2010年04月

2010年04月30日

第9節VSギラヴァンツ北九州

J2新規参入の北九州は、守備陣は健闘しているが、得点力はワースト。そんな北九州の攻撃力に助けられた。岐阜の攻撃は全体的にぎこちない。それでも流動的に菅がサイドに出て永芳が内に入ったりで、試行錯誤がそのうち結果に結びついてくれる事を期待している。

序盤はお互いにプレッシャーをかけてスペースが無かったが、徐々に北九州側は、カバーリングが及ばなくなってくる。とはいえ、佐藤の突進を受け止めるなど、上手さと集中力を見せており、岐阜にコンビネーションや潰れ役が出てこないかと願いながら見ていた。

そしてこれまでの印象からは思いもよらず、縦パスに対して嶋田が北九州DFに強く当たり、それが西川にこぼれ、西川からの楔を更にはたいて見事なワンツー。そして西川が決めて、それが1-0のゲームの決勝点。

このチームはそれぞれに課題は多いが、少なくとも去年よりは大人になっている気がする。とはいえ、そろそろ暑さも感じる時期で、そしてGWのタイトな日程。それは元気に乗り越えて欲しい。
acekiller6 at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FC岐阜TOP 

FC岐阜Second全社県大会準決勝 vs 長良クラブ

4月29日の朝には雨がまだ降っていたが、11時キックオフの頃には青空も覗いていた。ピッチの状態も心配されたが、選手はしっかりとこなしていた。岐阜Ⅱのシステムは、松江&遠藤の2トップに、トップ下に酒井、SHの左に瀬古と右に栗本という、3ボランチというより4-1-3-2といった攻撃的布陣。

しかし、対戦相手の長良クラブには、昨年Secondが7-0で大勝したという実力差は感じず、その雰囲気からは先週のTOPの試合のJEF千葉のフィジカルの良さを感じた。そして前半開始から数分、岐阜Ⅱは攻撃的布陣が最初に裏目に出たか、片山から前線へのパスをインターセプトされ、カウンターで3対3を作られ、横山の前で切り返され撃たれたシュートでいきなり失点、この予選で初めてのリードを許す。

長良クラブは、リベロを置いて岐阜ⅡのFWとSHにマンマークを付ける5-2-3といった感じにスタンドからは見えたシステム。FC岐阜は、試合の変化に対応していける選手が多いが、得点力に関しては、フィジカルとテクニックに優れたタイプの松江の出来に左右されやすい。松江がマーカーをどれだけ振りきれるかがテーマの1つになった。

しかしこの試合、岐阜Ⅱの5得点の内、4得点がセットプレーから生まれた。昨年のセットプレーのキッカーの中村が負傷離脱中でスコアラー森洋介が移籍していなくなったとは言え、精度の高いキッカーと密集を恐れないファイターに困ってはいなかった岐阜Ⅱのセットプレーのへの対応としては、長良クラブは不十分だった。

長良の素晴らしいフィジカルコンディションをベースにした、特に左インサイドハーフというような7番の切り返しに、守備に人数を割いていると感じられず、得点の可能性を何度も感じた。課題はあるが、Morishin'sや養老クラブとの昇格争いに割って入れる資質を感じた。

それに対して岐阜Ⅱは序盤は遅れをとったが、中盤以降は怯むこと無く楔を打ち込んでいった。終盤に途中交代で右SHに入った鈴木が、スピードを活かしてDFラインの外から飛び出し、キーパーの1対1となって決めた。

全体の出来はまだ良いとは言えない。4-3-3気味にして、片山をセンターハーフ的に使い、攻撃力を活かすにも、今回は片山であっても周りが広すぎる、あるいは前へのプレッシャーが弱かったように感じた。LIBERTA20番のようなプレースタイルの選手がいればいいが、あるいは昨年から、右利きだが栗山は左SH、左利きだが瀬古は右SHという印象もあるので、配置の工夫などで安定感の改善を図れるだろうか?

現状は少なくとも昨年のJSCのカウンターには確実に屈するレベルだと言えるが、東海2部リーグをも占うこの大会は、とりあえず決勝までたどり着いた。なお、全社東海予選と天皇杯県予選の出場は確定したそうです。


この試合の後に、NK可児vsFC川崎との試合が行われた。
状態は川崎の方がフィジカルコンディションもテクニックも若干良かった印象だが、可児は気をくれすることなく守備やルーズボールなどで手を抜かず、ワンチャンスを活かして先制した。後半になって追いつかれたが、延長線前後半10分ずつも戦い抜き、PK戦で、川崎4人目が外したにも関わらず不可解なやり直しにもめげず、6人全員が決めた後に、キーパーがストップし、決勝進出を決めた。PK戦勝ちの立役者のキーパー、それに左FW、レジスタ、キャプテンの左SBなどの敢闘が印象に残る。川崎も前回の観戦時からの上積みが伺えたが、無念の敗退となった。

2010年04月25日

第8節VSジェフユナイテッド千葉戦

昨年末の天皇杯では、随分とひ弱な印象を与えていたジェフだが、今回は序盤こそ拮抗していたが、嶋田のシュートから生まれた佐藤の決定機をぎりぎりカットされるなど、ヴェルディ戦とは逆に、徐々にジェフ選手のフィジカルコンディションの出来の良さが目立ってくる試合だった。また、岐阜は前節の失点のダメージが抜けきらないのか、はたまた移動疲れなのか、対照的に動きが悪かった。そして、前節と同じく田中が倉田秋に振り切られてクロスに合わせたアレックスに先制点を許した。

前半は失点後もペースを握られたままで、風上となる後半の逆襲に期待したかったが、ジェフの出来の良さに苦戦しそうな印象だった。そして後半4分で、ネット選手の揺れるFKが野田のセービングを弾き2-0と突き放される。
岐阜も単発では気持ちの入った攻撃やキープを見せ、FKの機会も何度か得るが、ジェフの狭いバイタルエリアなどのスペースに対して十分なプレーが出来ずミスを繰り返す。

染矢の久々の出場の後は、勢いでは互角に近付いたが、決定機は殆ど生まれなかった。逆にジェフのカウンターでドリブラーに対して2人がつき、逆ポストに走る選手をフリーにして、野田との1対1という状況を作られたりもした。
ジェフは、いいボールの落としなどもあったが、それ以上に無駄を省いたシンプルな動きとしっかりとしたポジショニングで、岐阜にペースを譲らなかった。

得点2-0、シュート数19-9、CK7-1。ただしFKは10-25、イエローカードは5-1。この試合、気持ちだけは上回っていたのではないか、そして、どんな指示を出そうと、滅多なことでは逆転出来ないだろう地力の差があったとも感じた。岐阜はジェフのシンプルなサッカーをお手本とし、その上でイマジネーションを付け加えていくべきではないかと思った。
acekiller6 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FC岐阜TOP 

FC岐阜Second全社県大会準々決勝 vs 関LIBERTA

10時より大垣南グラウンドでキックオフ。天気は快晴。日陰はまだ涼しいが日差しを浴びれば熱い。
遠藤がFWに上がり、SHは左に栗本、右に酒井、ボランチに田端、右SBに金、CBには3番を付けた新加入選手といった、大幅な攻撃力向上を意図したと思われるテコ入れを行ってくる。本職の遠藤は言うに及ばず、栗本や田端はこの形が最も力を出せるのではないかとの予想。

対戦相手のLIBERTA側は、2トップがワイドに開いた4-3-1-2といった布陣。
先週目についた23番はポジションを下げてCBでプレー。その位置からよくコーチングが飛ぶ。もう一人評価したいのは右SHでキャプテンマークを巻いた20番。DFラインとの距離感が抜群で、強固な守備ブロックを形成し、岐阜Ⅱの攻撃を絡めとっていく。そして右FWが岐阜Ⅱの左SB角の裏を狙い、20番のスルーパスに反応し、縦への突破とCB横山との1対1狙っていく。岐阜Ⅱのサッカーとデコボコのサイドライン際には有効そうな攻撃だった。岐阜Ⅱ側は十分に機能していないと見たのか、前半の内に田端に代えて左SHへ瀬古を投入し、栗本を右SH、酒井をOHといった感じの変更を行ってくる。

緊張感のある前半は0-0で折り返し、このままの展開が続けば好ファイトを見せるLIBERTA側の一発も考えられたが、LIBERTA側を見る限り、どこまでスタミナが続くかが鍵という勝負にもなりそうに思われた。

そして後半の序盤も過ぎようかと言うところで、LIBERTAのMFとDFラインの間がわずかに広がってきていたのか、その狭いスペースに食らいつくかのように松江と遠藤が入り込んでくる。そしてLIBERTA側から「我慢」という言葉が飛んだ直ぐ後、岐阜Ⅱの右側からの攻撃で、中央やや左の松江が、マークに付くLIBERTA23番のプレッシャーを受け切ってファーポストへキーパーのセービングも及ばないシュートを決める。
すぐさまLIBERTAも反発したが、岐阜Ⅱの追加点が岐阜の選手(瀬古?)の左足のFKから生まれた。観客からは「通常より1m以上も壁が近かった」との声が聞こえた。決して闘争心を失わなかったLIBERTAだったが、岐阜Ⅱに対しての2点差のダメージは大きかったか。そして、3点目の酒井のクロスから(松江?)へのゴールへと繋がった片山のジャンピングボレーでのスルーパスや、4点目の遠藤のミドルシュート(?)の頃には動きは低下していた。

この試合はLIBERTAから崩れたものであり、まだ岐阜Ⅱからは、東海2部を勝ち抜くための備えは十分に備わってはいないような気がする。ただし、徐々に備わってきているとも思える。

今日のトップの試合では、ジェフ側に昨年岐阜Ⅱが二度敗れた北信越リーグのジャパンサッカーカレッジの選手が出場していた。門は狭いが、岐阜ⅡのステージもJリーグに繋がっていると改めて感じる試合だった。

追記:伊藤監督のブログによると、田端は負傷交代との事。

2010年04月19日

第7節VS東京ヴェルディ戦

FC岐阜SecondのMorishin's FC戦の勝ちを見届けた後、すぐにメドウに移動。座席はほぼ埋まっていたが、隙間にお邪魔する。大垣南と比べればなんと素晴らしいピッチだろうかと感じる。

前々節から2連勝中だったが、その間はCKからの得点が主で、前節に至っては後半唯一のCKが得点に繋がるという状況。CKが得点になる確率は1割ほどと言われるものなので、マグレと評する人もいた。また、2試合も続けば、相手チームの警戒も厳しくなる。課題としてはCKを含めたセットプレーの質は保たれているか、最下位のヴェルディに対して油断はないか、終盤の膠着状態に対してオプションを用意出来ているかが気になる部分だった。

そういった部分を確認しようと、土曜日にも前日練習見学へ。丁度CKの練習が行われていたが、なかなか決まらず、やや迫力不足。ついでに昨年スーパーサブとして活躍した染矢や、マイボール率の高い朴俊慶といった選手が別エリアで練習していた事で、ヴェルディ戦不出場の可能性が高いことを知る。染矢の跨ぎフェイントが面白い、サイモンはまだフィジカルが未完成などと眺めていたが、この時点でふと、普段は興味が無いtotoを、引き分けかヴェルディ勝利で買えば面白いのではとも頭を過ぎったりしたが、どうやら対象外ゲームだった。

そんな感想を持っての当日の観戦だったためか、岐阜のプレーがやや軽く感じられる。とは言えヴェルディのプレーも同様で、どちらに転がるのか予想が付かない。この試合、佐藤をマークしている土屋が180cm足らずの身長の割に、非常に大きく見えた。184cmの佐藤に真っ向勝負で渡り合うのに加え、佐藤がボールをキープしても、意表をつくタイミングで足を伸ばしてくるなど、キャリアの豊富なベテランらしいプレーを披露した。佐藤もこの程度で怯む選手では無く、再三再四の競り合いが繰り広げられ、時にチャンスも生まれるが、佐藤を自由にしないヴェルディディフェンスのプレッシャーは、岐阜のリズムを狂わせ、攻撃力を低下させていた。

次に菅と田中の2ボランチのポジショニングが定まらない。レジスタ菅が下がり目にポジショニングを取ろうとしたところでアンカー田中が前がかりになるなど、どうにも噛み合っていない雰囲気がある。試合後の田中のコメントを見る限りでは、シュートが無い事に対しての積極的な姿勢だったようだが、守備ブロックの強度が下がっているので、岐阜DFラインも思い切った押し上げが叶わない。ヴェルディDFラインを押上げサイドも埋めてきている状況では、攻撃も手詰まり。CKもなかなか合わず。

佐藤と嶋田が押上げのプレッシャーを打開しようとすることも合わせ、結果的にヴェルディボランチにプレッシャーがかからない。その位置で何度もセカンドボールを拾われ、そこからサイドのスペースにボールが供給される。終盤にはオフサイドで崩されたとは言えないが、ヘッドでネットを揺らされたクロスのキッカーは完全にフリーだった。また、野田との1対1に近い状況も作られ、ヴェルディの得点力の低さに救われているといった状況が終了が近付くにつれ増えてきた。

嶋田と交代した押谷も、意表をついたミドルシュートこそあったが、流れを呼び込むまでには至らない。前節までを振り返れば、切れるカードは朴基棟か山内か。その状況下の終盤に、田中がトンネルに近いトラップミス。ひょっとすると脚が止まってきているか?という考えがよぎる。試合後の倉田さんのコメントを見ると、引き分けでも良しという気持ちだったようだ。しかし、その気持ちが受身の姿勢になり、後半ATに田中が振り切られてヴェルディに勝ち越しゴールと初勝利を献上させたのかもしれない。

たかが勝ち点1を狙って守りに入ったところで、勝ちきれる保証など無い。しかも相手は最下位のヴェルディで、引き分けは負けに等しい。土屋や菊岡はそこそこの選手だったが、岐阜の方が選手は揃えられていたのではないか。上手く勝ち越せていれば勝ち点は3で引き分け3試合分。トータルの勝ち点の計算など、リーグ終盤戦の昇格がかかった状況での上位クラブ同士の対決くらいで良いのではないか。何より最も得点が期待できる終了間際の時間帯を捨てて、昇格のための勝ち点を稼げるチームになるのかどうか。

サッカーにおいて、攻撃は最大の防御というのも真理の1つ。リードされてから、朴基棟を田中に替えて投入し3トップにするも時既に遅し。3トップでなくとも、押谷、あるいは染矢はSHでもプレー出来る選手。西川に替えて、あるいは永芳をインサイドに移して彼らをSHで投入するといったオプションは、守備力の向上も期待できたのではないか。全てはIFに過ぎないが、色々と考えさせられた敗戦だった。


acekiller6 at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FC岐阜TOP 
記事検索
livedoor 天気