achan1g

Digimono Days 〜デジモノでいず〜

4 2月

【MacOS X Lion】フルスクリーンモードでDockを表示

MacOS X Lionのフルスクリーンモードは、仮想デスクトップを増やさなくてもいいので便利ですね。
でも、Dockが表示されないなぁと思っていたんですが、ちゃんと出来るようです。
今回は、その方法を紹介します。

まずは、フルスクリーンモード(Control+Cmd+F)にします。

Fullscreen-Dock-1-1


マウスのカーソルを、一旦画面の下に移動させます。そして、更にもう一度カーソルを下に移動させます。

すると、

Fullscreen-Dock-2-2


Dockが表示されるようになります。

ちなみに、Dockの表示位置が下の場合はマウスカーソルの位置を画面の下に移動させましたが、表示位置を左にしている場合は左に、右の場合は右にマウスカーソルを一旦移動させ、更に同じ方向に移動させることで表示できました。
24 12月

◆MacVim ( http://code.google.com/p/macvim-kaoriya/ )の設定ファイルを他のMacと共有

「.vimrc」と「.gvimrc」をiCloudで同期させる
[前提条件]
2台のMacでシステム環境設定の「iCloud」から「書類とデータ」の同期がONになっていること。
※もちろん同じAppleIDで同期させてるはず。
MacVimをインストールしていること。

iCloud-ControlePanel

[同期元のMac]
・~/Library/Mobile\ Documents/vim/へ.vimrcと.gvimrcを移動させる。
Terminal.appから以下のコマンドを実行する。
$ mkdir ~/Library/Mobile\ Documents/vim
$ mv ~/.vimrc ~/Library/Mobile\ Documents/vim/vimrc
$ mv ~/.gvimrc ~/Library/Mobile\ Documents/vim/gvimrc

[同期元、同期先のMac]
同期元のMacと同期先のMacでシンボリックリンクを作成して、同期しているvimrcを使用するようにします。
・シンボリックリンクを作成する
Terminal.appから以下のコマンドを実行する。
$ ln -s ~/Library/Mobile\ Documents/vim/vimrc .vimrc
$ ln -s ~/Library/Mobile\ Documents/vim/gvimrc .gvimrc
※カレントディレクトリが${HOME}であること。
15 11月

iPINGでPHcp(パターハンディキャップ)を取得しよう!

iPING-2iPhoneを使ったパター練習に最適な練習用Appと、専用クレードルを購入して使ってみました。
専用クレード(iPhoneのケース)は、定価3,480円。楽天などで探せばもう少し安く買えると思います。私は、楽天でポイントを使って約2,000円ぐらいでゲットしました。

専用クレードルは、ハーフタイプのiPhoneケースとなっています。背面にはパターのシャフト部分に取り付けるためのクリップがついており、シャフト先端の細い部分からこのクリップで挟み込み、グリップの下部までスライドさせて装着します。(いきなりグリップの下部へ取り付けようとすると、シャフトが太いのでとても大変です)
ケースを取り付けたままでもiPhoneのカメラを使用できるように、カメラ用の穴も大きく開けられています。

iPING-3iPhoneをとりつける部分は、薄いスポンジが挟まるようになっており滑り止めと、iPhoneの背面が傷つくのを防いでくれるようになっています。
残念ながら、このケースはiPhone4/iPhone4S用となっており、iPhone 3GSなどには装着できません。



iPING-4
音量ボタンなどの部分も奇麗にくりぬかれているので、このケースを装着したままでも操作に困るといったことはないでしょう。
もっとも、このケースを付けたまま使用するのは、背面のクリップ部分が取り外しできないためほとんどないと思いますが。



ケースを装着する前に、App Storeからアプリをダウンロードしておきます。
iPINGというアプリをダウンロードします。これは無料です。(ケースが実質3千円ぐらいするので、アプリとセットと考えると結構な値段のアプリとも言えますねぇ)

このアプリで出来る事
・測定
・練習モード
・比較
※他にもフィッティングなどが出来ます。自分にあったPINGのパターをフィッティングしてくれます。

【測定】
専用クレードを使って、5球のパッティングから測定を行ってくれます。
測定では、ストロークタイプ、インパクト、テンポの3種類からPHcp(パターハンディキャップ)を算出してくれます。
ストロークタイプでは、パッティングの起動がストレート、In to Inのアーク、ストレートとアークの中間であるセミアークの3タイプを判定してくれます。
インパクトでは、インパクト時のフェース向きをクローズ、オープンで表示してくれます。
テンポはテークバック時の速度と、フォロー時の速度からテンポを算出し表示してくれます。

【練習モード】
測定では、5球全てを打った後に測定結果が表示されますが、練習モードでは1球ごとに測定の結果を表示してくれます(表示だけで記録としては残りません)。
測定モードでばらつきの大きかったテンポなどを練習モードで一定となるよう練習するという使い方のようです。

【比較】
比較では、測定モードで残した記録とプロなどが測定した結果と比較することができます。
自分と同じストロークタイプのプロと比較してみると参考になりますね。
PHcp: +6.7のPingManはかなり凄い(ロボットなので正確なのは当たり前なのですが)

iPING-1
測定モードで計った結果は、メールで送信したり自分のFacebookのウォールへ投稿するなどして共有することができるのもちょっと面白い。
パターの練習をただこなす時代は終わり、数値化して上達具合を見える化できるようになって練習方法もより一層工夫できるようになりました。



ゴルフ好きのiPhoneユーザーには是非使ってみて欲しいクレードルとアプリです。

PING/ピン iPING専用クレードル iPhone4iPhone4をパターシャフトに固定 【送料無料】
PING/ピン iPING専用クレードル iPhone4iPhone4をパターシャフトに固定 【送料無料】


ピンゴルフジャパン ピンiPING専用 クレードル iPHONE 4専用
ピンゴルフジャパン ピンiPING専用 クレードル iPHONE 4専用
クチコミを見る


30 10月

iPadにスゥ〜っと書ける『Su-Pen』

Su-Pen
iPadの手書きアプリといえば、7notesがお気に入りのアプリです。その開発元MetaMoJiからiPad用のスタイラスが発売されました。7notesなどのデモ動画などに良く写りこんでいたスタイラスがずっと気になっていたんですが、それが商品としてあらためて登場です。v( ̄∇ ̄)v

ずっと気になっていた私は、発売されるとすぐに購入を決心。今日、そのスタイラス「Su-Pen」がお昼過ぎに届きました。

重さはペンとしては、少し重目の部類ですがその重みのバランスが良いので持っていても疲れるような感じではありません。
太さはちょっと太め、だいたい4色ボールペンと同じような太さです。細めのペンが好きな人はこのペン先を取り外して、市販のペンシルホルダー(鉛筆を挟みこむアダプターみたいなものです)に取り付ければお好きな太さのもので使用できます。ここも私が気に入ったところ。

さて、肝心の書き心地ですが。かなり軽めの書き心地です。ほんと「スゥ〜」って感触で、軽く文字を書いていけます。
ただ、先端がけっこう太くて丸いので文字を見ながら書ける紙+ペンと違い、画面に表示される線が少し見にくいなぁと。

慣れの問題かもしれませんが、もっと細くてこの書き心地ができたら完璧だったんですが、逆に反応が悪くなってしまうのかもしれません。

Su-Pen (7knowledge)

6 3月

スマートフォンスタンド! Mobile Fit Type-Q を使ってみた

IMG_2135

iPhoneを使い始めてから、しばらくすると車のドライブ中でも活用できないかなぁ〜、なんて思い始める人は少なくないと思います。

しかし、車のダッシュボードに取り付ける時に一番気がかりとなるのがその安定性だと思うんですが、皆さんはいかがでしょうか?
かといって、両面テープで台座を貼付けて使うタイプは跡が残りそうで嫌ですし、吸盤タイプは安定性がイマイチなんじゃないかと思っていました。
でも、今回購入してみたスマートフォンスタンド!Mobile Fit Type-Qは違いました。広告通りの吸着力で2週間付けっぱなしにしてみましたが、未だその安定感は失われていませんでした。

続きを読む »

19 2月

外出専用予備バッテリー TUNEMAX STICK BATTERYを買ってみた

TUNEMAX_STICK_BATTERY4


TUNEMAX STICK BATTERYはiPhoneやAndroid携帯などUSBを充電器として使えるスマートフォンであれば、外出時のバッテリー問題をかなり快適にできます。

続きを読む »

14 2月

Macに繋がったプリンターからAirPrintしたい


iPhone 4からの印刷って用途は、ちょっとしたクッキングレシピや申込画面のコピーなどけっこうやりたい場面ってのがあると思います。
そこで出番となるのがAirPrintですが・・・、対応しているプリンターに買い換えるなんてことはそうそうできないため、何とか別の方法で今あるプリンターを使って印刷できないかと探してみると、ありました。
AirPrint Activator」というMac用のアプリが。

続きを読む »

13 2月

最近のお昼は

ブログネタ
「職場でカップやきそば」って、アリですか? に参加中!

お弁当
うちの職場でも、最近はあまりお昼を外食する人が少ないように思います。
たぶん、半分以上はオフィスですませているんじゃないかな。

職場のお昼時、人によっては食べ物の匂いが充満して嫌がる人もいますが、個人的には匂いが嫌ってよりは、人のお弁当の匂いで逆にお腹が空いちゃって困るってことのほうが多いかな。

 

続きを読む »

22 10月

Appleの新製品が発売?

新製品とはちと違うか、それでも恒例の「Apple StoreのWe'll back soon.」(Apple Storeは製品発表の前はいつもメンテナンス中になる)は俺の心を躍らせてくれる。

さて、今回の発表での注目は、iMacより、MacBookよりやっぱりMac miniですよ。

基本的な性能はアップし、目玉はMac OS X Serverを搭載した機種ですね。
普段使いには、ServerなんてOSはいらないんですが、ちょっとした便利システムを家で構築しようとすると、Serverがあるととっても安心できます。

てわけで、今回の新製品の中では、Mac miniのServerモデルがおすすめ。

小さい、省電力、そしてServerを使えるってことで、家庭や小さなグループサーバーとしては抜群のパフォーマンスを発揮できると思います。
MacBook 買うぐらいならMac mini買っておきましょうね。

Apple Mac mini
9 6月

【葛城ミサト報道計画】を視聴してみた

CIMG1018もう最近のエヴァは何でもありですね。

TVシリーズのエヴァからはまってしまった私としては、もうエヴァのなんちゃらなんて聞くと、とりあえずどんなものかチェックしてしまいます。
未だに、その癖が抜けないのだから、困ったものです・・・ホント、世間一般から見たら変人なのかも。

で、この葛城ミサト報道計画は、音声合成を使ってミサトさんがニュースキャスターとなってニュースを片っ端から読んでいってくれるというもの。
しかし、この音声合成、いわゆる初音ミク系とたいして、いやニコニコニュースよりはましか、かわらない。
今の音声合成レベルのままであれば、月800円も出してニュースを読ませるだけならば、正直高い買い物になってしまう。
これからのバージョンアップで、音声合成やその他の機能追加も期待したい。
《検索》
Google
《QRコード》
QRコード
Get! Firefox
Firefox をダウンロード!!
《最近のコメント》
  • ライブドアブログ