咲-Saki-

吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)

ネットで調べたら満開ではないし、降水確率が60%やし、どうしようかと思ったけどこのまま雨が降り続けて桜が散ってしまったらアカンと行って見ることにしました。

私は奈良県民だけど最寄の駅は近鉄大阪線なので八木で乗り換えて更に橿原神宮前で乗り換えなければならないので吉野まで90分かかる。

途中飛鳥駅のホームの桜の木も綺麗に咲いていた。
IMG_0760
外国の子供が珍しそうに見ていた。

吉野駅には10時に到着。
地面が濡れていたので降っていたようだけど到着時は止んでいた。
IMG_0764

一年で一番混雑する時期と聞いていたけどそれほどでもなかった。
ケーブルカーに並ばずに乗れたし。

写真を撮りながら吉水神社を目指す。
IMG_0767
IMG_0768
IMG_0769

吉水神社に到着し、一目千本の看板から中千本を見る。
IMG_0772

五分咲きには見えないくらい綺麗に咲いていた。
視界一杯に広がる桜に圧倒された。
雨も降ってないし来てよかった。

絵馬は相変わらず咲コーナーと化していた。
IMG_0777

そのまま中千本を歩いて花矢倉を目指す。
IMG_0781
IMG_0786
IMG_0788
IMG_0789

曇りだったけど寒くもないし人も多くなかったので気持ちよく歩けた。
ここまでは。

老人憩いの広場に到着。
IMG_0791
午前中だからか誰もいない。

そのまま上千本を桜を見ながら歩く。
九十九折の坂道を登るのは体力がないのでしんどかった。
汗だくになってようやく花矢倉に到着。
IMG_0799

そこの茶屋で椎茸飯(吸い物付き千円) を食べながら休憩。
IMG_0798

休憩後12時半くらいにまた登り始める。
吉野水分神社でしだれ桜を見る。
IMG_0800
このあたりから桜があんまし咲いていなかった。

ぜーぜー言いながら奥千本口に到着。
IMG_0801
なんかまだ冬やったのでバスに乗って降りる。

竹林院前でバスを降りて歩いて戻る途中でこんなのを見た。
IMG_0802
売り物件、空き家なんかここ。
そうか、住めるんだここ。
住んでみたいけど仕事ないしパスで。

吉水神社あたりに戻ってくると結構混雑していた。
IMG_0803

蔵王堂に到着。
IMG_0804

天気が曇りだからかあんまし写りがイマイチだけど直接見るととても綺麗です。

金剛蔵王大権現様が特別ご開帳中なので参拝に行く。
中で区切り分けされたブースに一人で入って懺悔する、いろいろと。

帰り道、咲さんを贔屓してくれている天の川屋さんを覗く。
IMG_0806
IMG_0807
IMG_0808

駅へは歩いて降りる。
下千本の桜をアップで撮影。
IMG_0809
ピントが合わなかったけど3割くらい開いていなかった。

九十九折の道をショートカットすると、ケーブルカーのルートの下へ出る場所がある。
IMG_0817

満開ではないし、雨が降る直前だったので曇っていたけど綺麗でした。
写真ではわからんですが。

来週が満開で花見時なんでしょうね。
雨で桜が散らなければ。

咲-Saki-という作品との出会い

私が咲-Saki-を最初に知ったのはアニメの全国編が放送されるという番組告知でした。
その時点での咲の知識はほぼゼロ。
県予選や阿智賀編など当然存在すら知らない。
漫画専門店で平積みされている単行本の表紙を見たことがあるというくらいでした。

主役は一巻の表紙の髪の短い娘だろう。
タイトルが咲だからこの娘の名前かな。
麻雀牌を持っているので麻雀漫画だろう。

この程度の知識でアニメ全国編第一話を観ました。
とりあえずチェックして面白かったら続きも観ようと。

最初に出てきたのは雪の降る宮守。
主役が長野県に住んでいるとかもちろん知らないので当然のように私は彼女達がこの作品の主役なんだと思いました。

opening01

ここから全てが始まる!
最高のオープニングで開始された咲全国編。
opning02

これを見て誰がこの子達が主人公じゃないと思うのか?
雛鳥は最初に見たモノを親と思うというインプリンティングという現象は有名だが、まさにそれっすよ、この第一話を見て宮守が主役と思っても不思議はないし、その後全話見終わっても、単行本全巻読み終わってもその思いは拭えていない。

このアニメの主役は宮守です、私の中では。

聖地巡礼~姫松編~

アニメ全国編からのニワカな私ですが行って来ました姫松へ。

というかこのあたりは意識せずに何度も通ったことあったのですが、あらためて行ってみるとやはり感慨深いものがありますね。

ついでに初詣に安部清明神社に行こうとまずは天王寺から阪堺線に乗って東天下茶屋で降りる。
IMG_0590
ここは咲に出てきてないけど。

ここから歩いて姫松駅に向かう。
この時点で10巻の坂とか跳ばしてるけどまた今度にしよう。

路面電車が走る道は広くて歩いていて気持ちよかった。
IMG_0595
歩いているうちに電車に追いつかれ、写真を撮って慌てて乗り込む。

IMG_0596
乗り込んだ車内から姫松の待合所を撮影。

ここも咲には出てきてないけど、姫松という名前を見ただけでなんかテンションが上がりました。

このまま電車で南下し、神ノ木駅に到着、ここでようやく咲に出てきた絵の場所に来れた。
事前に用意していた絵と見比べながら写真撮影。
kaminogi
IMG_0597
ものすごくテンション上がって楽しかった。
聖地訪問をやって写真を公開しているブログは沢山あるけど、その気持ちよくわかりました。

次の目的地に行く前にちょっと寄り道。
南にある南海高野線の住吉東まで歩いて乗車し、荻の茶屋駅で下車。
ここが「じゃリン子チエ」の舞台「西荻」なので見ていく。
IMG_0598
舞台はここなんだけど漫画内でもそれほど明確に書き込まれているわけではないのでさっきの神ノ木駅程感動はしなかった。

ここから歩いてジャンジャン横丁へ向かう。

janjandeguti

ジャンジャン横丁の南側
ここはアニメで見た瞬間に場所がわかった。
知っている所が出ると嬉しい。
IMG_0030

画面奥にある階段から撮ったのがこれ。
IMG_0601

本日の聖地訪問は終了。
この後ジャンジャン横丁のホルモン屋で食事して戎さんにお参りして帰りました。

難波駅に向かう帰りの道中にあった神社が「赤土稲荷」だった、関係ないけど。
名前に反応して写真撮影。
IMG_0607

作品の「人」は架空でも「モノ」は実在すると物語が浮かび上がるようで楽しい。
今だから出来ること、建物も駅も今だからその姿でいてくれる。
看板の位置やデザイン、止まっている自転車、植えてある木、こんな細かい所でも一致しなくなると寂しい。
だから今あるものをちゃんと見て、これからも歩こうと思いました。

姉帯豊音さんWiiUのゲームに出演!?

このゲームに出てくる幽霊に姉帯豊音さんにクリソツな霊がいると聞き、取材をしてみることにした。

20140824_1529564


zlCfzTCTFJkMozkZqN
この先の電話ボックスあたりで出るとの情報を受け、近くまで到着。
では行って来ます。

ちなみにこのプレイヤーキャラ、雨が降っても傘もささない、食料やフィルムの補充は現地調達と無茶する人です。

電話ボックスの近くまで来ると、ぼぅっと浮かび上がってきた。
zlCfzTCTkP4qqybLQe
はい、いました。

服装的にも似てるし。
IMG_0683

ってゆーか背が高すぎ、電話ボックス超えてるし。

写真撮ろうと近づいたら襲ってきた。
zlCfzTCTNXkLBJVyn8
はいごめんなさい、人違いでした。

恭子さんを襲う豊音も怖いけど
IMG_0682

こっちのはシャレにならん。

攻撃を食らう。
背向(そがい)の豊音だよこれ。
imagesU6Z9LNKE

この幽霊、ちょー怖いよ~。
images5P21OD0Q
このゲームで一番怖いの。マジで。
こいつだけ異質。

タイトルにもある濡鴉の巫女は同情の余地が多分にあって最期は一緒にいてあげようって思ってしまうほどなんだけど、コイツは狂ったように笑いながら襲ってくるので怖いのみ。

この高い女は一般的に考えると、

都市伝説の「八尺女」「口裂け女」
遠野物語の「大女」

をモデルにして足したような存在なのだろうが、
咲ファンにはそう見えない。

私は初見で「あ、豊音だ」って思いました。

以上、ゲーム内の聖地巡礼でした。
ギャラリー
  • 吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)
  • 吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)
  • 吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)
  • 吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)
  • 吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)
  • 吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)
  • 吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)
  • 吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)
  • 吉野の千本桜を見に行きました(2015/04/05)
咲-Saki-まとめアンテナ
  • ライブドアブログ