2010年06月28日

FC岐阜Second第8節 vs コニカミノルタ豊川SC

午後2時に岐阜経済大学で行われたこの試合は、曇り空でプレーや観戦には良かったが、湿度も気温も高く感じられた。

  松江 遠藤
田端 酒井 松井
    片山
角 横山 市川 金
    今津

前節に引き続き、再びロースコアやクロスゲームが予想されるフォーメーション。勝ち点上では下位だが、消化試合数も少なく、Awayでは引き分けた相手であり、侮りは許されないが、これが伊藤監督の考えるベストなのかどうかが掴めない。

気候もあってか、双方とも激しい動きは少ない。前半の3分の1が過ぎた頃、松江がPA内で倒されPKを獲得し、これを自らきっちりと決めてリードした。得点後にFC岐阜Ⅱに油断はなかったと思われ、またSB金も今までになく積極的な攻撃参加を見せていたが、連動性はまだまだ低く、しばらくすると、遠藤からのバックパスを後ろのフォローの位置にいた松井が開いてしまい逸らして敵に渡してしまうと、片山のマークも遠く縦パスを許し、カバーの市川が落下点を謝ってFW27番にボールが渡り、今津が前に出てコースを狭めたものの、ループ気味のシュートを決められ追いつかれる。

その後、明らかに岐阜Ⅱにショックが見え、パフォーマンスが落ちるが、豊川の特にサイドの攻撃が中途半端だったこともあって徐々に立て直し、片山のミドルシュートがゴール右隅に決まる。

後半も、豊川はFW27番が市川を凌ぎ、26番が右サイドを高速で突破していくなどのパフォーマンスを見せたが全体的に受身。岐阜Ⅱのカウンターを封じ、中スピードでの攻めの課題を浮きだたせたと言えるが、FW27番が、「ボールを出せよ」と大声で叫ばなければならない状態に陥っていた。

岐阜Ⅱは完全には噛み合わないまま惜しいチャンスを何度も外し、徐々に暑さと疲労から田端がやや引いたり絞ったりでサイドの仕事をサボり気味となり、豊川26番にヒヤリとさせられる場面もあったが、そのまま2-1で終了。小島宏美は残り5分ほどの出場。その間、逃げきり要員としては、少し全体をハッスルさせすぎたかもしれないが、無料観戦が申し訳ない気分にさせられるほど圧倒的な存在感を見せた。

acekiller6 at 00:28│Comments(0)TrackBack(0) FC岐阜Second | 東海社会人2部リーグ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor 天気