2005年11月19日

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

炎のゴブレットハリー・ポッターの熱狂的ファン、ポタリアンに囲まれながら先行レイトショーで見てきました『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』。

感想を一言で言うと、詰め込みすぎ!

私は一切原作を読んでいないが、明らかに前3作と比べても内容量が多すぎる。
逆に言うと、大した見せ場なんてあったかな〜?程度。

ポタリアンではない私にとってこのシリーズを見る意味は二つ。

一つは、ハーマイオニーとロンの関係。
『賢者の石』『秘密の部屋』の時は幼かった2人。
背の高さもほぼ一緒だったのに、いつのまにかロンはでっかくなり、ハーマイオニーは色気が出てきて・・・そしていつしか互いを異性と意識し始め・・・
まるで幼馴染の男女が思春期で・・・あぁ〜あぁ〜あぁ〜〜おぉいぇ〜!(って私は単なるエロゲー中毒者か!!)

二つ目は、ゲスト俳優陣の豪華さ。
知ってましたか?ゲスト俳優は全員がイギリス人かアイルランド人!

アラン・リックマン(スネイプ先生)、マギー・スミス(マクゴナガル先生)を始め、ゲイリー・オールドマン(シリウス・ブラック)もジェイソン・アイザック(ルシウス・マルフォイ)もイギリス人。
2代目校長先生マイケル・ガンボンはアイルランド人ですけどね。
そして今回はイギリスの名優レイフ・ファインズ登場!!待ってました〜!

で、次の『不死鳥の騎士団』では誰がゲスト出演するのか楽しみ!!
まだ出演していない英国俳優といえば、ユアン・マクレガー、ヒュー・グラント、ジュード・ロウ、ダニエル・デイ・ルイス、リーアム・ニーソン、キーラ・ナイトレイ、ショーン・コネリー、ロバート・カーライル、ジョセフ・ファインズ、エミリー・ワトソンetc...

もしくは宣伝のため6代目ニューボンドも登場か!?
誰も分からんと思うけど・・・?


↓こちらもよろしくお願いします↓
深夜らじお@の映画館

acideigakan at 23:30│Comments(0)clip!映画レビュー【は行】 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載