2006年05月14日

赤門のそばの神社 Vol.1 湯島天神編

 大学院時代に本郷キャンパスの周りをうろついていると、いくつかの神社に巡り会いました。本郷キャンパスは湯島天神、根津権現、桜木神社と3つの神社に囲まれ、本郷から少し歩くと神田明神にたどり着きます。
 今日は、大学時代に訪ねた神社のことを書きたいと思います。

 今回紹介する湯島天神ですが、最寄り駅はメトロ千代田線の湯島駅で、12号線/丸ノ内線の本郷三丁目からもそんなに遠くはない場所に位置します。
 天神様を祀っているだけあり、学問の神様として東大を受験する人々がしばしば東大合格を祈願して参拝にくるとのことです。私は湯島天神を知ったのが院に入った後なんで祈願はしてませんでしたが(^^;
 湯島天神の例大祭は毎年5月25日で、その周辺の日々にお祭りがあります。湯島で巫女舞が舞われる機会は多くないはずで、結婚式や祈祷などで舞われる場合を除けば、例大祭が巫女舞を見る数少ないチャンスです。確か、天神系の神社では「紅わらべ」という梅の枝を持って舞う新作巫女舞(菅原道真公が詠まれた歌を元に、21世紀になって作られた巫女舞)が舞われるので、例大祭を撮影しに行くのも面白いのではないでしょうか。ただし、場所取りは熾烈です。それと、舞うのは本職の巫女さん(氏子童女ではない)なので、一見の価値はあります。また、その他のイベントでは巫女舞が舞われたという情報はありません。
 それと、普段から巫女さんがいることの多い神社なので、散策をしに訪れてみるのもいいのではないでしょうか。



GEO@チャンネル(ゲオビービー) スタンダードプラン【イチオシワールド】パソコン疲れの方々に!最大級のアントシアニン含有量/ブルーベリー・カシス・ルテイン【美容・健康の悩みならビー・エイチ・ラボ】巫女【コスチューム専門店【COS-JAPAN】】

achika_kuonji at 23:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!神社 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔