2011年06月23日

第17節FC岐阜vsコンサドーレ札幌1

U-22の1時間前にキックオフだった試合。

     押谷 ブルーノ
 染矢 新井 三田 嶋田
野垣内 秋田 田中 野田明
       村尾

キックオフ1分、札幌の選手が野垣内より1足分前に出て上げたクロスを、田中がニアの選手に釣られてマークを外してファーの選手に決められる。

しばらく攻められつつも守っていたが、30分過ぎに相手が競り合いながら蹴った力のないミドルシュートを村尾がトラップしたボールは股の間を抜けてゴールマウスの中へ。

更に数分後に中盤の味方から戻ってきた浮き球を野垣内がヘッドで秋田に渡そうとしたものが短く敵に拾われ決められる。

ハーフタイムで野垣内は村上に交替となったので、愛媛戦の永芳もやはり懲罰的交替だったと言うことになるか。

後半は比較的岐阜のペースで試合が進み、札幌の選手が胸の高さのボールをハンドしてPKを与えてくれ、それを染矢がキーパーの逆を突いて左側の隅に決めて1-3で終了。

芝で滑っている選手が多かったが、それを差し引いても札幌が良いとも思えなかったので、残念な試合だと言うしか無い。

起用されない富成を応援しつつも倉田前監督の突然の解任に対して違和感を感じていたので、今年の木村監督に対しては、かなり傍観的な立場でいるが、今の岐阜を木村監督の解任無しに立て直せるかというと、立て直すための選手はまだ足りているけれど、難しいように思える。

しかし、前監督をあのような形で切り捨ててきた以上、良い監督には敬遠されやすくなっているのではないだろうか。かと言って岐阜を良く知らない外国人監督を招致する資金力も無さそうだ。

つまり、フロントの刷新をしない限り、監督の交替という手段すら、岐阜には厳しくなってきているのではないだろうか。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor 天気