32

43

01

32

52

47

台湾や香港の雑誌の記者などが海外でも人気があるアニメの舞台となった大洗町を訪れ、アニメによる町起こしの取り組みを取材しました。

これは、日本の情報を発信してもらうことで、外国人観光客の増加につなげようと国などが行っているもので、台湾と香港のアニメや旅行雑誌の記者など5人が海外でも人気があるアニメの舞台となった大洗町を訪れました。
一行は、アニメにも登場する町の中心部の商店街を訪れ、店先に飾られたアニメのキャラクターや親しみが持てるようにと設置された店主の等身大のパネルなど商店街の活性化を目指す取り組みを取材しました。
続いて、一行は町の商工会を訪れ、商店街の各店舗が買い物客に配るアニメのキャラクターと店の名前が入ったバッジの製作現場を見学しました。
参加者は写真を撮ったり、月にどれくらいのグッズを作っているのかなどと質問しながら取材を進めていました。
台湾のアニメ雑誌記者の蔡惟中さんは「アニメを町起こしにつなげる取り組みを紹介し、より多くの人が日本を訪れるきっかけにしたい」と話していました。
一行は、21日まで日本に滞在して、栃木県の観光施設なども訪れることにしています。