2014年03月13日

中山道(鵜沼宿~太田宿~中断)

真墨田神社0743連日の中山道ウォーキング。鵜沼駅を出て、村国真墨田神社へ。壬申の乱で天武天皇の勝利に最も貢献したとされる、各務原の豪族の村国男依を祀っている。社内の金毘羅社でウォーキングの安全を願う。

鵜沼台0746鵜沼台を、鵜沼宿や合戸池で日光浴をする鴨たちを眺めながら登り、陰平山のうとう峠を目指す。


うとうの森0752合戸池0747

うとう峠水路0753通行用と水路用を兼ねた、旧街道ウォーキングでも珍しいトンネルをくぐり、昨日一旦離れた21号線に戻る。


ゆらぎ0754景勝地として日本ラインと名付けられている。




うとう峠出口より0761うとう峠出口0770ここでアクシデント。鵜沼宿方面へ向かう歩行者のための標識が、太田宿方面へ向かいたい歩行者に見える面にも設置されていた。つまり、トンネルから21号線へ出て、各務原市に戻る方向に20分ほど歩いてしまう。坂祝町役場へ訊ねると、2月末に付けたばかりで間違えられていたとのこと。



成田山0760お陰で、ロダンやピカソにも影響を与えたという女優のマダム貞奴が建立した貞照寺で彼女の墓参りをすることになった。立派な金剛力士像がある。


坂祝町峠の展望台0780峠の出口を越えて、歩行者用に整備されロマンチック街道と名称された堤防道を歩く。岩屋観音堂付近には、21号線が開通する前の、難所だった時代を忍ばせる道が残っている。


猿喰城この難所を抑える猿啄城を見上げれば難攻だっただろうと思わせる。伊木山城を抑えた織田信長が、攻略を丹羽長秀に命じ、黒母衣衆筆頭の河尻秀隆が武功を立てて城主となり、勝山城と改められた。

坂祝町役場の交差点で、堤防道から車道沿いの歩道に戻るのが、標識などは無かったが正式。パジェロ製造関連の工場の間を通って美濃加茂市に入る。

太田宿手前0787やはり標識もないが、深田神社の石標から太田宿へ入っていく。中濃大橋の辺りが承久の乱で大井戸の戦いの古戦場跡となっているが、最激戦地域だったという事だろうか。

太田宿東0792大橋をくぐると、本陣跡などがある宿場町の風景になる。ここにもうだつの上がる脇本陣があり、休憩所も用意されている。

太田宿は、明治時代でのシェークスピアの『ハムレット』翻訳や、そのハムレットをオマージュして大坂の陣の片桐且元を主人公とした『桐一葉』などの新歌舞伎の創作などで知られる、坪内逍遥の出生地でもある。

太田の渡し0796中山道三大難所の一つと言われた太田の渡しも、現代では太田橋で簡単に渡れる。そこから御嵩宿を目指して暫く進めば21号線に合流という大雑把な考えで道を間違える。

新太田橋方面に曲がった時はすぐに気がついたが、ラスパ御嵩を眺めながら歩き、旧21号線に入ることを見落とした後は、新しい21号線のバイパス側を30分以上進んでしまう。右手に見えるはずの明知鉄道の車両を左手に見たところで間違いに気付く。

そのまま後5kmほどの御嵩宿まで進むか、分岐まで引き返すか、数キロ分は諦めて明知鉄道を越えて旧21号線まで戻るかとも考えたが、暗くなっていたので、また岐阜に戻ってきた時に歩き直すことにして、顔戸駅(ごうどえき)から戻る。

駅の南側に、この地に平安時代に美濃守に着任した在原行平の墓があったという伝承の説明板が立っていた。父の阿保親王は平城天皇の第一王子だったが、薬子の変に連座して皇位継承権を失っており、行平は本来なら天皇(国王)となっていた嫡孫の人物で、源氏物語のモデルとも言われている。

しかし、記録の上で美濃権守に着任したことがあるのは、弟の美男子かつ皇后となる女性との駆け落ち、そして「ちはやふる」を詠んだ歌人としても有名な在原業平の方である。当時に近江守だった行平が手伝いでもしたという事だろうか。

それでも、行平が因幡守に叙任され都を離れる際に詠んだとされる「立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む」を目に出来たのは、岐阜散策中断としては良かったのかもしれない。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor 天気