鈴木梓司

2013年10月26日

FC岐阜Second2013評価

基本フォーメーション
          田中(遠藤)   緑  
比嘉(田中)  角(橋詰)    橋詰(木下)  柳澤(遠藤)
馬場(薦田)  鈴木貴      鈴木梓(馬場) 林(田端)
               滝

平成25年度 第48回東海社会人リーグ1部 成績表
2013東海リーグ1部結果

岐阜清流国体の昨年度が終了し、監督、選手の大幅退団となった。今年は、柳澤を除けばベンチ入りすら難しかった6人の残留選手と、コーチ兼任の北村を含む13人の新入団選手で、復帰した岐阜Ⅰのコーチ兼任の辛島元監督の再就任の元、スタートした。

リーグ戦前半では5連敗もあり、天皇杯も岐阜県代表となったが、一回戦敗退。しかし、徐々に調子を上げると、リーグ戦を怒涛の7連勝で2位。そして東京国体では奇跡的な勝利を重ねて優勝、全社でも3位に入るという快挙を成し遂げた。

監督
辛島 啓珠 1971/06/24 監督5
システムは4-4-2。特徴はサイドアタックを含む速攻と決定力。一方でSBを絡めたビルドアップや、ボランチを起点とする守備ブロックなどは、十分な構成には至らないまま、8月に岐阜Ⅰの監督に昇格となったように思われる。

勝野 正之  1960/1/22 監督7
システムは4-4-2。辛島前監督のスタイルを引く次ぐ。その一方でボランチのテコ入れにも成功。全国の強豪相手に苦戦しながらも粘り勝ち、素晴らしい結果を残した。

GK
1 滝 裕徳 1986/06/07 181cm/80kg HOYO大分 GK7
岐阜Ⅱの決して硬いと言えない守備陣が許した相手の強力なシュートを数多くブロックし、勝利に貢献した。

21 渡邊和馬 1988/06/13 183cm/76kg ORC GK5
フル出場は滝の負傷によるアウェイの刈谷戦のみ。守備陣の体を張った奮闘と、それに応えた渡邊の活躍で、リーグ最高の攻撃力を誇った刈谷を無失点に抑えきった。

DF
2 鈴木 梓司 1988/05/30 176cm/68kg 吉原商業高校 CB7
若い守備陣の中で、守備力とロングフィードで大きな存在感を見せた。怪我やカードなどでの欠場によるチームへの影響が最も大きかった。

3 野方 隼人 1990/01/26 180cm/68kg レノファ山口 評価なし。

5 鈴木 貴登 1990/11/01 179cm/77kg 岐阜経済大学 SW5
序盤は視野も広くなく、無理にボールに当たりに行ってピンチを招く場面もあったが、成長無くしてチームの躍進も無かった。

16 田端 勇介 1986/09/15 170cm/65kg 吉備国際大學 右SB6 左SB6 右SH6
守備力も、キックの精度も、レギュラークラスと比較して、決して劣ることは無かったが、終盤からの途中出場での守備固めなどを、シーズンを通してやり抜いた。このキャプテンを欠いても、今年度の岐阜Ⅱの活躍は無かったと思われる。

17 林 隆太 1990/01/03 164cm/63kg AS ラランジャ京都 右SB5
特に後期の守備面に置いて、大きな進歩があったように思われる。

19 馬場 将大 1990/05/06 174cm/66kg 大阪体育大学 左SB6 CB6
まさに飛び道具と言うべき高い精度のキックが武器。CBのバックアップも務めたが、よりサッカー選手としての幅を広げて欲しい。

MF
4 角 拓哉 1989/08/22 175cm/67kg 名古屋グランパスU-18 CH7 DH6 左SH5 右SH5
序盤は慣れないSHでの苦戦もあったが、岐阜Ⅱと対戦する相手の常套手段だったボランチへのプレッシャーを苦にすること無く、特に後期の岐阜Ⅱ快進撃の原動力となった。

6 橋詰 健史 1991/02/11 163cm/58kg 岐阜経済大学 CH6 DH6
豊富な運動量と、精度の高い展開力などによる貢献度が高かった。強豪相手でも堂々とプレーできるようになって欲しい。
 
7 北村 隆二 1981/03/15 174cm/68kg 松本山雅FC FW6 DH5
コーチ兼任として岐阜に戻ってきた。若手のように長い距離を走り回るというわけにはいかなかったが、ポストプレーなどで高い技術力を見せた。

8 比嘉 諒人 1990/10/17 176cm/65kg 新潟医療福祉大學 左SH7
北信越大学サッカーリーグの得点王が、フィジカルを更に向上させ、左サイドで迫力のあるドリブルからのアシスト、右足でのシュートなどで、その能力を発揮した。

14 MF 薦田 大師 1990/10/11 163cm/58kg ルネス学園 右SH6 左SH6 左SB6
豊富な運動量とボール技術と守備力を兼ね備えている。加えて、ボラーレ浜松戦での左足でのシュートは、得点力の進歩も窺わせた。本人ももっと出番が欲しかっただろうし、こちらもプレーを見たかった。

15 MF 木下 海渡 1995/01/30 180cm/68kg 東濃実業高校  DH5 CH6
シーズン序盤の出場機会が与えられている中で、勝利に恵まれなかった。後期にバックアッパーとしてプレーし、無難にはこなせたか。

18 MF 柳澤 隼 1987/06/27 176cm/70kg サガン鳥栖 左SH5 右SH5
途中交代も多く、運動量などの面で満足とも言えない。しかし、重要な得点を決める試合も増え、プレッシャーをかわすワンタッチパスや、イエローカードを与えるドリブルなど、さすがと言うところも見せた。

FW 
9 緑 悟 1990/05/30 176cm/68kg 岐阜経済大学 FW8
クロスゲームでの得点、献身的なポストプレーやハードワークによるチャンスメイク。そして、それらを、この層の薄いチームにおいて、シーズンを通してやり抜いた事での貢献を、高く評価したい。今年度の個人的MVP。

10 遠藤 純輝 1994/12/08 175cm/72kg 中京高校 FW5 左SH5 右SH6
優れたフィジカルとスピードを備えたスーパーサブ。序盤はボールが脚に着かない事も多かったが、終盤は怪我した選手の代わりに出場して得点も決めた。
 
11 田中 智大 1991/01/10 176cm/62kg 福岡大学 FW7 左SH7
負傷によりプロ入りは叶わなかったが、高い得点能力とサッカーセンスは、間違いなく他の選手達にも好影響を与えたと思われる。お陰で今年度の岐阜Ⅱは素晴らしい結果を残すことが出来た。地域決勝からのJFL昇格を目指すことが叶わなかったのは、誰よりも田中のために残念だった。

12 海野 了 1988/05/31 174cm/67kg 静岡学園高校 FW5
優れたフィジカルと献身性を兼ね備えている。それをどう活かすかだろうか。
acekiller6 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月17日

FC刈谷 vs 岐阜Ⅱ

時折強風に煽られながら、刈谷ウェーブスタジアムへ。刈谷のJFL再昇格を意気込むチラシを受取り、こちらもそう簡単には戻らせないとモチベーションが上がる。

        21渡邉
17林  2鈴木梓 5鈴木貴 19馬場
18柳澤  6橋詰  4角   8比嘉
      9緑  11田中
─────────◯─────────
     24中島 9大石
11松葉 22高橋 6安藤 23征矢
16福谷  5川上 8庄司  3江口
        29鈴木

正ゴールキーパー滝の負傷で、渡邉が初スタメンとなっている。前半は岐阜Ⅱへの強い追い風。シンプルな縦パスは刈谷のストッパー庄司などが堅実に対応する。田中も完全復活まではあと一歩と言うところだけに、比嘉が起点となるなどして攻める。

一方の刈谷も、一昨年の藤枝MYFCほどではなくとも、他チームから1つ抜けた攻撃力で、鈴木梓司を始めとする岐阜Ⅱ守備陣をこじ開けようと攻め立てる。ドライブ気味のシュートがバーに当たる場面もあったが、絶妙なバランスで無得点の均衡が前半は保たれる。

後半は岐阜Ⅱが風下になり、刈谷FW中島の突破にPKを取られてもおかしくないようなプレーなどもあったものの、上り調子の守備陣は無得点を守り、角などが反撃に繋げる。そしてそれを受けた比嘉が、得意のサイドのドリブル突破から大型台風をねじ伏せて先制ゴールを決めた。(動画)

刈谷も反撃が上手くいかない展開だったが、岐阜Ⅱもチームの若さか、まだ20分以上も時間が残っている中で、カウンターチャンスにコーナー近くで時間稼ぎをしようとするシーンもあった。リスタートで焦る必要は無いが、リードを広げる姿勢が無ければ、大石や中島、それに東間などの強力な刈谷攻撃陣に十分な休憩を与えることにならないかと心配にもなった。

しかし、そこで田中は全く気を緩めていなかった。岐阜Ⅱスローインに刈谷DFラインの裏へ走り込み、橋詰にボールを預けてすぐにバイタル内へウェーブ。ワンツーを左足で受けてすぐさま右足で放ったシュートはしっかりとファーサイドネットへコントロールされていた。(動画)

2点差を守り切る力は今の岐阜Ⅱにはあると思われたが、その後も数回目のPKを取られてもおかしくないようなプレーもあった。岐阜Ⅱの両SBは、攻撃面では優れているが、昨年までのSBの吉岡、鈴木梓司、田端、薦田などと守備面で比較すると、まだ物足りない。

練習でも岐阜Ⅱの攻撃陣と向かい合って、しっかりと対応出来ているだろうか。リーグ戦の残り試合、国体、全社でより結果を残せるかどうかの1つのポイントになるのではないかと思われる。

この日の刈谷戦は、2-0でそのまま岐阜Ⅱが勝利した。
acekiller6 at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月10日

マルヤス工業 vs 岐阜Ⅱ

C大阪との対戦を見るための有給は、年間カレンダー通りに戻ったリーグ戦の観戦となった。トヨタスポーツセンター付近のネットでの降水確率は60%だったが、試合中に微小な水滴が短い時間降った程度だった。

先に蹴球団と矢崎の試合が行われていた。矢崎もFW萩田やアンカー田中を始めとして、静岡県の選手らしい高い技術力を備えた選手たちが揃う。しかし、ある程度の攻撃力を持たないチームに対しては、固い守備で抑えこみ、カウンターを浴びせ続ける今の蹴球団が相手。

どれだけボールを繋いでも、ボールを奪われれば、あっという間に前線に運ばれる。数少ないシュートチャンスも蹴球団キーパー北川に防がれる。矢崎も右サイドの突破から1点は返したものの、3-1の蹴球団の完勝。


首位争いの中にいる、今期好調のマルヤスと、僅かな可能性しか残されていない岐阜Ⅱの試合は16時15分から。涼しい時間帯に試合が出来る照明設備が羨ましい。

          1滝
17林  2鈴木梓 5鈴木貴 19馬場
18柳澤  6橋詰  4角   8比嘉
      9緑  11田中
─────────◯─────────
     11正治 14平野
20片山 29日下 18田中 13太田
6香川  15松井 5河本  4若山
        1木下

岐阜Ⅱは、先週よりも状態は良くなってきている様子。マルヤスは1トップのクリスマスツリーで来ていたのではないかと思われるが、角の散らしの良さなどもあって、プレッシャーにかからない。勢いのある時間帯に、右サイドからの攻撃で最後は好調な緑が決めて先制。

比嘉も手がつけられない状態だった。マルヤスで売出中の新人FW正治は、一度サイドを突破して迫力を見せたが、マルヤス側から言わせれば、比嘉はその数倍の迫力があったのではないだろうか。

更にこの日は、アンカー橋詰からトップの田中智大へという攻撃の形も見られた。その中で、田中がPKを獲得するが、これは外してしまう。

一方のマルヤスも、徐々にペースを取り戻し始める。この日、目立ったのは昨年は調子を落としていたように思われた片山雄太。片山に対し、動き出しが重かった柳澤あたりは、腰が砕けたようなプレーになっていた。そして、戻りきっていない田中のドリブル突破などを、マルヤス守備陣が食い止め、反撃に繋げる。

それに対し、岐阜の守備陣も、角、鈴木梓司などが攻撃を食い止める。そして何度かあった至近距離からの強烈なシュートを、滝が腕や足でブロックを決める。1点はやむを得ないと思われた試合だっただけに、やはりまずは守備陣が称えられるべきではないだろうか。

前半に新しい攻撃の形を見せてリードを奪い、後半戦の守り合いを制した岐阜Ⅱが、1-0で勝利した。


acekiller6 at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月19日

岐阜Ⅱ vs アスルクラロ沼津

14日2試合目。リーグ戦で既に4敗している岐阜Ⅱが、地域決勝出場権を得るには、残り試合を引き分けも許されない全勝で勝ち点を30とし、他チームの勝ち点がそれを上回らない事を期待しなければならない。

地域決勝のもう1つの道、長崎での全社本戦出場権を、岐阜Ⅱは先週のメドウでの全社東海大会で刈谷との競り合いの末に獲得している。一方の沼津は、その前日に刈谷相手に、1-8と大敗している。

しかし、天候などの諸条件は異なる。そして沼津は、リーグ戦に賭けるしかなくなったという背水の陣で挑んでくると予想される。岐阜Ⅱが万全で挑めば優位だろうが、リーグ戦を前々節まで負け越す脆さも見せているだけに、確信は持てない。まずは1戦ごとの成長に期待がかかる。

         1滝
17林 15木下 5鈴木貴 19馬場
4角    7北村 6橋詰   18柳澤
      9緑  11田中
─────────◯─────────
     18真野 9内藤
7前川  8佐野 22岩尾 19松井
24松尾 5奥田 16山下 12鈴木康
        30安藤

途中で柳澤と角が入れ替わったりもしたが、比嘉や田中が左SHに居ないと、左サイドが機能しなくなるのは長良と同様で、上がれない、開けないという状況だった。一方で沼津は、先週は技術に兼ね備わったスピードが雨天で殺されて苦戦した真野が、この日は左サイドを果敢に突いてくる。

沼津は岩尾や松尾などの安定感も高い。一見互角に見える試合だったかもしれないが、岐阜Ⅱは攻めあぐねている間に失点を重ね、前半で0-2。後半にFWの遠藤純輝を投入して左SHに田中を移したが、2週連続の後半早々の失点で更に0-3と突き放される。勝つには4得点が必要な、非常に厳しい状況となった。

田中の良い飛び出しも、副審の厳しく感じられるジャッジにより、オフサイドとなる。凸凹ピッチなどの影響もあったのか、シュートは普段よりも精度を欠いた。

怪我でベンチ要因になっていた鈴木が後半早めに交代出場し、ゴールラインぎりぎりで真野のハットトリックをクリアするなど、頼もしいプレーを見せる。ボール奪取から攻め上がった場面では、得点につながればカンナバーロと評価しなければならなかったかもしれないと思われたが、攻めきれず。逆転の目も殆ど無くなった。

緑や橋詰などの奮闘もあったが、遠藤がこれまでで最高のパフォーマンスを見せてのドリブル突破からのゴールによる1点を返すに留まり、1-3での敗戦となった。

個人的には薦田を左SHで見たかったが、チーム全体としてこの敗戦もまたいい経験としてくれる事に期待したい。
acekiller6 at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月05日

トヨタ蹴球団 vs FC岐阜SECOND

岐阜Ⅱの今年度の東海1部2度目の観戦の対戦相手は、アウェイに移って再び蹴球団戦。その間に岐阜Ⅱは、藤枝市役所、マルヤス、刈谷、鈴鹿相手に不覚を取り、優勝争いから大きく後退している。

藤枝とは過去の対戦成績が悪く、後の3チームは混戦の優勝争いの一角であるだけに、負けても不思議ではない相手だが、それでも2つは取っておきたかったところ。岐阜Ⅱがどのような状況になっているのか、確認しておきたい。

前回第一節の蹴球団戦は辛うじて逃げ切ったが、そのリベンジと優勝争い参入へと向けて気持ちと対策を練ってきているであろう相手に、再浮上の切っ掛けの試合と出来るかどうか。

        1北川
12秋山 2c杉本 3中田  5杉山
13宮田 24熊澤 7田村直 8鈴木
     10加藤 9田村亮
─────────◯─────────
      9緑  11田中
8比嘉  6橋詰 15木下 18柳澤
19馬場 5鈴木貴 2鈴木梓 17林
        1滝

序盤から、一見すれば攻撃力の高い2トップや比嘉を中心に、岐阜Ⅱが押し込んでいるようでいて、攻守の要の熊澤を中心とした蹴球団の安定感の高い守備に決定的な場面にまで持ち込めず、逆に田村兄弟を始めとする鋭いカウンターにシュートやCKにまで持ち込まれている。

前回の対戦では、角とボランチを組んでいた橋詰のプレーが目立っていたが、今回は機能していない様子が伺える。互角かどうかという展開。3連敗中という状況を考えれば、この試合も苦戦が予想される。

だが、この蹴球団の攻勢を、鈴木梓司を中心とした岐阜Ⅱ守備陣が良く守ってくれた。耐えてくれているうちに、徐々に橋詰を中心に、ゲームが組み立てられ始める。そして、前半の終了間際のセットプレーから、その橋詰がこぼれ球を押し込んで先制する。

後半も途中までは蹴球団の攻勢が続く。だが、なんとか粘って得たハーフライン近くの右サイドでFK。この柳澤のキックを緑が頭で落とし、走りこんだ比嘉が押し込んでリードを広げた。

この2点目は蹴球団にも重たかったようで、ここからは岐阜Ⅱの力強さが目立ってくるようになった。身体能力の面でも、田中、緑、比嘉、橋詰、鈴木梓司などは、十分に上のカテゴリーでもやれそうだと思われた。

後半の再び終了間際に、田中が角度の無いところから、一旦キーパーに当てたものの、再度放ったシュートが決まって3-0。ゴールゲッターとしての能力を見せてくれた。

蹴球団の内容は、2失点目までは岐阜Ⅱに優っていた。岐阜Ⅱとしては、この蹴球団がリーグ戦にまだまだ波乱を起こしてくれる可能性も残ってはいるが、まずは全社でこの試合のように粘り強くプレーして欲しい。

2013年06月30日14:00 岐阜Ⅱvsトヨタ蹴球団
acekiller6 at 03:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
livedoor 天気