2019年01月16日

中々定期的に更新できないのに、ご訪問下さる皆様に感謝。

年末から放置状態だった「すごいぞ!ボクの土木展」続きです。


いよいよ、今回の展示で一番興味があった、マンホールの中はどうなっているのか!?


まずは、カーテンで仕切られた暗い空間に入ります。

その中で、マンホールを上から撮った映像を床に投影してありました。

そうすると、あたかもその場にマンホールの穴が空いていて、そこをのぞき込む、みたいな感じになるのです。

ご丁寧に、マンホール内の保守点検をしているところを撮影してあったので、その大変さも合わせて感じることが出来ました。


動画で撮っていますが、何せマンホール、ということは下水の中。

ちょっと見た目えげつない感じがするので、苦手な方は見ないようにしてください。



 


で、点検が終わると今度はマンホールの中からふたが閉められる映像が投影されます。

なるほど、マンホールの中に閉じ込められるという感じはこんなものかと。(^▽^;)




という、普段は覗くことができない世界も垣間見ることが出来ました。

と同時に、中々大変な仕事だということも痛感いたしました。



そして、ご当地マンホールの展示。

各市町村、自慢の観光スポットや名物がマンホールのふたに刻まれています。


旅行先でも、可愛いマンホールのふたを見かけることが多くなった昨今、マンホールカードなるものもあるらしくて、ダムカードと並んで密かなブームだというのも納得。

IMG_3718_R


IMG_3717_R


IMG_3720_R




奥が深い土木の世界。


次は作業着と言っていた洋服にもおしゃれなファッションの波が押し寄せているという話。







2018年12月30日

土木工事で大規模な工事といったら、一番に思い浮かぶのは、ダム。

息子が福岡に転職してきた当初は東背振の山を越えて、当時「五ヶ山ダム」が工事中だったその横を通って行ってました。

以前は佐賀の「天山ダム」、次いで「嘉瀬川ダム」の工事現場を、今年の春には「八ッ場ダム」の工事現場もこの目で見れて、その迫力には目を見張るものがありました。

で、最近ダムカードが配られたり、色々観光地化してるダムですが、ご当地カレーなるものもあって、そのサンプルが展示されていました。

IMG_3708_R




まずはご当地、佐賀の「嘉瀬川ダムカレー」から。

これらが全部作り物なんて、相変わらず日本のサンプル技術ってすごいですね~。

IMG_3701_R


後は写真のみアップでご覧ください。

IMG_3694_R


IMG_3695_R


IMG_3696_R


IMG_3697_R


IMG_3698_R


IMG_3699_R


IMG_3700_R


IMG_3702_R


IMG_3703_R


IMG_3704_R


IMG_3705_R


IMG_3706_R


IMG_3707_R




今はダムの楽しみ方も色々ですね~。(*^-^*)





2018年12月28日

   「グググッ!グリコ展」があってた美術館のお隣の博物館では、佐賀県の土木課が企画した「すごいぞ!ボクの土木展」というのがあってたので、こちらも見てきました。

IMG_3681_R



新聞で下水の中の様子が見れる展示があると書いてあって、私の好奇心はわしづかみにされていたのです。

だって、マンホールの中って一度覗いてみたいと思いません?

しかもこちらは県の企画だったので、無料です。ありがたや~。



まず会場がある二階に登って行くと、目の前にダムの映像が!!

『waterfall』

嘉瀬川ダムの放流をモチーフとした3D映像が映し出されていて、爆音と共にその水が足元まで流れてくるのです。

迫力ある映像で、今思えば、動画で撮ったらよかったと後悔。

IMG_3683_R



中に入って、まず目についた『筑後川昇開橋1/20モデル』

筑後川にかかる橋で、船が通る時は真ん中の部分が上に上がって、その間を船が通って行きます。

それ以外の時は、人が歩いて対岸まで渡れるようになっています。

昔は汽車が走っていたけど、廃線になって人が歩いて渡れる道になりました。

IMG_3684_R




会場内に響くクラブ音楽。

壁には沢山の三角コーンが張り付いていて、光っています。

そして、その前にはスイッチのようなものが。

適当に押せば、勝手に光って音楽もつけてくれるという展示でした。

まるでDJになったように遊べる展示です。

ピキューン、ズキューン、と往年のテレビゲームを思わせる音に懐かしさで一杯。

このゲームはとにかくスイッチを押せばいいので、おばちゃんでもおっさんでも楽しめます。

いや、もともとは子供が楽しむんでしょうけどね。(^▽^;)

家の旦那が遊んでる体験してるところを撮ってみたので、こんな感じってことでご覧ください。

『club DOBOKU』








それから色が変わる「砂箱」

高さによって色が変わるので立体の地図みたいでした。

『砂場マッピング』

IMG_3688_R


子供たちに混じって久々に砂いじり。

手も汚れなくて、砂の感覚が気持ちよかったデス。

IMG_3687_R



『佐賀城石垣』

段ボールで出来た石をパズルのように積み上げて、原寸大の石垣を完成させるというワークショップ作品。

石垣工事の一端を感じられますね。

IMG_3709


途中疲れたらグレーチングのベンチと

IMG_3690_R



土のう袋がクッションになってるソファに、一輪車のテーブルでひと休みできます。

その名は、『ドボクファニュチャー』

おしゃれ?・・・か・・・も。(^▽^;)

IMG_3710



そして、佐賀県には九州の高速道路を東西南北に分ける拠点「鳥栖ジャンクション」があります。

クローバーの形をして、複雑に入り組んだ道路を周って目的地に向かいます。

初めて走る時は間違えないようにドキドキです。

車線を間違えたら、全く違う方向に行っちゃいますからね。(^▽^;)


ジャンクションを走る車を、回るお寿司に見立てて作られた模型。

お寿司だけじゃなくて、ちゃんとデザートも回ってましたよ~。

これは動画で撮ってきたので、グルグル回るお寿司をご覧ください。

『おすしとすし』

IMG_3692_R


 


「おすしとすし」

お寿司と寿司?確かに寿司は周ってるけど、そこまで寿司?

と、ずっとこのネーミングに疑問があったけど、昨日の夜ふっとひらめきました。


「おすし、と、すし」じゃなくて「おすし、とすし」

あー、「お寿司鳥栖市」

やっと、すっきりー。(≧▽≦)



土木展、続きます。






ギャラリー
  • いよいよ、マンホールの中を覗いて見た。 
  • いよいよ、マンホールの中を覗いて見た。 
  • いよいよ、マンホールの中を覗いて見た。 
  • いよいよ、マンホールの中を覗いて見た。 
  • いよいよ、マンホールの中を覗いて見た。 
  • 全国に、こんなにあるのよ「ダムカレー」
  • 全国に、こんなにあるのよ「ダムカレー」
  • 全国に、こんなにあるのよ「ダムカレー」
  • 全国に、こんなにあるのよ「ダムカレー」
ブログ村に参加しています
  • ライブドアブログ