2005年11月01日

『SAW2』

SAW2前作よりちょうど1年。ついにあの『SAW』の続編が公開になり、早速見てきましたが、正直な感想を述べるとおもしろい!けれど、前作の方が“はるかに”おもしろい!!でした。やはりジェームズ・ワンとリー・ワネルが後ろに下がってしまったのが一番の原因かなと想います。

前作は閉じ込められた2人の男を中心に、真犯人のジグソウは誰か?という謎解きと、ノコギリをいつ足に入れるのかという“想像させるグロテスク”がたまりませんでした。その想像させるグロとサスペンスの面白さがあったからこそあの鳥肌モノのラストが活きたのだと思います。

ところが今回は閉じ込められるのは男女8人。当然のことですが、観客に8人全員を覚えさすのはムリなので、8人のうち何人かは一人また一人と死んでいくことが容易に予想されるうえに、前作で既に真犯人はジグソウだと分かってしまっているのでサスペンスとしてはやはり前作よりも物足りなさが残ってしまうんですよね。

またこの続編には前作のような謎解きも“想像させるグロ”も存在しません。あるのはジグソウのイヤらしい顔と、スプラッタ映画のような血・血・血!映画の色が大きく変わったのがちょっと残念でしたね。

つまり単に前作『SAW』をベースにしただけの、今までに見たことのあるサスペンスホラー映画みたいに思えてしまうんですよね。
『CUBE』でも『ラストサマー』でも複数の登場人物が始めに出てきて、一人一人殺されていく、よくあるパターンです。何か新しいものを見せてほしかったですね。

ちなみにこの映画が製作される裏側を知るとこうなってしまったのも納得なんです。
というのも前作『SAW』を見て、「これは自分が考えている企画と似ている!」と思ったダーレン・リン・バウズマンがジェームズ・ワンとリー・ワネルの元に自分の企画を打診し、その結果今回の映画が製作されたとか。
そしてジェームズ・ワンとリー・ワネルは全米を回りながら宣伝活動をするという名目で、製作のほとんどをダーレン・リン・バウズマンに任せ、自分たちは他人が引き継いでくれた自分たちの映画で悠々自適な生活をしているとか。
まさに濡れ手で粟状態。羨ましい限りです。

しかし、この映画を見ると明らかに『SAW3』作る気満々ですか?満々ですね。

深夜らじお@の映画館は3作目以降も見ていくつもりです。


acideigakan at 15:44│Comments(2)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのトラックバック

1. ソウ2 Saw II / 2005 米  [ 超個人的映画鑑賞記 ]   2006年11月16日 22:52
5 ソウ2監督:ダーレン・リン・バウズマン出演:ドニー・ウォールバーグ , ショウニー・スミス , トビン・ベル , フランキー・G収録時間:93分レンタル開始日:2006-03-17Storyスリルと謎に満ちた斬新な設定で話題を呼んだサスペンススリラーの....
2. ソウ2/SAW2  [ ソウ2/SAW2: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年03月31日 22:31
前年に大ヒットした傑作サスペンススリラーの第2弾。前作の監督ジェームズ・ワンは製作総指揮を務め、新たにダーレン・リン・バウズマンを監督に迎えた。今回もトビン・ベル扮する“ジグソウ”の仕掛けたゲームに翻弄される人々を描いているが、もちろん、あっと驚く結末が...
【関連記事】 「ソウ」 「ソウ3」 「ソウ4」

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2010年03月31日 23:00
そうですねぇ。何か調べてたら、元々バウズマン監督が書いていた脚本が素晴らしかったから「SAW2」にしたとか。だからリー・ワネルによって一応「SAW」らしくなったというとこなのかもですね。それでも最後に扉を開けたときはまた「うわ〜」ってなりましたけどね。結構面白いスリラー作品だったかなと思います。
2. Posted by にゃむばなな   2010年04月01日 17:57
KLYさんへ

似たような設定の作品を何とかして『SAW』の世界に近づけたことによる物足りなさはありましたよね。
それでもここまでの面白さを確保できたことは、一本の映画としては素晴らしかったと思いますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載