水野泰輔

2014年03月03日

讃岐戦

岐阜に在住してのブログは今週で終わりです。岐阜の生の話題について期待して頂いていた方々には、今まで有難うございましたと申し上げます。

土曜にはJ1の試合があり、フォルランと柿谷のC大阪と広島の試合などは、本田以上のワールドクラスのFWなどを擁しても、彼らを活かせるパサーが居ないと、人類の宝の持ち腐れになるということを教えてくれたのだろうか。

讃岐戦での岐阜Ⅰからは、ラモス監督という、よりクラシカルな10番タイプが作っているチームと見るべきだろうか。

味方がボールを持った時にどう動くかを考えるのは重要だが、特に裏に出られる時には積極的に走り込み、出し手もそれに合わせていた。C大阪は前線で味方がボールを欲しがっても出さないか、欲しいタイミングで出せていなかった。

もちろんこの戦術には前線の選手の運動量が必要で、特に難波の精神力の強さが活かされそうだった。また、ナザリトもだが、美尾が昨年と比較して良く動けていていたのが印象的だった。アルタイールコーチによるトレーニングも実を結んだだろうか。

試合の前に気がかりだったのは、練習見学ではエニクが別メニューで、代わりのアンカーが誰になるか、益山でもなさそうだという部分だった。エニクが不在の紅白戦では、しばしばスタメン組が押し込まれ、崩されるという場面が目についていた。

この試合では水野が守備で大きな貢献をしていたように思われた。高木和正などを擁してシュート数は岐阜を上回りながらアタッキングサードでの精度が低かった讃岐の攻撃力にも助けられたが、3失点以上も覚悟していた岐阜Ⅰが一失点で凌いだのは、一つには水野の守備があったように思われる。ただ、攻撃面では持ち味の突破力ではなくペースメイクや展開力が求められる状況で、それは課題となっただろうか。

システム面ではナザリトと難波も前線の基点として強力だが、利き足が左の美尾が右FWに入り、高地がサイドに張らない4-3-3に近い、美尾システムといった印象だった。スティッペが美尾と交替した後、すぐに3点目のアシストを決めたが、その後に岐阜Ⅰが混乱したのは、スティッペにも前目での役割を求めるのか、あるいは4-4-2のオーソドックスな右SHとしての役割を求めるのか、その部分が曖昧なままになっているのかもしれない。

また、終盤はスティッペからの良いパスに、ナザリトも追いつけず、田中智大のデビューは時間稼ぎが殆どとなった。ペース配分も考えていく必要もあり、エニクと益山以外では、現時点ではスティッペしかその役割をこなす選手が見つかっていない。

かつて磐田が黄金期では非常に高い得点力を誇ったが、堅い守備力と試合運びの上手い鹿島に苦杯を舐めさせられていた。今のJ2にそんなタイプのチームは少ないので、今回の内容が続けられるのであればそれなりの成績が残せられると思うが、それでも相手チームによる研究が進めば、黄金期当時の鹿島に対する磐田のような状況になるかもしれない。

夏に岐阜は暑いので、暫くは試合運びに注目したいところだが、ひとまずここまで。
acekiller6 at 10:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年01月29日

岐阜Ⅰトレーニング3

アルタイールコーチのトレーニングにより、早くも選手たちはやせ細っている。中村やチアゴの体重変化が気になる。たるんだ体で開幕を迎えるという事だけは無いだろう。

ピッチは縦半分でゴールを3つ使い、桃、白、緑(ビブスなし)の3チームに分かれてのミニゲームが行われていた。白がクロスを上げたのに、緑にゴールを決められてしまうというような状況が何度もあった。

2チームを相手にするディフェンスは、多く人数を割かなければならない。攻撃は主にFWとMFを兼ねた選手とSBのオーバーラップで行われていた。インサイドは当然スペースが狭いので、その中でしっかりとボールを収めなければならない。漁夫の利も得られないように、ゴール前を崩す精度も求められていた。

あとは、ラモス監督のホイッスルで、キーパーがダッシュで隣のゴールに移動するという、ゴールマウスが空っぽになる時間がある。その時にディフェンダーは集中してゴールマウスをカバーしなければならない。

このミニゲームでは気になるサイドアタッカー探しが難しく、それを含めてラモスカラーと言うことだろうか。

水野泰輔昨年度に期待していた山崎や柴原は満了となり、地主園はまだ負傷開けという状況だが、若手の中では水野が存在感を見せている。レンタル元が名古屋グランパスとは言え、過去の全Jリーガーも含めて、今まで見てきたどの選手よりも、プレースタイルがピクシーに近い。

山崎のようなゲームメイクや、柴原のようなサイドアタックをこなすなら更に面白くなるが、FWやレジスタではここまでの練習の出来でも、十分にこなせるのではないだろうか。まずは田中智大と共に、ジョーカーとして期待したい
acekiller6 at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月17日

TM 岐阜Ⅰ vs 岐阜経済大学

18日に天皇杯出場権を賭けた岐阜県サッカー選手権大会の準決勝で、岐阜Ⅱと対戦する岐経大と岐阜Ⅰリザーブとの練習試合。

ケビンが2回のキーパーとの1対1を止められるなど何度も決定機を外しながらも、キーパーに当って角度が変わって入ったゴールを含めて4得点と、ほぼ一方的に岐阜Ⅰが主導権を握り、勝利した。

岐経大と岐阜Ⅱとの力関係は、平均的に2点差はあるだろうか。

TMの岐阜Ⅰで目立ったのは、レジスタの水野で成長著しい。そしてレモスが東北2部のチームにレンタルになったりと、なかなか外国人選手で成功しなかった岐阜だが、久しぶりにスティッペが良いゲームメイクを見せ、公式戦での活躍を期待させてくれた。

水野は大胆さと緻密さのバランスや、2本目にスティッペが入って変わって位置関係に苦労したりと、まだ課題があるようにも思われるが、スティッペとの相乗効果を期待したい。

運動量のある柴原の右SBは、1つのアイデアだと思われる。

岐阜Ⅰでは得点感覚を期待されてか、セカンドトップでよく起用されている山崎だが、今回は特点以外に、比較的よくポストをこなしていた。

最も活躍したという点では、切り返しにスピード感があった地主園。

久しぶりにプレーを見た関田には、早く試合勘を取り戻して欲しい。

染矢は流石に、左サイドでは考える前に体が動くという様子だった。

ほぼ守備機会のなかった太田は、とりあえず安定したプレーをしていたと言えただろうか。
acekiller6 at 08:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月02日

岐阜Ⅰ vs 北九州

コンフェデではネイマールが、J2では染矢が左サイドで活躍した。
右サイドで杉山も、オンザボール、オフザボール両面でいい仕事をしている。

ドリブルそのものでは、水野が存在感を見せた。
もちろん時久のPKストップは評価対象。

新井辰也、野垣内、尾崎のいずれにせよ、左バックに入る選手には、ラインアップした後は、もう少し突破されないことから考えて欲しい。
acekiller6 at 09:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
livedoor 天気