2013年10月26日

FC岐阜Second2013評価

基本フォーメーション
          田中(遠藤)   緑  
比嘉(田中)  角(橋詰)    橋詰(木下)  柳澤(遠藤)
馬場(薦田)  鈴木貴      鈴木梓(馬場) 林(田端)
               滝

平成25年度 第48回東海社会人リーグ1部 成績表
2013東海リーグ1部結果

岐阜清流国体の昨年度が終了し、監督、選手の大幅退団となった。今年は、柳澤を除けばベンチ入りすら難しかった6人の残留選手と、コーチ兼任の北村を含む13人の新入団選手で、復帰した岐阜Ⅰのコーチ兼任の辛島元監督の再就任の元、スタートした。

リーグ戦前半では5連敗もあり、天皇杯も岐阜県代表となったが、一回戦敗退。しかし、徐々に調子を上げると、リーグ戦を怒涛の7連勝で2位。そして東京国体では奇跡的な勝利を重ねて優勝、全社でも3位に入るという快挙を成し遂げた。

監督
辛島 啓珠 1971/06/24 監督5
システムは4-4-2。特徴はサイドアタックを含む速攻と決定力。一方でSBを絡めたビルドアップや、ボランチを起点とする守備ブロックなどは、十分な構成には至らないまま、8月に岐阜Ⅰの監督に昇格となったように思われる。

勝野 正之  1960/1/22 監督7
システムは4-4-2。辛島前監督のスタイルを引く次ぐ。その一方でボランチのテコ入れにも成功。全国の強豪相手に苦戦しながらも粘り勝ち、素晴らしい結果を残した。

GK
1 滝 裕徳 1986/06/07 181cm/80kg HOYO大分 GK7
岐阜Ⅱの決して硬いと言えない守備陣が許した相手の強力なシュートを数多くブロックし、勝利に貢献した。

21 渡邊和馬 1988/06/13 183cm/76kg ORC GK5
フル出場は滝の負傷によるアウェイの刈谷戦のみ。守備陣の体を張った奮闘と、それに応えた渡邊の活躍で、リーグ最高の攻撃力を誇った刈谷を無失点に抑えきった。

DF
2 鈴木 梓司 1988/05/30 176cm/68kg 吉原商業高校 CB7
若い守備陣の中で、守備力とロングフィードで大きな存在感を見せた。怪我やカードなどでの欠場によるチームへの影響が最も大きかった。

3 野方 隼人 1990/01/26 180cm/68kg レノファ山口 評価なし。

5 鈴木 貴登 1990/11/01 179cm/77kg 岐阜経済大学 SW5
序盤は視野も広くなく、無理にボールに当たりに行ってピンチを招く場面もあったが、成長無くしてチームの躍進も無かった。

16 田端 勇介 1986/09/15 170cm/65kg 吉備国際大學 右SB6 左SB6 右SH6
守備力も、キックの精度も、レギュラークラスと比較して、決して劣ることは無かったが、終盤からの途中出場での守備固めなどを、シーズンを通してやり抜いた。このキャプテンを欠いても、今年度の岐阜Ⅱの活躍は無かったと思われる。

17 林 隆太 1990/01/03 164cm/63kg AS ラランジャ京都 右SB5
特に後期の守備面に置いて、大きな進歩があったように思われる。

19 馬場 将大 1990/05/06 174cm/66kg 大阪体育大学 左SB6 CB6
まさに飛び道具と言うべき高い精度のキックが武器。CBのバックアップも務めたが、よりサッカー選手としての幅を広げて欲しい。

MF
4 角 拓哉 1989/08/22 175cm/67kg 名古屋グランパスU-18 CH7 DH6 左SH5 右SH5
序盤は慣れないSHでの苦戦もあったが、岐阜Ⅱと対戦する相手の常套手段だったボランチへのプレッシャーを苦にすること無く、特に後期の岐阜Ⅱ快進撃の原動力となった。

6 橋詰 健史 1991/02/11 163cm/58kg 岐阜経済大学 CH6 DH6
豊富な運動量と、精度の高い展開力などによる貢献度が高かった。強豪相手でも堂々とプレーできるようになって欲しい。
 
7 北村 隆二 1981/03/15 174cm/68kg 松本山雅FC FW6 DH5
コーチ兼任として岐阜に戻ってきた。若手のように長い距離を走り回るというわけにはいかなかったが、ポストプレーなどで高い技術力を見せた。

8 比嘉 諒人 1990/10/17 176cm/65kg 新潟医療福祉大學 左SH7
北信越大学サッカーリーグの得点王が、フィジカルを更に向上させ、左サイドで迫力のあるドリブルからのアシスト、右足でのシュートなどで、その能力を発揮した。

14 MF 薦田 大師 1990/10/11 163cm/58kg ルネス学園 右SH6 左SH6 左SB6
豊富な運動量とボール技術と守備力を兼ね備えている。加えて、ボラーレ浜松戦での左足でのシュートは、得点力の進歩も窺わせた。本人ももっと出番が欲しかっただろうし、こちらもプレーを見たかった。

15 MF 木下 海渡 1995/01/30 180cm/68kg 東濃実業高校  DH5 CH6
シーズン序盤の出場機会が与えられている中で、勝利に恵まれなかった。後期にバックアッパーとしてプレーし、無難にはこなせたか。

18 MF 柳澤 隼 1987/06/27 176cm/70kg サガン鳥栖 左SH5 右SH5
途中交代も多く、運動量などの面で満足とも言えない。しかし、重要な得点を決める試合も増え、プレッシャーをかわすワンタッチパスや、イエローカードを与えるドリブルなど、さすがと言うところも見せた。

FW 
9 緑 悟 1990/05/30 176cm/68kg 岐阜経済大学 FW8
クロスゲームでの得点、献身的なポストプレーやハードワークによるチャンスメイク。そして、それらを、この層の薄いチームにおいて、シーズンを通してやり抜いた事での貢献を、高く評価したい。今年度の個人的MVP。

10 遠藤 純輝 1994/12/08 175cm/72kg 中京高校 FW5 左SH5 右SH6
優れたフィジカルとスピードを備えたスーパーサブ。序盤はボールが脚に着かない事も多かったが、終盤は怪我した選手の代わりに出場して得点も決めた。
 
11 田中 智大 1991/01/10 176cm/62kg 福岡大学 FW7 左SH7
負傷によりプロ入りは叶わなかったが、高い得点能力とサッカーセンスは、間違いなく他の選手達にも好影響を与えたと思われる。お陰で今年度の岐阜Ⅱは素晴らしい結果を残すことが出来た。地域決勝からのJFL昇格を目指すことが叶わなかったのは、誰よりも田中のために残念だった。

12 海野 了 1988/05/31 174cm/67kg 静岡学園高校 FW5
優れたフィジカルと献身性を兼ね備えている。それをどう活かすかだろうか。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor 天気