永芳卓磨

2012年03月26日

第5節 vs 大分トリニータ

18時に開始。雨は殆ど上がっている。体は冷えるが、それももうじき味わえなくなる季節になる。

久しぶりに岐阜から移籍した永芳を見たいところ。そして、大分は岐阜Ⅱの東海リーグ初戦の矢崎バレンても用いてくることがある3バックシステムを用いてくることも楽しみの1つ。最近ようやく3バックが1巡して見直されつつあるが、将来的にも3バックやSBがしっかり攻撃参加できる4バックを用いられない指導者は、トップカテゴリーでは通用しなくなるのではないかと予想している。

しかし、大分もまだ3バックが機能しているとは言えない様子。森島がベンチで休んでいるためなのか、前で崔、土岐田、小手川といったところにボールが収まらない。左SH石神にも推進力がない。それでも宮沢あたりが守備ブロックをよく保っているし、前線から岐阜のボール回しに次々とプレッシングに来て、セカンドボールを拾っていく。

岐阜も攻撃陣は攻撃の形を保っていた。それに対してCB阪田が迫力のあるラインコントロールを見せ、樋口の切り込みを作田などがカットする。形勢はやや岐阜よりだがほぼ互角。

そして、大分には攻撃陣に切り札がある。森島と、そして昨年末に岐阜でセレクションを受けていた木島。木島はシーズン開始早々に何度も得点に絡み、存在感を増している。そして、この試合でも投入されると、大分の前線に基点が作られるようになる。

それでも流れの中からの大分のチャンスは、岐阜もよく防いでいた。得点は、セットプレーから、数度岐阜も防いだが、キーパー多田のクリアを阪田がダイレクトでループシュートを決める。

3人目の交代選手に永芳が前目のポジションで出てくる。最初はレジスタの感覚が抜けていないようなプレーだったが、徐々に岐阜守備陣内に入り込んでくる。

大分の追加点は、永芳のサイドのコーナー近くでFKを得て、ファーサイド3人目の阪田が再びヘディングで合わせたもの。守りきれない岐阜守備陣に混乱が見える。

岐阜も反撃の姿勢を見せたものの、そのまま0-2で終了。

(追記)
安定した3バックに4バックで対抗するには、まず、よりFWにプレーエリアの広さと、ボールの収まりが必要になるのではないだろうか。
acekiller6 at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月19日

第3節FC岐阜vsFC東京

岐阜Ⅱの試合の後、メモリアルにて18時より、延期されていた内のF東戦。天候は引き続き曇り。
松田選手へ黙祷を捧げたの後の写真撮影には、関ヶ原町で半年間活動する「関ヶ原東西武将隊」の石田三成と徳川家康が加わっていた様子。

       塩田
 徳永 森重 今野 中村
 谷澤 高橋 梶山 田邉
     羽生 セザー
-----◯------
      西川 嶋田 
 押谷 橋本 三田 染矢
 菅 野垣内 田中 野田明
       野田恭

昼間の暑さもあってか、F東の立ち上がりはスロー。キープ力は高いがその緩慢さから、岐阜の選手が躓いてF東の選手が痛むというシーンが繰り返され、違和感から500人以上のF東サポーターからブーイングが飛ぶ。

受け身にも見える岐阜に対し、徐々にF東がボールを繋いで攻め始め、15分過ぎに人数をかけたF東の右サイドからの攻撃から、最後は中央に上がってきた右SB徳永が岐阜のプレスのかかっていない左足でミドルシュートを決める。

岐阜にも多少の反撃はあるが、それもパスやシュート精度が低くミスで終わってしまう。

その後も同じようなペースで進み、30分には田中が遅れ気味に放ったスライディングでPKを献上。これはセザーの右隅へのシュートを野田恭平が見事に左手側に飛んでストップ。

しかし、前半終了間際にそのセザーの野田明弘を抑えつけた突破から放たれたシュートを野田恭平が弾いたところに谷澤が詰めて2-0。

前半は岐阜の攻撃にいい場面が少なかったが、後半に入り、反撃が試み始められる。
押谷からのスルーパスにダイアゴナルに走った染矢が左足で放った難易度の高いダイレクトシュートはポストに当たる。続けて同じように橋本からのスルーパスに嶋田が左足でシュートもこれは塩田が冷静にセーブ。更に染矢がドリブルで左サイドを縦に抜け、ピンポイントで上げたが、西川のヘディングはファーに外れる。

その後も前で勝負する場面が続く。そして、染矢と三田に替わり、佐藤と永芳が入る。

永芳が放ったスルーパスに西川が合わせて走り込み放たれたシュートはまたも枠を外れるが、西川がピッチを叩いて悔しがるほどいい形の攻撃だった。更に押谷からのスルーパスを佐藤がロングループシュートを放ちバーに当たる。ゴールキックになったが、キーパー塩田の手に触れていなければ入っていたようにも見えた。

F東は右SBに石川を投入してカウンターを繰り出すが、主導権は岐阜が握っていた。決定力と守備力に課題はあるものの、2位で首位争いをしているF東を上回っていた。

岐阜は最後の交替に橋本に替えて李を起用する。李が前がかりになったため、永芳が下がり目となり、これで勢いが若干落ち、このまま試合は0-2で終了したが、最後までF東との攻め合いを続けた。

8月10日、永芳の大分トリニータへのレンタル移籍が発表された。コメントを見る限り、恐らく何事も無ければ、来季には完全移籍となると思われる。大分の田坂監督のプレーを思い起こせば、恐らくは永芳のプレースタイルに最も理解あるJリーグ監督の1人だと思われる。

F東戦の永芳は、これまでにない良いフィジカルコンタクトを見せるなど、岐阜でのベストパフォーマンスの内の1試合だったと思われる。岐阜はほぼ唯一のゲームメイカーであった永芳を失ったが、ここまで永芳を主軸の1人しての起用はしていなかっただけに大きな変化は無いだろう。そして、永芳本人に取ってはいい移籍になる可能性が高いと思われる。岐阜での活躍を期待し続けてきた選手の1人だが、岐阜で恩を受けた人間として、サッカーファンとして、大分での活躍を期待したい。
acekiller6 at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月16日

第19節FC岐阜vs京都サンガF.C.

5連敗の後に前節はようやく鳥取に引き分けて迎えたこのトップのメモリアルでの試合。岐阜ⅡのメドウでのTMの最後に降っていた雨も、19時過ぎのキックオフ1時間前には上がっていた。

       水谷
  酒井  秋本  森下
  加藤   鄭   中山
  伊藤  内藤  駒井
       久保
-----◯------
      佐藤 西川
 染矢 新井 三田 嶋田
野垣内 秋田 田中 野田明
       村尾

岐阜はスタメンに新井が復帰。
京都のフォーメーションは3-4-3。ザックジャパンとは違い、中盤ダイヤモンド型で中山あたりはなかなか上がってこない。かと言って駒井あたりも活動的ではなく、CF久保に辛うじて存在感があったのも、3バックの厚みによるものだろうか。

それでも新井が戻ったとは言え、岐阜相手にはこの京都の内容でも押し込めた。早い時間帯に鄭が低いミドルシュートを放つと、村尾の手前で滑る芝で跳ねて逃げるように左隅に決まった。

更に前半30分、京都の左CKは、ニアに流れる囮の選手たちをすり抜けて、ファーに飛び込んだ秋本が押し込んで突き放される。岐阜は雨に濡れた芝で滑るなどここまで精彩なし。

しかし、京都の守備ブロックも決して強固ではない。スタメンを得て先制ゴールを決めた鄭も、守備ではまだ機能しているとは言えない。徐々に染矢や嶋田のドリブルなどによる岐阜の反撃が開始される。そして染矢がドリブルで持ち込んで生まれたチャンスで、染矢のクロスがDFに当たり、それが西川の前に転がり、左足が振りぬかれると右上隅に決まり1-2と追い上げる形になった。

ハーフタイムには前回連勝が止まったスターズが登場。岐阜は攻撃陣に勢いがあるとは言え、守備に課題が残る以上は後半の展開は予測が難しい。

そして後半の早い時間に、またも左サイドを突破した染矢が上げたクロスを、佐藤が見事に合わせてファーに決める。この得点は大きかったと思える。押谷が西川に替わり途中出場するが、佐藤が残れたことにより起点は失われていない。菅の久々の出場だが、これも新井ではなく三田との交替でアンカーに入る。個人的な理想の形になっていき期待感が高まる。

最後の交替は染矢から永芳。ここまで活躍した染矢も多少の疲労はあったと思われるので、悪くはない。永芳も残り10分に賭けて活力のある動きを見せる。

アディショナルタイム、佐藤が右サイドでスローインを受け、走り込む嶋田に落とす。嶋田がサイドを抉って中央に折り返すと、押谷の前を横切り、ファーにフリーで詰めていた永芳が合わせ、ゴールポストの内側に当たりながらゴールマウスに飛び込み逆転。ようやくの2勝目を得ることになった。

勝利の道筋に上手く乗っていけたという印象だが、それにしても、2勝2分10敗の岐阜を応援して3戦2勝のスターズ。出来ることならば私も応援して欲しいです。
acekiller6 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月28日

第14節FC岐阜vs愛媛FC1

ニンジニアスタジアムにて金曜日19時にキックオフ。天候は小雨。

       川北
関根 池田 高杉 前野 
  大山 渡辺 杉浦
 石井  小笠原  斉藤
-----〇-----
     押谷 嶋田
 染矢 橋本 三田 永芳
野垣内 秋田 田中 野田明
      村尾

水戸戦での今期唯一の勝利の後、3敗1分と振るわない岐阜はFW佐藤に替えて永芳を6試合ぶりスタメンに起用。2トップは押谷と嶋田。

ゲームメイカー永芳を、嶋田と野田明の快速選手を挟んでの起用の効果もあってか、前半は岐阜ペースで進む。しかし十分に噛み合っているとは言えず、久々の出場の中でコンビネーションを確認しているような雰囲気もある。

遠めのFKでも染矢がフェイントと見せかけて壁の裏に走り永芳がスペースに出すなど、素晴らしい工夫が見られる。永芳の縦パスから押谷がクロスを入れ最後は染矢が合わせるが枠を外れる。雨を計算に入れた押谷のワンバウンドのミドルシュートなど、愛媛守備陣の顔色を変えさせる決定機が数度訪れたが決まらず。

愛媛もミドルシュートは怖かったが、シュートミスも多い。そして前節は悔しい思いをした村尾が、岐阜守備陣の乱れからの良いコースに飛んだシュートは、まるで物干し竿のようなリーチで見事にセーブする。

愛媛で評価出来たのは右SBの関根辺りだろうか。染矢のスピードに対してまともに勝負は出来なかったが、精度の高いプレーはさせていないようだった。攻守のバランスもとり、そしてかつての五輪代表のホープ池田昇平の強さを上手く引き出し利用しているようにも見えた。

岐阜としてはこの池田を突破したかったが、右サイドに攻撃が偏って狭くなってくる。そして前半の終了間際、秋田から染矢へのスルーパスが関根にカットされ、カウンターは野垣内が抑えたものの、拾った橋本から秋田のバックパスがFWに引っかかり、それも秋田が防いで永芳に繋いだが、永芳から田中へのバックパスに杉浦が勢い良く詰めると、秋田の近くに寄っていた田中は右足でのキックがブロックされゴール前に持ち込まれることを避けようとしたのか、サイドラインへクリアしようと左足に替えてキックしようとしたところ、その間に杉浦にボールをさらわれ、先制ゴールを許すことになる。

バックパスがFWに引っかかっていた時点で裏に飛び出していた愛媛の選手がいたので、キーパーまで戻すことも難しい場面ではあった。

しかし、バックパスをカットされた事による懲罰的交替だろうか。後半は最初から永芳から佐藤に交替。岐阜の復調は更に遠ざかることになるのだろうか。

佐藤を池田に当て、右SHには池田に苦労した押谷が入った事による期待感はある。そして普段と同じメンバーでのプレーということもあってか、パス回しに慣れも感じさせる。

しかし、決定機は生まれない。前半あった愛媛のボール回しへのプレッシャーも弱まる。元から弱い守備ブロックが脅かされ始める。

そして前節と同じように左サイドを突破され、ゴール前でマークを外して決められる。
西川投入でツインタワー、更に菅をトップ下で起用するが、愛媛守備陣を崩すことは出来ずに、2試合続けての0-2での敗戦となった。

acekiller6 at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月15日

Number778

今回のNumberに、小野伸二の苦悩が語られていた。小野ほどのタレントであっても、リスクの意味を理解されず、パスをカットされてはブーイングを受けてきた事に悩んできたとあった。長らく稲本の影に隠れていた遠藤保仁なども、評価されるようになったのはドイツW杯での活躍があった故にだろうが、それよりも攻撃的な役割の選手であれば、更にミスは増えることになる。

小野もどきとでも言えそうな永芳であれば、この岐阜周辺において、そのプレーが理解されなくて仕方は無いのだろうか。また、小野には、ミスと言われないだけの勝利に寄与しないセーフティなプレーでも、妥協できるだけの名声やポテンシャルがある。しかし、永芳にはその名声も、勝利に寄与しつつ遊びに回せるだけの余力を持つポテンシャルも小さい。

同じことが言えた菊池は既に解雇、高木は低評価から栃木への移籍となった。どうせ試合に出場する機会が与えられないのであれば、プレーを気に入り、ACLで選手が足りないからと誘ってくれたピクシーのチームにいる方が、後々生きて行くことを考えれば、よほど有意義なものだっただろうか。

しかし、いずれにせよ岐阜でのプレーを選択してくれた永芳に、その能力に見合うだけの報いがある事を願う。その先に、小野や永芳などのプレーを理解してくれるサッカー文化が岐阜に育ってくれるのがいい。
acekiller6 at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
livedoor 天気