立てに上手さが見られたので、期待していたが、今回はそれが結果に結びつかず。

野本が右SBで軽快にボールは捌いたが、やはり冨成のプレーにはスケールの大きさを感じる。岐阜で最もコンディションが良かったのはベテランの秋田だった。

嶋田は今回西川と2トップを組んだが、やはり簡単なパスすら十分に繋がらず、フロントの査定に不満を持ち、好評価をしてくれた松田監督の栃木に移籍していった高木の穴は大きく見える。
押谷に前線でのプレッシャーに対抗するための強さに期待したくなる、目を引く動きがあったが、その直後に一発退場となってた。

フラビオや山内といったDFの新戦力は、ボランチで起用されるが、今のところ特筆すべき点は無い。
村上はまだスタミナや左足の精度といった左SBに重要な資質は見えない。
ジュンキョンは、相変わらず前線での強さを見せていたが、抜いてもシュートする距離も角度も無いような場面で、フリーの味方にパスを出さず、判断力に課題が残っている。
acekiller6 at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) FC岐阜TOP | FC岐阜TOPの評価
記事検索
livedoor 天気