2013年07月

2013年07月29日

長良クラブ vs 伊勢 YAMATO FC

何度も負けて悔しい思いをさせられても、東海リーグでプレーすることの価値は、長良クラブが最もよく知っているのかもしれない。

しかし、降格圏内に低迷する中で、下位のJテクトにも負け越してしまい、今回の3年間しぶとく残留を果たしている伊勢との、最後の直接対決は、どうしても勝ちたい試合になってしまっている。

        1世古
13菅沼 5柘植 17西村 22菊川
7加藤 16多賀 10渡邉 14小久保
     15石黒 11永田
─────────◯─────────
     7夏原 10小寺
14西沢 12篠田 28蓮池 16羽賀
6冨田 18若園 20大久保 15丹羽
       21播磨

夏原がフルタイムプレーしたことも、観戦の付加価値を高めてくれたが、何よりも風上の後半に2点を決めてとにかく勝てたことは良かった。

その2点を決めた小寺は、他にも長いドリブルでシュートレンジまで持って行くなど、今年の観戦で印象が、良い意味で随分と変化した。篠田などもそうだが、闘える選手が少しずつ増えてきているだろうか。

まだ成長の余地有りだろうが、副審の厳しいオフサイドジャッジもあってなかなか追加点が取れない中で、蓮池や大久保、17番山田などの貢献も大きかったと思われる。


FC川崎 vs 常葉大学浜松キャンパスFC

マンUではザハのポテンシャルにも感嘆したが、右SBのラファエルの安定感にも印象付けられた。

メドウでの川崎の試合を観る前に、フットボールセンターのMorishin's FC vs FC.Zattの試合を途中まで観戦。相変わらず人工芝ピッチは熱いようだった、

Zattは東濃リーグからXebecなどを抑えて県リーグ2部に上がってきたチームということ。熱い選手もいたが、足元の技術もさる事ながら、要所要所を締めてくる安定感や巧さがあった。冨成慎司が軸になって作られているようなチームだった。

ただし、マンUにしても、Zattにしても、左サイドが十分には機能していなかった。サイドアタッカーらしい左SHがアーセナルの宮市程度だったというのは、機動力を用いて側背を衝くという有人類の史以来の定石を、変えたがる現代人が多いということなのだろうか。

メドウに移って東海2部2試合を観戦。地肌がむき出しになっている部分も多いが、天然芝ピッチにホッとする。

昨年までの浜松大学が今年度から統合により、常葉大学浜松キャンパスとなったということ。

       21古田
12堀江 25松井 6武藤 5小寺フィード○
27中村 10原田 13板津 7岩田
     8山本 17青木
─────────◯─────────

     28河邊 11遠藤
23松野 25池辺 9堀江 ??
18藤野 6加藤 3野口 27吉田
       21神藤

中村豪が入団して更に拍車がかかった印象はあったが、FW、MF、それに右SB堀江を含めるべきか、10番タイプが多い。昨年の岐阜ⅡもMF4人がそうなり、ポゼッションスタイルとは言えたが、ワイドやサイド攻撃という言葉とともにタイトル争いから脱落した。

この試合の川崎は、それプラス、前線にボールが収まらないという状況になっていた。そして、常葉HCのスタイルは、昨年の岐阜Ⅱを苦しめた、ボランチにプレッシャーをかける4-3-2-1のクリスマスツリー型に近かっただろうか。

川崎は、7~8本パスを繋いでも、FWやSHがボールに推進力を与えられなければバイタルに入れない。その内にパスミスすると、ボールを奪ったHCに2~3本のパスで自陣に深く入られる。風上の前半の内容は息苦しい展開ながら、まだ互角と言えたが、後半に風下に立つと、ショートカウンターなどから3失点。

2トップに16番永尾や33番鈴木を投入し、1点は返すものの、HCも、川崎がペースを掴みそうになるところでも全体では逆にプレッシャーをかけ返し、個々でも昨年までの印象でもそうだったが、運動量で優る学生選手にしては老獪にプレスをいなす選手が多く、小寺のプロレベルのフィードなどもあったが、上手く1-3のまま逃げ切られてしまった。

しかしそれにしても、途中出場のこの試合だけではなく先週の試合なども振り返って、相手の学生たちだけではなく、味方のベテランや元キーパーにポストや運動量で見劣りする攻撃陣というのは、厳しくはないだろうかと思われた。


2013年07月28日

岡山 vs 岐阜Ⅰ

登録早々の中村がいきなり決めてくれた。

今のところデズモンドで3バックをやるのは安定感を欠くので、4バックの考え方はある。ただし、必然的に守備の開始地点は低くなる。そしてフォアチェックに欠かせない樋口が杉山負傷欠場で右SHに入りツインタワー、更にボールを運べる染矢がイエロー累積出場停止となると、美尾が良いドリブル突破を数度披露するものの、耐える時間が長くなるという予想は、実際にそうなった。

更に岐阜Ⅰに4バックで攻・守・バランサーとして長い時間機能していられる右SBを務められる選手が挙げられないという事も思い出される展開となる。尤も、3バックの岡山のウィングハーフに劣勢な状況かつカバーがデズモンドでは、上がってミスが出れば即ピンチだったので、そんな余裕も無かったかもしれない。

選手交代に注目していたが、中村、バージェが競ったボールを運動量低下とともに拾えなくなり、岡山のセットプレーが続き、交代をためらっている間に同点に、エリア内でセカンド・サードボールを押し込まれ追いつかれた。

ただ、結果として中村がピッチに残っている時間が長かった事で、攻守のバランスを取ってきた樋口のワンチャンスでの勝ち越しゴールが決まった。

ケインにそれほど運動量は無いので、逃げ切り要因としては不十分だったが、新井に加え、森安右SHで樋口を前に出して、攻撃面では精度の低い勿体無いラストパスやロングシュートが気になったものの、益山や時久を始め、全員が守備で奮闘して、更に時間稼ぎを目一杯して、逃げ切った。

試合を振り返れば、この2ゴール以外に流れの中からの決定的なシーンが殆ど無かった、それも、決めた2人を称えるべきゴールだったように思われる。そして結果的に、とにかく時間稼ぎ・体力温存を可能とさせた中村の先制ゴールは大きかったのではないだろうか。

岡山としては、岐阜に7本に1本も無い当たりくじを手繰り寄せられたようなもので、倍以上もシュートを放ちながら岐阜の守備陣をこじ開けられなかった事、決定力の差で勝負が決まった事に、不甲斐なさを感じたのでは無いか。今後の対戦相手も、今回の岐阜の試合を見て、岡山の二の舞にならないように、気を込めて挑んでくるようになるだろうか。
acekiller6 at 04:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FC岐阜TOP 

2013年07月23日

参院選の結果の感想

支持者を裏切ってきた民主党や生活の党が信任を失ったのは仕方がない。

しかし富裕層ではない中流や低所得者層が、アベノミクスを評価して指示するというのは残念だ。アベノミクスは富裕層へ向けたただのばら撒きであって、ばら撒きの反動であるインフレにより、これから大多数の国民の生活は、いっそう苦しくなるはず。これは小泉政権時に経験済みのはずで、むしろその影響が今までの生活苦の原因だと言ってもいい。

「いや、今度こそ自民党は国民のために頑張ってくれる。」と考えている支持者たちは、誰が自民党を存続させ、勝たせているのかを考えていない。それは、自民党に大きく献金する経団連を中心とする富裕層たちだ。

国民の景気や生活を良くするというのは、レアメタルや化石燃料が発見されでもしない限り、お札を増刷してインフレを起こすか、国が借金をしてばら撒くか、富裕層が溜め込んでいるお金を吐き出させるかしかない。そして、富裕層が自分たちの資産を吐き出させる政治家や政党に献金をするはずがない。「何のために献金をしたのか。見返りがあってこそのものである。」と献金者たちは考えている。

つまり、ばら撒きのツケは、いずれインフレや消費税増税で国民に圧し掛かるのであり、期待とは真逆の方向以外には進まない。岐阜のような地方は、公共事業発注の度合いにもよるが、小泉政権時を考えれば、甘くはなく、衰退の抑止力にはならないと思われる。経団連が貿易の自由化であるTPP参加を望む限り、農業も更に厳しくなる。

原発再稼動も、電力会社の債務返済のために、いっそう拍車がかかる。福島の子供たちの甲状腺がん発症状況はチェルノブイリ以上のものとなっている。偏西風で放射能が太平洋上に流れた福島と異なり、若狭湾で事故が起きれば、日本が滅びる。少なくとも東海は確実に滅びる。そして、殆どの国民は、富裕層のようには海外に脱出することは出来ない。

政治には、特に選挙にはお金がかかる。日本の民主主義、つまりは選挙システムは、人口比5%未満の富裕層に都合のいいものになり続けている。殆どの国民の苦労が理解できる人間は、選挙で戦える資金を持っていない。そしてそれは、更に減らされ続けている。

最高のシステムはあっても、完璧なシステムは無い。それを補完するのは人間の「三方よし」「三方一両損」などの社会主義的、道徳的、宗教的、人間的、文化的精神などによる、たゆまぬ修正の努力のはずだが、それは歪みが大きくなるほど人間の英雄的な努力が必要となり、それでも及ばないほどに手遅れになれば、大きな破壊によらなければ、正されなくなる。

私自身は自由を望んでいる。サッカーにしても職場にしても政治にしても、エリート街道とは無縁だったので、ブログで何か書く、たまに立ち話をする程度のことしか出来ないが、私を満足させてくれるシステムを作り、運用してくれる指導者は滅多に現れなかった。しかし、富裕層が望む自由が、多くの国民の自由を失わせている。それに国民自身が気付くのは、サッカーのシステムを理解する以上に難しいことなのだろうか。

いや、理解できないならば尚の事、「ねじれ解消」などという言葉に流されず、反対意見を言う候補者たちにも票を入れるべきでは無かっただろうか。それが議会制民主主義では無かっただろうか。

それらを考える余裕が無いほどに、日常生活が大変なのだろうか。


CK考察

201307141134CK

走り込めば強いヘディングが可能。
しかし、ニア(オレンジのエリア)で競り合う選手がいれば、キーパーは飛び出せず、ファー(イエローのエリア)にボールが流れても、チャンスになりやすい。

守備側がニアポストに選手を立たせてキーパーは下がり目に構えることが多いので、PA中央付近で潰れ役、おとり役が作った周辺のスペースを他の選手が狙っていくのは、その分だけ有効になってくる。

潰れ役になれるほどの体の強い選手であれば、助走が短くとも、強いヘディングシュートを撃ちやすいのでもないだろうか。


acekiller6 at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
livedoor 天気