2014年02月22日

御望山登山4

金華山で予行練習をした翌日、御望山(ごもやま)を目指す。

濃尾平野の北辺の中央に位置し、山名を読むだけでも眺望に興味が湧く。225mであれば登山初心者にも手頃のはず。

黒野城20142その前に、手前の黒野城に、地元の方がフリーペーパーでアピールされていたので立ち寄る。城跡は綺麗に保たれていた。そのうち空堀も花壇にでも変わるだろうか。

御望山登山口地元の方に教えて頂いた岐北中学西側の神明神社からの登山口。勾配からきつめだと思うが他の場所は解らない。


神明神社入山料代わりにお賽銭を入れて、安全祈願その他を祈って階段を登る。



金毘羅大権現奥には弘法大師にも縁が深い金毘羅大権現の祠。ここからは土の斜面になっている。


急勾配やはり勾配は急で、枝や岩に手をかけながら進む場所も多く、正しい道なのか不安にもなったが、休憩しながら登る。途中で金剛杖サイズの枝を拾ったので、弘法が協力してくれたと考えて使用する。

御望山大岩展望台このルートを選んで良かったと思わせてくれる大岩展望台。川北が一望に見渡せる。


山頂付近そこから少し登れば尾根に辿り着く。少し先に勧めば山頂部。3m×40m程のスペース。幾つか簡易のベンチが作られている。国交省の標識もあった。

山頂安食山頂らしきコブから山県市方面を望むが良く見えない。



安食山県市方向更に西に進んで本巣市を望む。




安食山県市方向引き返して、東の少し低めのピークを目指して、尾根沿いに移動。途中の電線鉄塔付近は木が払われているので、眺望は開けている。上が山県市方面、下が岐阜市方面。

北岐西北岐東




東側に見える岐阜大学の北側にインターチェンジ建設が予定されている。

鉄塔部から南への道がある。そこを下れば岐北中学の東側の池の手前の柿畑に出る。

御望山と言えば、産廃の不法埋設や東海環状自動車道の問題があるので、岐阜市役所でその事を訪ねてみた。地元の方から、御望山は崩落しやすい地質であり、トンネルやそれに伴うダイオキシンの飛散などについての不安が寄せられたとのこと。

ダイオキシンは検査からは検出されず、東海環状自動車道は御望山の中をトンネルで通すということ。

運動や眺望を楽しむには最高の山なので、美しい環境は出来るだけ保たれて欲しいと思う。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor 天気