2008年02月03日

久しぶり

638db26a.jpgシフォンケーキ



材料

卵黄 3個
砂糖 30g
サラダ油 30ml
水 50ml
薄力粉 90g
ベーキングパウダー こさじ1/2
バニラオイル 少し

卵白 4個
砂糖 60g

HOW to make
1 ボールに砂糖と卵黄を入れてしろっぽくなるまで混ぜサラダ油を少しずつまぜ水とバニラオイルを混ぜる
2 メレンゲを作る
3 1に薄力粉とベーキングパウダーを入れてサックリ混ぜてメレンゲをまず1/3混ぜ泡をつぶさずトロリとなったらいいくらいだと思う
4 型に入れて空気をトンと抜き170度の35分で焼く
5 やきあがったらひっくり返して冷ます
6 竹串で型のまわりをぐるっとして外して取り出す
  

Posted by DJシャックリ at 18:49Comments(2)TrackBack(2)moblog*2('05-'07)

2007年09月12日

ガトーショコラ

611caa38.jpgおいしいかなぁ。
  
Posted by DJシャックリ at 18:25Comments(0)TrackBack(0)moblog*2('05-'07)

2007年08月18日

阿波踊り2007

街角の風景阿波踊り行ってきました。

13日夜、ぼくは京都駅に向かった。19時10分の徳島行きのバスに乗り、ワクワクを胸に抱いて。
ズンドコズンドコバスに揺られて10時ごろ徳島について、走って牛の踊るアーケードへGOしたわけだけど、すぐに着替えて阿波踊り。この急展開はまれに見るカオス!パニック!京都からバスにのり→徳島についたらすぐ踊る・・・というパラレルワールド。

今年も着ぐるみを着ましたがとっても暑かった。

次の日=14日、ぼくは徳島を観光した。
たらいうどんを食べ、サワガニのてんぷら、やきとりをたらふく食い、モウ満腹。
夜になったら阿波踊り。
チンポー連

徳島泌尿器科のグループ、その名もチンポー連発見。
ぼくはチンポーよりホルスタイン級のお乳が好きさ!
この日は幸町、両国、新町、アーケード、そして〆に浮島を踊りました。
今年の浮島はステージ化されており、いつもの揺れながら踊るウキウキダンスは残念ながらできませんでした。
この日、アーケードを踊る前、シシカバブのアラブ人風の夜店を発見。チキンケバブを食べました。ビーフケバブもあったけど、共食いになるから食べなかったYO。

15日、最終日。
徳島ラーメン

お昼は徳島ラーメン。最後にスダチをいれるこの店独特の乙な味。徳島にいかれる方はゼヒ。
お土産を買いに走る。街並みの変化にうわ〜、とか、いや〜、とか言ってた気がする。

夜になったら、やっぱり阿波踊り。
今年は浴衣を新調しましたが、その写真がなくて残念の極み。踊ることに集中しすぎ。
この日は、浮島ステージ、幸町、両国、アーケードで牛踊り。
この日は久しぶりに連長さんのたかはりバランスパフォーマンスが見れました@浮島。
幸町を流したあと、両国までの道々、踊る。道行くお姉さんたちに拡声器で
「手を上げて前に進めば阿波踊り!」と言う連の方。ぼく爆笑。
誰でも参加できるにわか連で両国を行く牛たち。そう、この日は2回も両国を踊れちゃったのだ・ラッキー!
「手を上げて前に進めば阿波踊り」・・・名言です。すばらしい俳句!


両国を踊り終えた後、便意。
便所へ行って、道で踊る人に混ざって僕という牛も踊る。

みんなで記念撮影のあとは、お決まりのアーケードへGO。

前日食ってお気に入りになったケバブを食べながら踊る牛っぽい僕。

と、そこへ!
スパイダーマンスパイダーマン現る!
しかもパンツは蛇口パンツ!


と解散の運びになりまして、衝撃の事実!
連長さん→「ホルスタイン・ブート・キャンプ、4日間お疲れ様でした!3キロは減ってるはずや!」
えええ〜、ブート・キャンプだったの〜?

その夜、ぼくらは集合場所「ウシの情け」で花火をした。

そんな感じの3日間でした。やっぱり12日から踊りたいな〜。4日間でも足りません。VIVA!阿波踊り!サイコーだぜ!

ちなみに、食いすぎで1キロ太った。  
Posted by DJシャックリ at 22:19Comments(0)TrackBack(0)2oo7

2007年08月14日

阿波踊りに

445ffabc.jpg来ています
  
Posted by DJシャックリ at 01:51Comments(0)TrackBack(0)moblog*2('05-'07)

2007年07月15日

カットの図

eee12634.jpgおいしかった
  
Posted by DJシャックリ at 20:12Comments(0)TrackBack(0)moblog*2('05-'07)

チーズケーキ

1640b3bc.jpg焼きました。
今夜たべます。
  
Posted by DJシャックリ at 18:32Comments(0)TrackBack(0)moblog*2('05-'07)

2007年07月10日

現代政治の倫理と論理

5a0d4719.jpg現代政治の倫理と論理については、書きません。僕の思ったことを書くだけです。
2日ほど前、昼飯を食ってたときかなぁ?ふと、思ったことがある。
それは『事実は国家が管理しているものである。』ということだ。
たとえば、裁判なんて端的な例ではないだろうか。
事実の検証の場所。事実にのっとり、当事者たちの行く末を決めるのである。
まぁ、冤罪で服役後に真犯人が発見される、なんて話も聞くけど
それもまた裁判で名誉回復を訴えて、事実を得るのだ。
たとえば、風呂へ入る。
行政の事業である水道水をガス会社との売買契約にのっとって暖め
これまた、売買をして得たシャンプー、リンス、石鹸、タオルで体を洗うのだ。
そして歌を歌う。♪ふんふんふ〜ん。表現の自由は憲法に保障されている。
そしてぼんやり考える。思想の自由も憲法に。

われわれの生活は、けっこう法律で規定されていたりするんだ。
生活のすみずみまで国家は入り込んでいるんじゃないだろうか。
国家の一部であるぼくはそれに規定されていることに気がついて
「ああ、これが国家なのだ」とふと思うけど、もちろん、いちいち気にして行動するわけじゃない。

まぁ、国家の管理する事実と、僕らの知っている事実は
範囲が違うと思うんだけど、国家が管理するとき、科学的な根拠に非常に重きを置いた視点を持っていることにあるんじゃないだろうか。この科学は宗教的なまでに信仰されている、と見える。
政教分離は程遠い。(以前の記事参照。)

事実がどうであれ、ただ、それは、国家が勝手に事実と認めているだけにも見える。
ぼくらの日常世界には、事実は人の数だけあるのだ。もしくは、ない。
事実がないという事実も存在するかもしれない。僕らが勝手に事実と思っていることは
本当はどうでもいいことに違いないのだ。

話がそれてしまった。

政治は、票を獲得するという事実を元に、議員がとりおこなっているが
ぼくは別の事実が必要と考えている。投票行動による政治は
われわれの意見が反映されにくいということに、国民は気がつくべきだったのだ。
奉仕活動による地域通貨の獲得、という市民運動はその例であると思うけれど
投票行動以外の民意の反映を、と願っている。
そう、政治をやつらのためだけに利用されてはいけないのだ。
この手でコントロールするべきだ。  
Posted by DJシャックリ at 21:11Comments(0)TrackBack(0)2oo7

2007年07月08日

まんごーケーキ

32f4b0d7.jpg6月24日作
  
Posted by DJシャックリ at 15:07Comments(0)TrackBack(0)moblog*2('05-'07)

2007年05月13日

白桃ケーキ

1041480d.jpg5月6日作
  
Posted by DJシャックリ at 19:36Comments(0)TrackBack(0)moblog*2('05-'07)

チョコケーキ

de3a67bc.jpgアーモンド
  
Posted by DJシャックリ at 19:34Comments(0)TrackBack(0)moblog*2('05-'07)

2007年05月09日

自己責任と報道のあり方。

f99bd449.jpg先日、憤る。
ジェットコースター事故の報道について。
事故が起こった後に大々的に報道がされる。それでは遅い。
事故が起こる前にスッパ抜けばいいのに、と思って、マスマスTVを見る気がなくなる。
それに加え、人づてに聞いた話、事故にあうのも自己責任だとTVが言うそうな。

正しい情報を得ていないのに、自分で責任を負えというのはいかがなものか?
ちゃんと「このジェットコースターは2月に点検する予定を先延ばしにしています、それでも乗りますか?」とうかがいを立てておかないと、自分で責任を負えとは、ぼくは言えないと思う。報道機関がそれを言うのであれば、事前に「あのジェットコースターは2月の点検を先延ばしにしている」という事実を公にしてから文句をたれるべきだ。

「危険を承知の上、それでもやる」というのが自己責任の範囲だと思っていたが
どうやらその範囲をどんどん超えていっている気がする。だれも保証したくない時代に突入するのだ。

しかし、報道側が個人に「自己責任」を問う場合には
やっぱり何か足りない気がする。
上記のとおり、「あれだけ言ったのに、それ見たことか!」と報道するならまだしも
なにも情報を流していないのに、損害を被った人間に対して「情報不足だ」と自己責任を問うのは卑劣だ。

この言葉が頻繁に登場するようになったのは
イラクで日本人が殺された事件のとき以降、だったように思う。

そのことは別にして
自分で責任を負え
というのならば
情報を市民にしっかり伝えるべきだと思う。
情報を生業としている企業ならば、それは使命ではないだろうか。
その情報を市民にとって欠かせないもの、と思わせるくらい
重要な報道をするべきなのに、不安や悲惨さを煽るだけ。
事が起こる前にしっかりとした情報を提供するべきだ。
後手後手の報道機関は、まったく政府の対応と一緒ではないか?
政府を叩く意義がどこにあるのか?

たとえば
災害が起こる前に報道をしろとは言わない。
その災害が起こった後のケアを、政府がどう考えているのかを
災害が起こる前に問いただすのが先だ。
災害が起こるのは仕方がない。そうなのであればアフターケアが一番大事なんだと思うからだ。  
Posted by DJシャックリ at 21:23Comments(2)TrackBack(0)2oo7

2007年04月24日

よつば

76b7a8b7.jpg押し花にします
  
Posted by DJシャックリ at 20:13Comments(0)TrackBack(0)moblog*2('05-'07)