2011年06月

2011年06月29日

FC岐阜Second vs FC刈谷1

午後2時からは陸上競技場に場所を移して岐阜Ⅱ対刈谷の試合。
刈谷は前節まで、マルヤス戦に4失点、鈴鹿戦5失点、MyFCに4失点と大量失点を続けており、そして先週のマルヤス対鈴鹿の試合を見る限り、テコ入れが成功していない限りは得点できると思われる。よってこの試合の見所は、前節デビューの東間が大石に対しどれ程対応できるか。

      櫻井
征矢 斉藤 川上 小林
北野 庄司 酒井 高橋
    大石 中山
-----○-----
    松江 遠藤
松井 安西 村松 中村
角   吉崎 東間  金
      本田

岐阜Ⅱは前半風下。今回はどうも大石が右のセカンドトップの位置に入っている。トップの中山の動きも良くなくホットラインのようなものも見えない。肩透かしを受けたような感じで岐阜Ⅱペースで試合が進み、前半に遠藤、後半に中村が決める。

中村は調子が良かったようで、得点シーンに関しては、右斜め45度でフリーで受けて、シュートが遅いかと思われたが、刈谷ディフェンスのシュートブロックの間を抜けてゴール左隅に決まる。

松江も素晴らしいと言ったレベルではないが、前半途中辺りから冴えたプレーを見せていた。追い風も強く、ルーズボールは刈谷ゴール方向へ流されていく。岐阜Ⅱにももう少しチャンスを作って欲しいが、勝ったかなと思えた。前半にイエローを受けていた角に替えて吉岡が入る。松井との交替で角をSHに上げるとさせなかったこのイエローもあるいはこの試合のポイントの1つ下もしれない。

大石を高く評価してきたつもりだったが、まだ過小評価だったかと反省するべきなのか。岐阜Ⅱ側から勝ったと思えるならば、刈谷側からならば何も変えなければそのまま負けると思えると言う事。突然最前線に位置取り、カウンターからのスルーパスに合わせて左サイドを抉り、内に切り込んでファーサイドネットへ同点ミドルシュート。そこから更に刈谷が一気に息を吹き返す中で、大石は寄せてくる東間を数メートル吹き飛ばす当たりの強さも見せる。

刈谷が諦めず攻めようとするならば、岐阜Ⅱにもタフに対抗してもらいたいところ。前回の対戦でゴールを決めている細野と瀬古も同じ位置に投入される。しかし、パスワークの乱れか、刈谷にボールが渡ると、ボール保持者にプレッシャーがかかっていないにも関わらず、吉崎は止まってオフサイドトラップを狙ってしまい、スピードに乗って背後に飛び出した中山にスルーパスを通され、ゴール前まで独走された後に本田の跳んで伸ばした左腕も及ばず同点に追い付かれる。

まだ同点で状況的には互角のはず。打ち合いの状況となるが、今度は右側のタッチライン沿いに落とされたボールにまたも中山がオフサイドにかからず追いつき中に折り返す。スペースも狭くマークが付いていれば大丈夫だと思われたが、合わせてニアに決めたのは大石。簡単なボレーではなかったはず。

大石にやられた、大石は凄かったという試合。東間はまだMyFC筆頭に、東海リーグの実力者を相手にするには不十分か。しかしそれらだけではなく、いよいよ伊藤監督の戦術が壁に当たったと言える状況かとも思える。昨年度までは相手よりも質の高い選手たちの力もあって采配の質の高さはそれほど無くとも結果を残すことは出来た。

しかしこの東海一部リーグの上位相手では選手の質に大きは差はない。もちろん全社と国体、今年度も来年度も同じだろう。手付かずだった戦術面の課題の解消が、つまりは伊藤監督の能力向上が求められてきているのではないかと思われる。
acekiller6 at 23:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) FC岐阜Second | 2011年度東海1部リーグ

FC.K.Alma大垣 vs Morishin's FC / 養老クラブ vs LIBERTA

岐阜Ⅱ対刈谷のキックオフ前まで浅中多目的グラウンドで行われていた試合を観戦。

上が大垣、下がMorishin's。
    1
3  6  4  2
20 8 24 13
  10 9
---○---
   10 20
22 24 17 27
8   3   4  9
    1

全社予選で準決勝まで勝ち進んでジョカトーレに大敗した大垣と、今年度の調子はもう一つの様子のモリシンズ。

大垣の攻撃は13番のアイデアのあるパスや、20番の安定感のあるドリブルなどが目に付く物の、FWの9番やレジスタ24番の攻撃に今ひとつ迫力がない。守備は6番が積極的に前にプレスに出て3バック状態にもよくなる。3番の右SBが体を張るが、4番のスイーパーにもう一つ粘りがないか。

Mo'sはセカンドトップ10番のほぼワンマンチームで高いキープ力とパス能力で優勢に試合を進める。左SH22番は個人能力は高そうだが位置取りが低い。17番あたりはスタミナ面で不安か。右SB8番が大垣右SH20番によく対応する。スイーパー3番は動きに硬さがあるが守備陣を統率する。

試合は0-1でビハインドの大垣に、Mo'sDFがエリア内で混戦状態でのクリアミスでボールを腕で押さえてしまった事でPKが与えられるというチャンスがあったがポストに当たり、その後、Mo'sの力の無いロングシュートをキーパーがファンブルして突き放される。
2-0でMo'sの勝利。


2試合目は殆ど時間がなかったが、関市のLIBERTAが圧倒。

   10 30
13 20 6 15
17 25 3 22
    27

過去の岐阜Ⅱ戦で見た、技術はあるがスタミナに課題という点に改善が見られる。
トップ10番の動きはよく体も張れる。左SH13番のレフティのボールタッチも柔らかい。レジスタ20番の機を見た飛び出しも良い。右SH15番も外で起点になれるし中に入ってボールを受ける動きも良い。ストッパー3番は強く、スイーパー25番に運動量もある。

頑張る養老にカウンターから点を返されていたが、ジョカトーレと共に関市から岐阜県内のサッカーを盛り上げてくれそうな予感がある。
キャプテンマークを付けていたアンカーの動きなどはどうだっただろうか。
acekiller6 at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月23日

第17節FC岐阜vsコンサドーレ札幌1

U-22の1時間前にキックオフだった試合。

     押谷 ブルーノ
 染矢 新井 三田 嶋田
野垣内 秋田 田中 野田明
       村尾

キックオフ1分、札幌の選手が野垣内より1足分前に出て上げたクロスを、田中がニアの選手に釣られてマークを外してファーの選手に決められる。

しばらく攻められつつも守っていたが、30分過ぎに相手が競り合いながら蹴った力のないミドルシュートを村尾がトラップしたボールは股の間を抜けてゴールマウスの中へ。

更に数分後に中盤の味方から戻ってきた浮き球を野垣内がヘッドで秋田に渡そうとしたものが短く敵に拾われ決められる。

ハーフタイムで野垣内は村上に交替となったので、愛媛戦の永芳もやはり懲罰的交替だったと言うことになるか。

後半は比較的岐阜のペースで試合が進み、札幌の選手が胸の高さのボールをハンドしてPKを与えてくれ、それを染矢がキーパーの逆を突いて左側の隅に決めて1-3で終了。

芝で滑っている選手が多かったが、それを差し引いても札幌が良いとも思えなかったので、残念な試合だと言うしか無い。

起用されない富成を応援しつつも倉田前監督の突然の解任に対して違和感を感じていたので、今年の木村監督に対しては、かなり傍観的な立場でいるが、今の岐阜を木村監督の解任無しに立て直せるかというと、立て直すための選手はまだ足りているけれど、難しいように思える。

しかし、前監督をあのような形で切り捨ててきた以上、良い監督には敬遠されやすくなっているのではないだろうか。かと言って岐阜を良く知らない外国人監督を招致する資金力も無さそうだ。

つまり、フロントの刷新をしない限り、監督の交替という手段すら、岐阜には厳しくなってきているのではないだろうか。
acekiller6 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) FC岐阜TOP | 2011年度J2リーグ

2011年06月21日

U-22日本代表 vs U-22クウェート代表

トヨタスポーツセンターから豊田スタジアムへ移動。ロンドン五輪二次予選を観戦。

            9大迫(鹿島)
  7山崎(磐田)  10東(大宮)  17清武(C大)
       6山村(流経) 8山本康(磐田)
5比嘉(流経) 12濱田(浦和) 13鈴木大(新潟) 4酒井宏(柏)
            1権田(F東)

7山崎→14原口
6山本→16山口
10東→15登里

東:最初はポジションに不安定さを感じたが、スルーパス含むポストプレーは精度が高かった。
山村、山本:安定し、リズムが良く、東とのトライアングルの連携も良かった。
清武:クロスやプレースキックの精度も高かった。ベッカムのように評価される日は来るだろうか。
濱田:ラインコントロールも良かった。大迫の裏に落ちてきた清武のCKを決めた渾身のダイビングヘッドは最も印象に残った。
比嘉:献身的に攻撃参加していた。いいクロスを上げアシストにも繋がった。
原口:山崎よりも良いドリブルでPA内ですら切れよく相手を抜き去ったが、見事にシュートを外した。内に入りすぎているようにも感じた。

お坊ちゃん的な雰囲気もあり、より強い相手とのクロスゲームに競り勝ったり、終盤の猛攻に耐え切れるだけのタフさや国際経験が十分にあるかどうか。

クウェートは前半CFがプレスをかけないなど消極的で後半勝負のようだったが、いずれにしてもこの日の日本を相手にするには荷が重かったと思われる。得点に繋がったサイドアタックや、こぼれ球のシュートには気持ちが見えた。
acekiller6 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月20日

FC岐阜Second vs トヨタ蹴球団 / マルヤス工業 vs FC鈴鹿ランポーレ2

このブログを検索エンジンから訪問される方が良く使われるキーワードは、『FC岐阜second』と『長良クラブ』が拮抗して他のキーワードを大きく引き離している様子。このブログとしては、TOPと地域リーグの試合が重なるのであれば、地域リーグを優先する方が良いのだろうか。TOP対札幌の試合と重なるが、鈴鹿も前節は刈谷に5-2で快勝、マルヤス工業と岐阜Ⅱは2試合対戦を残していて前々節は同じく刈谷に4-0と快勝で何が起きているのかも気にかかる。そういった事も考えてみて2試合とも観戦。

なお検索キーワードの個人名では栗本幸治がトップで、少し差がついて片山朗が2番。確かに現在、当ブログの贔屓の選手ではあるが、チーム内や岐阜県内でそこまで注目されていると聞いたこともない。どこか別の場所で注目されているのだろうか。

19日にトヨタスポーツセンターで東海1部リーグの試合が2試合。青空は全く見えなかったが、雨も殆ど振らずに済んでくれた。

    松江 細江
安西 松井 村松 中村
角   吉崎 東間  金
      本田

岐阜Ⅱは昨年共に昇格し、現在は最下位に沈んでいるトヨタ蹴球団との対戦。最下位相手のためか、優勝するには後がない状況ながら、テストも兼ねているメンバーにも見える。

守備陣には、満を持しての登場と言った感でCBに元ヴァンフォーレ甲府の東間が初出場。久しぶりの金の右SB起用も良いタイミングだったと思われる。東間に関しては、藤枝相手には不可能なスローな試合ペースだったが、怪我から復帰後の蹴球団相手としては十分な安定感を見せた。金もかつての右SB 時と比べて、随分と繋ぎが出来るようになっている。スイーパー向きだと思われる安田よりは適性はあると思われる。もっとも個人的には、鉄壁の金や安田、ドリブラーの武井などよりも、未だに鈴木の推進力を期待しているが。

一方の攻撃陣は、やはり活力に欠ける印象。カウンターの威力こそ低いが、精度の高い中長距離のパスで押し返し、キレのあるシュートをゴールへ届かせようと試みてくる蹴球団に攻めあぐねている。安西は唯一どちらかと言えばスピードタイプといえるが、決定的な仕事をする力に欠けている。試合はそのまま膠着状態となる。

後半に入ると目測を誤った蹴球団のキーパーよりも早く安西がゴール前のこぼれ球を広い、無人のゴールをじっくり狙ってシュートブロックを戻ったSBに決められる。栗本であれば9割5分決めていた場面だと思われたが、ともかくこれが致命傷にならない事を願うばかり。

しかし岐阜Ⅱは、良く守り、良く繋ぐが、ガッチリとマークが付いて無抵抗状態の松江や、飛び出す回数が少なくクリアボールも上手く繋がれてしまう2列目という状況が続く。

途中で安西と交替した栗本が右SH、トップ下中村、左SH松井となり、右から栗本が攻め込み、左からは角がクロスを入れていく。しかしこの頃になると、蹴球団も残留を賭けた反攻を開始して逆に何度か岐阜ゴールに迫り、角がギリギリでシュートブロックするような、激しい攻防は均衡が崩れない。

終盤になり、スタミナ切れか、あるいは何処か痛めたか、松江に貼りついていたマークが外れ始める。細野→北川、中村→田端という本気の勝ち越し狙いの交替が行われ、普段見ないような松江の気持ちの見えるプレーもようやく出てきたが、蹴球団キーパーの好セーブもあり実らないまま試合終了。

試合後の感想としては、何処かで点は入るという気持ちが切り替わるのが遅かったのだろうか。また、個人的に逆転優勝するために7月9日の藤枝とのアウェイでの再戦で勝利をもぎ取るには、左SH栗本をぶつけるしかないなどと考えていたが、そういった工夫も気持ちも十分に感じられないまま、2011年度シーズンの折り返し地点ながら、残念ながら非常に難しい位置までの後退となってしまった。


2試合目。鈴鹿のフォーメーション。

 中川 中村 矢野
   関 村田 伊藤
木下 榊 大久保 曽根 
     水谷

(追記:中川は前半途中から出場)

マルヤス側は前回観戦した矢崎戦のメンバーから左SHの杉山がいない。

試合はどちらのチームからもDFから声が聞こえるが、元気はマルヤスの方がある。マルヤスの片山雄太が能力的にも抜けているように見える。ボールがオンオフどちらの状況でも迫力を感じさせる。しかしチームとして片山が活かされているとも言えない。

一方の鈴鹿の印象は、全体的にもそうだが、中でも左サイドが大人しい。

結果的に膠着状態となったまま前半終了。

鈴鹿では岐阜Ⅱ10番と同姓同名のCF9番の中村豪が闘争心と運動量を見せる。それに引きずられてか、徐々に大人しかった中川も真価を発揮し始める。鈴鹿サポーターから聞くことによると、高木成太監督が今年度のセレクションの最後に採用した新人選手だと言う。一見動きは堅く地味なものの、足元の技術、スピード、スタミナもサイドアタッカーとしても一定水準以上あり、なにより粘り強さがあった。中盤選手の交替によるテコ入れも行われると徐々に鈴鹿のペースになり、そして中村豪が押し込み先制。

リードされたマルヤスは残念ながら片山を下げてしまう。SHを活かし切れないのは松永監督時代の岐阜TOPでも今の岐阜Ⅱでも他人ごとではなく、その一点だけは今のTOPの木村監督を評価している。

片山に替わって入った元気な選手も攻撃的な姿勢を見せて4トップ状態。そこに両SBから良いクロスが入り期待を持たせたが及ばず。

逆に攻勢を強める鈴鹿がショートカウンターを繰り出し、そして右サイドからゴール前2人がフリーで2-0。

セーフティと見たか、終盤に高木監督はDFで192cmの丸山をCFに投入。正直言って動きは不慣れさを強く感じさせ、周りもただ前に張ってろというようなコーチングに終始する大道芸に見えたが、終了間際に上手くDFラインの裏に抜けてシュート。マルヤスキーパーはコースに入っていたが、まさかの和多田キャノン。追い風参考、あるいは揺れたのかキーパーが上げた腕が間に合わず、触れること無くバーに直撃。丸山CFが今後有効活用できるのかどうかは不明だが、印象にはしっかりと残った。
acekiller6 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) FC岐阜Second | 2011年度東海1部リーグ
記事検索
livedoor 天気