2005年12月01日

『ALWAYS三丁目の夕日』

ALWAYS三丁目の夕日現在大ヒット中の『ALWAYS三丁目の夕日』。
昭和30年代を知らない世代でも十二分に楽しめる作品。
いや〜まさか、邦画でこんなに感動できる映画があるとは・・・まさに驚き!

吉岡秀隆もやっと「北の国から」の呪縛から解き放たれたかの如く、何かえぇ味出してます。これから買う予定の指輪をはめるシーンは感動、涙涙でした〜。
堤真一・薬師丸ひろ子夫妻の鈴木オート有限会社もオモロイです!!
特に六ちゃんこと堀北真希ちゃんはかわいらしいですね〜。田舎の純情娘っぽくて、おじさん大好きです!

とにかく、観た人全てが幸せな気持ちになる映画『ALWAYS三丁目の夕日』。
まさかこれを、あの未来の武器に頼りまくっていた、のび太くんっぽいヒーローが主人公の『リターナー』の山崎貴監督が撮っていたとは・・・。
山崎監督、やりましたな!えぇ映画でしたで!

思い起こせば、ほんの6〜7年前は邦画で面白い作品なんて1年に1本あるかないかの時代。その頃からすでに映画ファンだった私には「邦画=オモロない」というイメージが未だ定着しています。

窪塚洋介の『GO』、中村獅童・竹内結子の『いま、会いにゆきます』も面白い邦画でしたが、公開1ヶ月もしてから周りの高評価を聞いて映画館で観た記憶があります。
そしていつも「危うく見落とすところやった・・・」と思う始末。今回も同じでしたけどね。

いつの日か、韓国みたいに自国の質の高い、面白い映画が国内で大ヒット連発するような時代が来ることを切に願います。

↓こちらもよろしくお願いします↓
深夜らじお@の映画館

acideigakan at 17:33│Comments(2)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事へのトラックバック

1. ALWAYS三丁目の夕日  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年04月21日 19:20
  評価:★8点(満点10点) 2005年 133min   監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希  須賀健太 家族っていいね!心温まる素敵なシーンが盛りだくさん!     ↑人気ブログランキングに投票お願いします。&a...

この記事へのコメント

1. Posted by あっしゅ   2007年04月21日 19:27
こんばんわ!にゃむばななさん!

最近邦画のレベルが急激に上がってきましたよね!
ボクも「邦画」=おもろないってイメージをずっともってました!
「フラガール」があまりにも良かったのでそれ以来、韓国映画よりも邦画を好んでみるようになりました!

これからも邦画を見続けて行きたいと思っとります!
2. Posted by にゃむばなな   2007年04月21日 21:20
あっしゅさん、コメントありがとうございます。

長年「邦画冬の時代」を見続けてきた我々にとってはこういう映画がこれからもたくさん見れることを是非期待したいですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載