本当に1年経っちゃった!

異例中の異例のロングランを続けた「ガールズ&パンツァー劇場版」、公開当初からこれは本当に凄い作品になったと、ガルパンはヤバイぞいいぞと言っている間に気がつけば立川の”極上爆音上映”、水戸シネプレックスをはじめとするUCの”4DX”、幕張新都心㌠らイオンシネマ自慢の”ULTIRA”、関東だけでなく西は老舗の塚口サンサン劇場、淡路島の洲本オリオン、そして遅れてきた本命川崎チネチッタの"LIVE ZOUND"などなどなど。国内の名だたる映画館のありとあらゆる上映方式を制覇していく本作に「こりゃあ1年くらい上映しちゃうんじゃないかな?」なんて冗談と願望が入り混じったことをつぶやいておりましたが、本日2016年11月21日をもって公開から1年が経過しました。

歴史が変わった。

誇張ではなく、本当に日本映画史上例を見ない事態となりました。全13種類の前売り券第1弾も公開前にはなかなか厳しめの評価を耳にしたものですが、1セット2セットじゃとても足りないくらいに映画館に足を運ぶことになるとは自分自身も驚きです。間違いなく生涯で一番劇場鑑賞した映画です。通年(+α)で上映を続けたシネマシティさんでは26日の特別上映をもってロングラン記録は一旦ストップしてしまいますが、これからも復活上映があれば必ず観に行くんだろうなと確信しています。というか復活上映、絶対あります。だってシネマシティの最終上映回がこの有様ですよ?
05

(そして実はまだ第2弾前売りの5枚綴りの券、使ってないんだよなあ・・・)
640

ここまでガルパン劇場版という作品が愛されてきたのは、素晴らしい作品を作ってくれた水島努監督をはじめとするスタッフ・キャストの皆様のおかげですが、何より音響監督の岩浪美和さんや各劇場スタッフの皆様方の(やや度が過ぎた、という褒め言葉付きの)ノリと勢いが身を結んだものだと思っています。本当に、本当にありがとうございました。

ガルパンはこれから最終章という新たなステージに突入していきます。最終章第1章は来年12月公開予定。待つのは慣れてますから伸びても大丈夫です!でもなるべく早く見せてください!あの劇場版を作ったスタッフの仕事です。絶対に面白いものができるはず。そしてまた極爆や4DXで新たな物語を堪能できる、それを想像するだけでもう楽しくて楽しくて。

そんな未来を夢見つつ、これからも応援を続けます。1周年おめでとうございます。
ガルパンはいいぞ。