2006年10月02日

『レディ・イン・ザ・ウォーター』

レディ・イン・ザ・ウォーター物語はいまいちなのになぜか癒されているような不思議な感覚になる。映画を見ている途中から私はこんな違和感を感じていました。やがてエンドロールが終わり、最後に監督のメッセージが映し出された時に全て理解できました。
これはお伽話をそのまんま映画化しただけの作品なんだと。

平々凡々なアパートの管理人クリーブランドの元に突然現れた謎の少女は「青い世界」から来たという「水の精」。奇遇にも東洋のお伽話を耳にした彼はアパートの住民と協力し、恐ろしい野獣に命を狙われている彼女を元の世界へ戻してあげようと奔走するのですが、そこでふと疑問が…。アパートの住民は誰も水の精だという彼女をちっとも疑っていないぞ!
記号論者が子供だったり、守護者が右半身筋肉質兄ちゃんだったりとこれらも不可思議だったのですが、全てお伽話なんだから深く考えてはダメだったんですね。

『ビッグ・フィッシュ』などのお伽話をベースにした映画を見ていると人間の汚い部分をきちんと描く一方で、物語が大人が忘れかけている愛や勇気の大切さを思い出させてくれるメッセージ性がありました。が、この映画にはそんなメッセージ性はほとんどなく、オープニングのアニメーションを実写映像化しただけみたいな、大人向けではなく子供向けに意識されて作られた映画だという感想を持ちましたね。
おそらくシャマラン監督は今後子供向け作品に傾倒していくのではないでしょうか?『ハリー・ポッター』の監督候補に名を連ねているのも納得でしたね。

あとシャマラン監督の出演シーンがやたら多いことやら、監督が評論家嫌いのため劇中で映画評論家だけを殺したことなどはもう少し頭を整理してから、改めてこの監督の未来を考えてみたいと思います。

こちらもよろしく↓
深夜らじお@の映画館

この記事へのトラックバック

1. レディ・イン・ザ・ウォーター/ ポール・ジアマッティ  [ カノンな日々 ]   2006年10月03日 00:02
3 とりあえず「シックス・センス」のM.ナイト・シャマラン監督ってだけで鑑賞決定。迷宮を彷徨うように(彷徨ったことないけど)ミステリアスな展開を期待して事前の予備知識ゼロ状態。TVスポットはちらっと見たけど劇場予告編も観なかったですよん。 出演はその他にブライ...
2. レディ・イン・ザ・ウォーター  [ 晴れたらいいね〜 ]   2007年01月31日 00:07
この映画って、「氷の微笑2」につづいてラジー賞にたくさんノミネートされてるんだよな〜。評判もレビューも、イマイチだったりする。 レディ・イン・ザ・ウォーター 監督:M.ナイト・シャマラン 出演:M.ナイト・シャマラン , ポール・ジアマッティ ,&...
3. レディ・イン・ザ・ウォーター 07045  [ 猫姫じゃ ]   2007年03月12日 14:21
レディ・イン・ザ・ウォーター Lady in the Water 2006年   M.ナイト・シャマラン 監督ポール・ジアマッティ  ブライス・ダラス・ハワード  ボブ・バラバン  ジェフリー・ライト  サリター・チョウドリー  シンディー・チュン フレディ....
4. レディ・イン・ザ・ウォーター  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年05月02日 03:29
この映画、あちらでは物凄いブーイングを浴びたそうで。。。( ^ _ ^; でも観てみないとね。 DVDで鑑賞。 フィラデルフィア郊外のアパート。 住み込みの管理人クリーブランドは、日々雑用や修繕に明け暮れていた。 ある夜、クリーブランドは中庭のプールに女性が潜ん...

この記事へのコメント

1. Posted by にいな   2006年10月02日 19:18
にゃむばななさんこんばんは。
早速ご覧になりましたね?シャマラン監督がその場その場で作って聞かせて御伽噺そのままが映画になっているので、本編自体もつぎはぎチックに感じてしまいました。

ところで政治経済社会のカテゴリーを読み出したら止まらなくなりました。また来ます〜
2. Posted by にゃむばなな   2006年10月02日 23:10
にいなさん、コメントありがとうございます。

シャマラン監督の過去の作品と比べても緻密さが全くないものでしたよ。タイトルに何かしら意味をもたせているのかと期待したのですが…でした。残念!
3. Posted by かのん   2006年10月03日 00:04
>物語はいまいちなのになぜか癒されているような

そうです、ソレソレ。私もそんな感じがしたのに上手く言葉に出来ませんでした。不思議と印象に残る作品でした。

この物語ってそもそも監督が子供のために創作したベッドタイムストーリーを膨らませたものらしいですね。だから劇中でも全てお伽噺で説明してたのかな?
4. Posted by にゃむばなな   2006年10月03日 00:58
かのんさん、たくさんコメントいただきありがとうございます。

お伽話をそのまんま映画化するのはいかがなものかなと思いましたね。
別に我々は映画館に眠りに行っているわけではないのですから、もう少し何かメッセージ性を持った作品にしてほしかったですよ。
5. Posted by 睦月   2006年10月03日 02:21
こんばんわ!TB&コメントありがとうございました。

単純に現代を舞台におとぎ話をなぞらえるだけの物語展開には、もう少しひねりが欲しかったなあと思いました。

シャマラン監督はしばらく、俳優業に専念したほうがいいのではないでしょうか?
6. Posted by にゃむばなな   2006年10月03日 02:46
睦月さん、コメントありがとうございます。

シャマラン監督はかなり演技がうまくなってますよね。タランティーノよりうまいと思いました。これなら監督業を廃業しても大丈夫そうですね。
7. Posted by けむけむ   2006年10月03日 07:50
コメントありがとうございました^^
またおじゃましますね♪
この映画すごく気になってます。御伽噺なんですね。。
8. Posted by ジグソー   2006年10月03日 11:26
どうも!
確かに物語りはイマイチでしたが癒される。そんな不思議な映画ですね。
そんなに面白い話じゃないのに何か引き込まれてみてました。
ラストがあっけなかった気がします。
結局何が言いたかったの?って感じになっちゃったのが残念でした。
子供に聞かせていた話を映画化するって事はもしかしたらもうネタ切れなのかもしれませんね。
9. Posted by にゃむばなな   2006年10月03日 15:48
けむけむさん、コメントありがとうございます。

始めからお伽話として見たらまた違う感想を持てるかも知れませんよ。
興味あったら見てみてください。
10. Posted by にゃむばなな   2006年10月03日 15:52
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

ラストの映し方はうまい!と思いましたね。さすが『HERO-英雄-』の撮影監督クリストファー・ドイルだけありましたよ。

それからシャマラン監督もネタ切れという意見には少し賛同できますね。もう『シックス・センス』を越える映画は作れないんでしょうね。
11. Posted by 伽羅   2006年10月04日 22:11
こんばんは〜!!
駄作といえば駄作なんですが、
ここ最近のシャマラン作品と違って、
不思議とムカつきませんでしたし、
後味はそんなに悪くありませんでしたね。
やっぱドイルの撮影マジックかしら?
12. Posted by にゃむばなな   2006年10月04日 22:35
伽羅さん、コメントありがとうございます。

今までの作品と違いムカつかないという感想はすごく共感できます。
やっぱり今回の作品はクリストファー・ドイル効果じゃないですかね、そちらも共感です。
13. Posted by ちゃぴちゃぴ   2007年01月31日 00:06
TB&コメントありがとうございます。

癒し…そう、観てから多少日にちが経った今、そう感じるところは確かにありますね。
「ヴィレッジ」よりは、直球〜っていうかんじで、好感はあります。ただ、お話としては、住人がすんなり聞いたりの不思議な無理感が、なぜかぬぐえませんでした。

 >監督が評論家嫌いのため劇中で映画評論家だけを殺したことなどはもう少し頭を整理してから、改めてこの監督の未来を考えてみたいと思います
そうなんだ!知りませんでした!
14. Posted by にゃむばなな   2007年01月31日 21:42
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

そうですね、ちょっと現実離れしたところがあるかと思えば、妙に現実味溢れるシーンがあったりでバランスのいい映画ではありませんでしたね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載