2013年07月21日

2014年より、少額株式投資に対する優遇税制が開始されます。

100万円の投資枠内の利益は丸々自分のものにできるので、株を始めたばかりの方にとっては非常に有利な税制です。
パチンコ等のギャンブルと比較しても、明らかに還元率が高いと言えます。

【税制詳細】
ヽ式投資信託、及び上場株式の譲渡所得・配当所得に対し非課税となる
日本に住む20歳以上の方が対象
2014年から2023年まで、年毎100万円迄の非課税投資枠
づ蟷颪魍始した年から最長5年間の非課税期間(最大で500万円)

また、現在所有している口座とは別に開設する「NISA口座(非課税口座)」内で株式を保有する必要があるため、現在すでに口座をお持ちの方は、税制開始後は資金の移動が必要となります。

優遇税制の開始は来年度からですが、従来の優遇税制10%の適用期間は今年までですので、大きく利益を出したい方は早めに口座を作られることをお勧めします。
そうでもなくとも来年度で良いスタートダッシュが切れるよう、口座だけでも作っておいた方が良いです。

今後各社とも、優遇税制用の口座は導入していくかとは思われますが、個人的に推奨したいのが手数料の安いGMOクリック証券です。

GMOクリック証券は株式・FXどちらの分野でも低コストでの取引が魅力ですが、なんといっても、株主優待の取引手数料の還元が強力です。GMOインターネットの株主になると年間10000円までの取引手数料が
還元されるので、ほとんどの方は手数料が無料になると思われます。
また、GMOクリック証券のみで行われているトレードアイランドでは、口座の資産状況がそのままランキング表示され一般に公開されるため、他の投資家との熱い戦いを楽しむことができます。

【GMOクリック証券】
GMOクリック証券

(21:51)

2012年11月03日

久しぶりの記事になります^^;

世間ではスマートフォンの普及率が携帯電話を上回ったとされていますし、ポータブルWifiの利用者も多いかと思います。

さて、今回はこのポータブルWifiの月額料金を抑える方法をご紹介します。GMOとくとくBB社のプランは色々ありますが、今だと速度の面でもLTEが人気なのでしょうか。

【GMOとくとくBB】最速75Mbpsイー・モバイルLTE月額3,860円


上記が月額3,860円となりますので、2年間の利用ですと、3,860円x24ヶ月=92,640円となります。

昔の通信費に比べれば充分安いと言えますが、Wimaxなどに比べると若干高いと感じる方はいらっしゃるかもしれません。そこで、維持費を抑えるためにサービス提供元であるGMO株を利用します。

GMOインターネット 株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9449

GMOインターネットは100株単位ですので、2012年11月3日現在での取得費用は54,400円です。

株式は、一般的な学生さんにとってはやや高額に感じられるかもしれませんが、現金と同様に資産と呼べるものに含まれますので、グリーやモバゲーに課金する事とは趣旨が違います。

それでは株主優待を見てみましょう。

GMOインターネット株主優待
http://ir.gmo.jp/stock/st-newstockholders/

ここの優待にある、とくとくポイント2,000円分と商材割引5,000円分が今回のメインです。
とくとくポイントと商材割引は、ポータブルWifiのプランと合わせて利用可能であり、計7,000円分を年2回貰えるため、年間実質14,000円割引となります。2年だと28,000円。

ただし、12月に優待内容のリニューアルが行われてしまい、現在のとくとくポイント2000円分の優待が消えてしまい、とくとくBBでは利用不可能なくまポンギフト券2,000円分と置き換わってしまうために、実質弱体化しておりますが、リニューアル後は新規にLTE割引優待(仮)が追加となるため、LTEを利用する方にとっては不都合は生じないと思われます。(より割引率が高くなる可能性あり)

また、当然のことながら株の買い付け手数料等の優待も得られるので、手数料云々を気にする方はGMOクリック証券がもっともパフォーマンスに優れているかと思われます。

GMOクリック証券
GMOクリック証券

さらに、私はGMOインターネット以外にも、GMOクラウドなどの株を取得しており、
月額980円で利用できるVPSサーバー等をほぼ無料で運用していたりもします。






以上のようにGMO株は、人によっては相当な還元率となるため、強くお勧めできる銘柄の一つです。

(16:50)