2006年02月23日

『ウォーク・ザ・ライン』

ウォーク・ザ・ラインエルビス・プレスリーの影に隠れたせいか、日本では知名度の低いジョニー・キャッシュの半生を描いたこの作品。
昨年のアカデミーで『レイ』が作品賞にノミネートされてたのに、なぜこの作品が本年度のアカデミー作品賞にノミネートされてないのか疑問なほど素晴らしき映画でした。

幼き日に亡くした兄を忘れられず、またジューン・カーターという女性歌手を生涯想い続けた彼の人生に深く感動(ノД`)。

ジョニー・キャッシュのジューン・カーターを想うことにしても彼の人生を歩むことにしても、まっすぐに歩く(walk the line)ということがいかに困難ながら大切かを彼の人生を通して描かれているので、人生に迷ってる方は是非見ていただきたい。
特に刑務所での復活コンサートには感動せずにはいられませんでした。

またホアキン・フェニックスとリース・ウィザースプーンには是非オスカーを獲得してほしい(≧w≦)!

これほど素晴らしいミュージシャンなのに日本での知名度が低いことに、なんか宮崎駿監督の影に隠れてしまいつつある押井守監督を投影しちゃいました。ということは何十年後かには押井監督の人生を描いた映画ができるかな?

こちらもよろしく↓
深夜らじお@の映画館

acideigakan at 18:54│Comments(0)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載