2010年11月

2010年11月28日

最近のゲーム状況

バーチャファイター5FS
KOTSPの2周目をプレイ中。初めて拳剛道場をプレイしたら1面で負けたorz
現在は中玉を集めてプレミアムレアアイテムカプセルの交換を目指している。

Answer×Answer Live!
イベント200Fアンサー以上を持ってないと参加できない年末のイベントの参加権がある事を確認したら、ホームから撤去決定orz

beatmaniaIIDX 18 Resort Anthem
WORLD TOURのヒロシワタナベの新曲出すまでプレイしようと思っているがまだJAPAN TOUR中。

そろそろPS3を買おうと計画中。
PlayStation 3(160GB) チャコール・ブラック(CECH-2500A)PlayStation 3(160GB) チャコール・ブラック(CECH-2500A)
ソニー・コンピュータエンタテインメント(2010-07-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


2010年11月10日

ロケテストの時はこうだった

アーケードゲームで、ロケテストの時は製品版とは仕様が違ったというのは良くある事です。
それを覚えてる範囲で少し書いてみます。まあ記憶なんで間違っていたらすいません。

サイドバイサイド2(タイトー)
ロケテスト時はいわゆる「中継」が隣の台に映された。乱入待ちの時間に空き台に「中継スタンバイ」なんて出ていたり。
空き台でレースの中継をするのはセガが特許持ってたので無くなった模様。

電車でGO!2 高速編(タイトー)
ロケテストの時はタイトル画面に「先行試作車」と書かれていました。
製品版では「量産車」となっていて感動したり。
京浜東北線は横浜〜品川で、夕方のダイヤでした。それでは高速編ではないということで、品川〜上野に製品版では変更されましたね。15時台なのに空が赤いのはそのせいです。
3000番台で横浜〜品川は入りましたがダイヤは15時台のままでした。
それと重要な仕様変更なんですが、ロケテスト版では速度制限標識を守らなかった場合もATSで停車させられました。
秋田新幹線ではみんな止められましたね。

スタントタイフーン(タイトー)
ロケテスト版ではマーカーを見逃すとNGになりました。撮影範囲外などもNGになったため非常に厳しかったです。
まあスタントタイフーンは製品版もβのようなもんでスタントタイフーンプラスになってようやくまともなレベルになったと思いますが…。

パワーショベルに乗ろう!(タイトー)
入門編が、最初は本当に入門になっていました。それがプレイ時間の問題かでかなり簡略化されてしまいましたね。確か入門編だけで4ステージありましたから。

現場でガンガン(タイトー)
これはロケテスト版だけで発売されなかったゲームです。
パワーショベルに乗ろう!筐体のコンバージョンで、パワーショベルの他に2つの建設機械に乗れました。ただし操作デバイスはパワーショベルですw
あと、アーケードゲームなのにポケットステーションに対応していました。といっても実際に刺せるようにはなっていませんでしたが。

RCでGO!(タイトー)
渋谷のタイトーでずーっとロケテストやってたんでしばらく見てました。最初はコースクリアに順位条件もあったりしたんだっけ。あとタイム表示が1000分の1表示なのに下3桁が60通りしかなかったとか。

ルマン24(セガ)
ロケテスト初期は走行距離がリアルタイムに表示されていました。途中から無くなったはずです。

ウォータースキー(セガ)
最初のタイトルは"SPLASH WAVE"でした。そうです、アウトランの曲名です。

テクノヴェルク(ナムコ)
今は無き新宿のキャロットで見たんですが、製品版の様なレベルゲージではなく減少型のライフゲージになっていました。減る基準が分かんなかったです(^^;
あと、最初の二曲は繋がっていたり(ライフも引き継ぐ)したような。

※おまけ
500GP(ナムコ)
これは製品版の話ですが通信対戦すると、プレイ中の上位の敵車のラップタイム表示が台ごとにわずかにずれてました(100分の1秒とかですが)。

また思い出したら書きます。