2006年01月15日

『プライドと偏見』

プライドと偏見文芸叙事詩っぽいタイトルに睡魔との格闘を覚悟した思いとは真逆の素晴らしい映画でした。
さすがゴールデングローブ賞の(部門はちと忘れたが)作品賞にノミネートされてるだけある。

5人姉妹の次女が主役の物語って…それ『若草物語』やん!てなツッコミもお構いなしにひたすら静かに流れていくストーリー。

物語もさることながら、映像と音楽が美しい!
アカデミー撮影賞ノミネートされるのでは?というくらい。キーラ・ナイトレイよりも美しかったなぁ〜。(主演女優に失礼な!)

誰もが知らない人と出会うと自己防衛本能からか自分のプライドを守りに走る一方で、他人のことをよく知らないのに少ない情報で偏った見方をしてしまう偏見。
この‘プライド’と‘偏見’を見事に織り合わせた脚本も素晴らしい!

是非アカデミーでも高評価されることを願うばかりなのです。


こちらもよろしくっす↓
深夜らじお@の映画館


acideigakan at 23:05│Comments(0)clip!映画レビュー【は行】 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載