東海社会人2部リーグ

2014年02月26日

岐阜地区選手権その他

午前中はフットボールセンター人工芝グラウンドでLIBERTA対長良高校のTMを観戦。隣の芝グラウンドでは、昨日のTMで名古屋に勝利したという岐阜Ⅰのスタメン組らしきメンバーがジョギングしていた。

リベルタは30番津田が引き過ぎると攻撃がやや手薄になったりする場面もあったが、20番(西沢?)の左サイドでのワイドなプレーなど、東海リーグでプレーしてもらえないのが残念な内容だった。

守備面は相変わらず中盤の底が軽視されているのか、ながら高校の長身FWの膨らみや飛び出しなどに付ききれない場面もあった。後半は攻め立てたものの、長良高校の守備ブロックを崩し切れず、得点は下回ったか。

正月の雑煮も、まだ消化しきれていない選手たちもいたかだろうか。

その後は北西部で岐阜地区選手権を観戦。一試合目は長良クラブが真正FCを破っている。

二試合目はFC川崎岐阜対Morishin"s。

長良クラブは、良く走れていて感心するが、守れて捌けて攻撃参加も出来るアンカーという、今まで足りなかったピースも見つけたのだろうか。今までに記憶に無かった好守の一体感があった。

その長良クラブは攻撃面でまだ連携の模索中、前半に押し込んでリードを奪っていた事もあったが、早くも二試合目を見据えた交替が続いた。

そのためか、対するモリシンズも攻め立てる長良相手に崩れない。左SB11番などの安定感が高く、あるいは着実にチーム力を上げていると観るべきか。

最終的に長良クラブに抑えこまれたまま、後半の最後に続けて失点したが、終了ホイッスル前にゴール右上隅に右下に落ちる回転のミドルシュートが決まり、健闘したと言える内容だったのでは無いだろうか。

決勝戦は、川崎もこれまでより前線でボールが収まり、右サイドの岩田なども効果的なプレーを見せたが、長良クラブの攻撃陣に勢いがついていたか、前半で4-0となっていた。

後半は川崎の層の厚さも活きたか、これも終了ホイッスル前にサイド攻撃から1点を返したが、長良クラブが東海リーグに期待を抱かせる内容での優勝となった。
acekiller6 at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月26日

長良クラブ vs 春日井クラブ

雨が降る各務原スポーツ広場で、降格の可能性を残した3チームが集まり2試合が行われ、2試合目の2試合目の長良クラブvs春日井クラブを観戦。

1試合目のFC川崎vs伊勢は、0-0のスコアレスドロー。伊勢としては、勝ち点1を積み上げれば、長良クラブには追い付かれなく、先週も序盤は引き分け狙いにも見えたので、目標を達成したと言えるだろうか。川崎も勝てば残留だったが、2試合目の長良の結果次第で、残留か、来襲の直接対決による決定かが決まる。

   12篠田 22岡田 7夏原
   14西沢 16羽賀 10小寺
6冨田 20大久保  28蓮池15丹羽
        21播磨

序盤のシステムは、4-1-4-1のクリスマスツリーに近かっただろうか。長良の岡田を狙ったアーリークロスや、ミドルシュートは、雨水の重さでか不発。裏を狙っている選手もいない。キーパー播磨からは、もっと前でやれとコーチングが飛ぶ。

ピッチの特に東側PA南隅近くには大きな水たまりがあり、前半の長良のドリブルやスルーパスが良くここで止まる。また、春日井は足元が強く、ドリブルやイーブンボールをよく拾う。一方で長良は上半身から当たりに行って、ファールを取られる。

それでも、春日井DFの背中へのチャージでようやく得た春日井ゴール近くのFKを、岡田がDFの間を狙った低いシュートをポスト際に決めて先制。その後も何度かショートカウンターからのチャンスがあったが、ラストパスの精度が低く、何度も楽に春日井キーパーやDFに拾われる。これらが後悔に繋がらなければいいが。

後半に入り、体力の消耗が大きくなってくると、春日井のサイド攻撃も効いてくる。そして50分を少し過ぎた頃、ゴール前で攻め立てられると、PA右側ゴールライン近くで拾われると長良DFが横からボールではなく体に突っ込んでしまい、倒してPKを取られ、同点に追いつかれる。

上手くボールを繋げず、決め手にも欠けるものの、気持ちでラインを押し上げ、カウンターに望みを繋ぐ長良。しかし、攻めきれないまま、逆に60分頃に逆転を許す。

その後も同じような展開。春日井7番磯本などのドリブルやビルドアップが、着実に長良から体力と時間を奪う。退場者も、いつ出てもおかしくない状況。

それでも長良の執念からか、75分頃、春日井のDFラインの裏に転がったボールはキーパーまで流れ、それをキーパーが拾ったところで間接FKの判定。それを岡田が前半の先制ゴールと同じように狙って決め、壁に当たっていたのだろう、認められて2-2の同点に追いつく。

終盤には、17番山田を右SBへ入れ、15番丹羽を前に上げ、何とか逆転を目指す長良。しかし、突き放したのは、春日井。右からのクロスを収めた左サイドの22番成田が、切り返しでDFとキーパーをかわし、シュートコースを切りに行ったDFの後に決める。

ATは4分と、まだ時間は残されていた。今年度の長良に審判が下される、この、ただゴールを目指す5分間ほどの長良のサッカーは素晴らしかった。これが1年間出せていれば、降格圏脱出も、昇格争いもあったのではないか。しかし、一度シュートがバーを叩き、そして2-3で終了した。

昨年から長良は、フィジカルや守備力の向上を果たし、SBタイプなどまだ薄い部分もあるが、選手層も他チームと比べても十分に揃えていた。しかし、裏に抜けるゴールゲッターやサイドアタッカー、そしてパサーやゲームメーカーを、欠いたというよりも、トップ下でのポストやアンカーでの守備をやらせていた。

首脳陣に、そういう戦術論や哲学があって、私はそこに2年間の結果の大きな要因があったのではないかと思われる(追記:ラグビーなら最前線でポストとなり、モールを作って再展開に持ち込むが、サッカーは敵のDFラインとMFの間で受けて、最前線へのパスを出すことが許されている。)。帝京可児でU-17代表の杉本太郎のプレーは、どのような評価だろう。

岐阜Ⅱが、全社で地域決勝進出圏内に進みながら、予算の事情で辞退することとなった。岐阜サッカーも、内容は進歩はしているが、環境的に他県との距離は開き続けている。長良クラブの活躍は、その中で進展を促す貴重な存在。どうか壁を乗り越えて欲しい。


acekiller6 at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月14日

マルヤス工業 vs 矢崎バレンテ / ジェイテクト vs 伊勢 YAMATO FC

一試合目は、飛び抜けたチームが無い大混戦の今年度の東海一部リーグの中で、安定した戦いで他チームをリードしてきたマルヤスの最終戦。先週はマルヤスに試合がなく、優勝を争っていた他チームが全日程を消化しており、この試合に勝てば勝ち点28でマルヤスが優勝、引き分けか負ければ先週勝ち点27で首位に立った岐阜Ⅱが優勝となる。

矢崎は、先月の蹴球団戦を見る限り、勝つことは難しい。だが、マルヤスも、その試合の後に行われた岐阜Ⅱとの試合を見る限り、得点力自体は高くなく、耐えてロースコアの展開にもちこめれば、引き分け以上の期待も出来ないわけでは無いとも思われた。

しかし、久しぶりの中京大に到着した頃にはマルヤスが1-0とリードを奪っていた。

矢崎は相変わらずボール技術はプロレベルで、セカンドトップ萩田がボールを良く収め、守備では松村常一が奮闘している。しかし、マルヤスゴールに近付くと精度が落ち、何度もチャンスを潰した。

この日の左SHは杉山が入っていたマルヤスだったが、相変わらずサイドアタック党の私を、岐阜Ⅱの優勝を考えなければ、満足させてくれた。後半は追い風だった事もあり、スピードでもコンビネーションでも、蓋を出来ない矢崎右サイドを崩し続けた。

ラストパスもシュートも精度が高く、刈谷や岐阜Ⅱのように守備陣をこじ開けたり僅かな隙を狙ったりという形は少なかったものの、効果的に追加点を奪い、4-0で初優勝、地域決勝出場を決めた。

攻撃精度が高かったり、キーパーの調子が良かったりするチームなどには、もっと苦戦したとも思われるので、地域決勝でJFL昇格を決めるのは簡単では無いのではないかとも思われるが、どのような結果を残すだろうか。


2試合目のジェイテクト対伊勢の試合は、刈谷ウェーブスタジアムの外のグリーングラウンド。既に県リーグへの降格が決定しているJテクトの東海2部リーグ最終戦だが、アンプがセットされ、アナウンサーがいる。

伊勢はこの試合を含め、あと1勝すれば残留、岐阜県2チームのどちらかが7位となることが決定する。7月の長良戦を見る限り、伊勢の苦戦も予想できたが、最近は上位相手に勝ち点を獲得し、先週の春日井戦では5-0と大勝しており、どのような変化があったのか。

到着時にはまだ0-0。伊勢はサポーターがドラムを叩いている。伊勢は抑え気味の内容で、Jテクトにもチャンスはありそうだった。

伊勢は絶対的エースの永田を始め、左SH大久保など、攻撃陣にボールは収まる。守備は、Jテクトがボランチにボールを入れるとプレスを開始するカウンタースタイル。相手ゴールライン近くでは、ロングスローもある。

それに対して、JテクトもプレスをかけられないDFやキーパーの位置から長めにボールを入れるが、攻撃陣が献身的に走ってくれ、精度も先ほど観ていた矢崎よりも高いくらいだったために、ある程度の形にはなっている。そして先制、追加ゴールは、速攻で得たセットプレーからの精度の高いボールを押し込んだ、Jテクトだった。昨年度の東海トーナメントでリベルタを破った精度の高いクロスボールからの得点を、最後の試合で見ることが出来た。

それに対して攻めるしか無くなった伊勢は、特に永田が縦パス一本を決定機に変えてしまう。そしてJテクトスィーパーを押さえ込みながら突破し、見事な弾丸ミドルシュートを決めて追い上げる。

しかし、Jテクトの3点目がほぼ試合を決める。その後、永田を走らせるボールの対応にDFとキーパーの連携が合わず、苦労してきたJテクト守備陣だが、残り数分と言うところで、ついにPAを飛び出してクリアしにいったキーパーがハンドを犯して一発退場。

コーチングやキャッチングで味方に安心感を与えてきたキーパーが抜けるのは痛いが、残り時間は5分もない。フィールドプレーヤーが背番号の無いキーパー用ユニフォームに着替えて、FKも枠を外れて凌ぐと、そのまま3-1でJテクトが、リーグ最終戦を勝利で飾った。
acekiller6 at 02:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月07日

FC川崎 vs Chukyo.Univ.FC / 長良クラブ vs 常葉大学浜松キャンパスFC

先週、岐阜Ⅱが国体優勝を果たし、前日に二位以内を決めたという。東海二部の両チームにも、是非とも共に残留を果たしてもらいたいところ。

リーグ戦終盤に向かう中で、目標となる伊勢が上位相手に勝ち点を積み重ねているので、引き離されないようにしなければ、最終節はこの両チームの直接対決での決着という可能性も強まってきている。

各務原スポーツ広場の天気は太陽が少し霞み、湿度が高め、ほぼ無風。

11時キックオフの川崎対CUFCの先制ゴールは、前半15分頃にカウンターから左SB小寺から鈴木貴大へのクロスが合って川崎が奪った。そしてこの日は、これまでの印象を覆して岩田と中村豪のハードワークが目立つ。かつて所属したチームの国体優勝に燃えたのか、それとも冷静に残留のために必要なこととの認識があったのか。

しかし、前半の早い時間帯に、他の選手の足が止まった。CUFCのボランチ12番の澁谷にかき回されたという以前に、力尽きていた。自陣に張り付き、ボール保持者の前に立っても動けず、ミドルシュートをブロックできなかった。

湿度が想像以上にこたえたのか。あるいは、雨の日の春日井戦で振り回されたのは、パワー不足ではなくスタミナ不足だったのだろうか。しかし、岩田と中村が最後まで奮闘しただけに、他の選手たちの仕事が厳しかったりしたのだろうか。

2013-10-6川崎後半にはCUFCの運動量も落ち着いたが、一旦ドリブルを止めても、こぼれたボールを拾えず決めれられた。何とか反撃を試みても、フィニッシュの前で止まった。1-7での大敗となった。


2013-10-6長良C114時半キックオフの長良対常葉浜松でも、やはりそれなりにタフな気候だったようだ。こちらも早々に脚の止まる選手が出てくる。ロングボールの競り合いで、日頃十分に鍛える時間のあるはずの常葉浜の選手が脚を攣っている。

2013-10-6長良C2だが、川崎と違い、長良はどこかで勝たなければ降格圏内を抜けられない。キャプテン羽賀も声を出し、SH篠田なども良く走る。

2013-10-6長良C3しかし、一方の常葉浜の選手も、既に昇格の可能性は無くなり、残留争いとも無縁ながら全く手を抜く様子は無い。そして8番アンカー中原のゲームメイクや、29番左SH浅野のドリブル突破、キャプテンでファイターの9番FW堀江のポストなどで、長良守備ブロックを圧迫し、シュートを浴びせてきた。しかし、懸命にカバーリングに戻る夏原を始め、粘り強く守る長良を崩しきるまでには至らなかった。

そして、決定機はむしろ共に少ないながらも長良の方に多かっただろうか。しかし、今までも決定力の高い選手にフィニッシュを依存していたところがあるので、やむを得なかったかもしれないが、撃てるところで撃てず、パスを出せるところで繋げなかった。

残り5分頃にキーパーとの1対1もあったが、シュートは枠を捉えることは出来ず、バーの上を超えた。ATになり、数的有利のカウンターチャンスでは、脚が止まっていた。奮闘し、僅かに優勢にも見えたものの、0-0の引き分けとなった。
acekiller6 at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月16日

FC川崎 vs 春日井クラブ / 長良クラブ vs Chukyo.Univ.FC

台風18号が東海地方を目指して北上中の東海リーグ3戦。2部の岐阜県の2チームは残留に向けての正念場。

1試合目は各務原スポーツ広場で川崎の試合。時折集中的に雨が降ってくる。久しぶりの春日井クラブの印象は、平均的に大きく、川崎DFはプレッシャーがかかったのか、自陣でボールを奪われると早々に先制を許す。

川崎も、運動量は上回っていて、ピッチを広く使い、左SB堀江の精度の高いクロスからのゴールなどで逆転に成功する。更に、再び完全にフリーの味方にクロスが合い、リードを広げるチャンスもあったが、後ろから飛び込んできた味方と交錯してしまい、逸する場面があった。

しかし、一方の春日井も当たりに強くて懐が深く、ボールを収められる選手が多く、簡単にボールが奪わせてくれず、動き出しもいい。川崎もポゼッションスタイルで、どちらかと言えば天然芝向きだと思われるが、養生期間を経て状態の良い芝が雨で重くなったピッチは、春日井により有利だったかもしれない。

運動量は川崎よりも少なく見える春日井のボールキープに対し、川崎DFが普段は取れそうなタイミングでボールを奪いに行っても上手く躱され、勢い余って置いて行かれそうになり、サイド攻撃からシュートにまで繋げられるといった、若干振り回されている場面も多い。

更に奪い損ねて春日井選手を痛める場面が増えてしまい、1人は負傷退場となってしまう。春日井側のアピールにより徐々に審判のファール基準が厳しくなり、カードも出始める。そして前半終了間際、殆ど押してないような接触でDFがファールを取られ、FKを与える。

川崎としても注意していたが、それでもファーにフリーがいて、更に動き出しで勝られる。キーパーが一旦弾いてファーにこぼれたボールは、詰めた春日井の選手が囲んだ状態になっていた。川崎側は近付くことが出来ず、キーパーの懸命のセービングも及ばず同点シュートを叩きこまれた。

つまり、この試合で川崎側としては、自陣ゴール前でキープやプレースキックのチャンスを与えたくないところ。それには、高い位置で、プレッシングをかけてボールを取る、キープするなどが重要だったが、ハーフタイムで退いた本職キーパーの鈴木を除けば、中村、岩田、山本などの攻撃陣の得意なプレースタイルでもない。

それでも川崎は集中して守り、時間が過ぎてスペースが広がると、ボールをキープする時間が多くなる。

そしてフリーの中村から決定的なスルーパスが出たという場面で何故か審判がプレーを止め、代わりにプレーと関係のないところでの春日井選手へのファールにカードを出し、それが二枚目で退場という、両チームに痛い判定があった。それでも川崎に有利な展開にはなり、原田や板津のビルドアップからチャンスを伺う。

しかし、川崎CKを拾った春日井選手が中村のプレッシャーを躱してカウンターに繋げる。川崎陣内深くでのスローインとなり、ペナルティスポットやや後の位置の春日井28番広瀬に繋がり、素早く思い切り蹴ったシュートは見事に左隅に決められる。決めた本人は「まぐれシュート」と言っていたが、それもボールを足元に収める技術力があってのものでは無いだろうか。

その後、川崎も中村を中心に反撃を試みたが、ゲームメイク自体は得意ではない事もあり、味方との連携が噛み合わない場面も多く、何より強いFWに攻撃を委ねた春日井DF陣の奮闘もあって川崎のシュートは枠を捉えきれず、2-3で川崎の敗戦となった。


2試合目は赤坂スポーツ公園。こちらも早々にCUFCの先制という試合展開。その後も暫くはCUFCの攻勢が続き、長良クラブが耐える時間帯が続く。

特に大学チームは選手や戦術が大幅に変わるが、この試合のCUFCは、セカンドトップ7番の山本邦彦が目を引き、他は東海2部で平均的な選手が揃っている様子だった。つまり、秋田英義を要する名古屋SCに共通した強さと言えるだろうか。

2013-9-15長良C徐々に対応した長良は、後半開始早々にショートカウンターからレジスタ羽賀が突破して同点ゴール。その後も膠着状態だったが、岡田のポストプレーなども効果的で、どちらかと言えば長良が押し気味だっただろうか。

しかし後半20分頃、2位のCUFCが7位の長良に対して温存していたということか、9番杉浦が交替出場して押し返す。常葉HC相手に昇格争いをしているCUFCとしても、当然負けられない試合。しかし、長良としては引き分けでも良しだったのか、それともこの時間帯に出場させられる交替カードが見当たらなかったのか、いずれにしてもそろそろ長良の時間帯になるかという期待を、上手くCUFCに消されたようにも思われる。

それでもキーパー播磨のセーブなどでスコアの均衡が保たれたまま残り10分ほどになると、再びCUFCの勢いが弱まり、ここから何とか長良に逆転をと期待を続ける。

しかし、CUFCの自陣内からの縦パスを受けた選手を背後に着いていた長良DFが倒したというファールがあり、それはPA内まで押し込まれているような展開だと思われなかったので意外だったが、PKが宣告される。

そのPKをキーパー播磨は良く反応したが及ばず勝ち越しとなる。長良も最後まで攻める姿勢を見せたが、CKからのカウンターで逆に突き放され、1-3での敗戦となった。
acekiller6 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
livedoor 天気