2006年10月28日

『トンマッコルへようこそ』

トンマッコルへようこそ久石譲さんの楽曲を聞いてると『となりのトトロ』を思い出すようなほのぼのとしたトンマッコルという村にやってきたアメリカ人パイロット1名、部隊を離れた韓国兵2名、部隊を失った人民軍兵3名。始めはいがみ合う6名でしたが、純朴すぎるほど純朴な村人たちの雰囲気に流されてというか、呑み込まれてというか、いつしか仲良く暮らし始めます。しかし朝鮮戦争真っ只中のご時世、村にもやがて戦争の影がやってくるというお話。

映画自体はトンマッコル村のようにのんびりとしていますが、戦争という緊張が随時見え隠れするのがよかったですね。一生懸命働いて、腹一杯食べて、時間を忘れるくらいに遊んでという子供みたいな純真な心のまま生活ができることこそが本当の平和であり、そういう生活ができる場所が本当の意味での楽園であり、心のふるさとなんだと思いました。
その反面、映画のあちこちに戦争をコケにしたような描写がとにかく笑えました。例えば軍用ヘルメットを洗面器と言ったり、手榴弾でポップコーンを作ったりと爆笑はしませんでしたが、それなり笑わしてもらいましたよ。

この映画を見ると戦争って何なんだろう?って思います。特に朝鮮戦争は同じ民族同士の戦争でしたが、国家や民族や言葉が違っても笑顔で暮らすことは十分可能なんですよね。
私は人は敵を制圧するために戦うのではなく、大事な人を守るために戦うものなんだと思います。ですから映画の後半でトンマッコルにやってきたあの6名が力を合わせて村を守ろうとするのも、やっと手に入れた心の拠り所を守るためだと思うのです。心の拠り所に国境線も宗教も肌の色も関係ないですよね。この6名の中にアメリカ人パイロットがいる理由もそういったことを描きたいがための設定だと思いました。

この映画は合成丸分かりのチープな映像を使ったイノシシとの格闘シーンや暗闇の雪原を照らす爆弾の閃光など、味のある映像や美しい映像がとても記憶に残る作品でした。
できることならば私もトンマッコルのような場所で蒸かしたジャガイモをほおばり、草むらに寝転がって青空を心ゆくまで眺めてみたいですね。

ちなみにカン・ヘジョン演じるヨイルはトンマッコルそのものを表していた存在だったと思います。その辺についてはまた後ほど詳しく。

深夜らじお@の映画館は映画『手紙』をオススメします。

この記事へのトラックバック

5 今年、大々々本命にしていた韓国映画で、DVDも試写会も見向きもせずにこの日を待ってました。ジブリの実写版なんていう評判も耳にしたけど、久石護さんのすばらしい音楽によるところも大きいですよね。 +++ちょいあらすじ
2. トンマッコルへようこそ  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年10月29日 23:32
笑顔が一番 つよいのです。 評価:★8点(満点10点) 2005年 132min 監督:パク・クァンヒョン 主演:シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘギョン 【あらすじ】1950年代の韓国で、米国空....
3. トンマッコルへようこそ 06年211本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年11月01日 02:08
トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高がフラガール...
4. 映画「トンマッコルへようこそ」  [ 茸茶の想い ∞ 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり ]   2006年11月02日 01:10
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終焉を迎えよ...
5. 真・映画日記『トンマッコルへようこそ』  [ CHEAP THRILL ]   2006年11月02日 11:45
10月31日(火) 朝、通勤〜スタバのコーヒータイムでなんとか日記を更新。 どうもここのところ、日記が尻切れとんぼ気味。 反省したい。 仕事は月末なので多いような少ないような。 午後6時20分に終業。 神谷町駅から六本木へ。 3の出口から出てシネマート六...
6. 今年の韓流映画NO1「トンマッコルへようこそ」  [ bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ ]   2006年11月05日 15:14
いやあ〜 3ヶ月前の 完成披露試写会で鑑賞済みだったのに 記事アップが公開されてからに なってしまった「トンマッコルへようこそ」 はっきり言って 今年公開された韓国映画の中で 一番の感動作品でした。 もともとは舞台劇だが 昨年の韓国映画業界で 興行収入トップにな...
7. 【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年11月06日 20:34
4 「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでした。 ...
8. 「トンマッコルへようこそ」見てきました。  [ よしなしごと ]   2006年11月16日 23:11
 この映画の名前を見ると「マッコリ」を思い出すなぁ??。なんて考えていたら、チケットを買う時に「トンマッコリへようこそ1枚」なんて言ってしまい恥ずかしい思いをしました。と言うわけで、トンマッコルへようこそを見てきました。
9. トンマッコルへようこそ  [ 明け方シネマ ]   2006年11月17日 22:53
 朝鮮戦争のさなか、人民軍の兵士と韓国軍の脱走兵、連合軍の米兵士が平和な村「トンマッコル」に迷い込み、戦いのむなしさを悟っていくというストーリー。  北朝鮮と韓国の兵士がひょんなことから友情を結ぶ、という話は韓国映画「JSA」(00年)が記憶に新しいです。...
10. 映画【トンマッコルへようこそ】  [ Chateau de perle ]   2006年11月18日 02:55
【トンマッコルへようこそ】 公式サイト 監督 パク・クァンヒョン 出演 チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン、ソ・ジェギョン、他 あまりの評判の良さと 自分自身で予告を観た時の直感を信じ、 つい最近までノーチェックだった 【....
11. 「 トンマッコルへようこそ」  [ 共通テーマ ]   2006年12月03日 15:32
1950年代、朝鮮戦争中、戦争とはまるで無縁の山奥の平和な村トンマッコル。アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍2人、人民軍の3人がそんな村へやってきて…。久石譲が音楽を担当したこの映画、あなたのご感想をどうぞ。
12. トンマッコルへようこそ ≪油断していたら、まさかの漢泣き!≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年03月05日 02:05
4 評価:80点 笑顔が一番つよいのです。 WELCOME TO DONGMAKGOL 【監督】パク・クァンヒョン 【原作】チャン・ジン 【脚本】チャン・ジン/パク・クァンヒョン/キム・ジュン 【音楽】久石譲 【出演】シン・ハギュン/チョ...
13. mini review 07031「トンマッコルへようこそ」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年03月10日 16:14
カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28〜 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和...
14. トンマッコルへようこそ  [ Kio -朔北- De nuevo ]   2007年05月20日 11:51
久しぶりに韓国映画見ました。 『トンマッコルへようこそ』です。 [原 題] ウェルカム・トゥー・トンマッコル 웰컴 투 동막골 [英 語 題] Welcome To Dongmakgol
15. 韓国芸能人コ・スについてとカン・ヘジョンとは?  [ 韓国の芸能情報って?新聞など拾い物韓国芸能ニュースも!? ]   2007年07月26日 06:58
コ・スの名前の由来は高いのコ(高)、水辺のス(洙)からきているそうだ。祖母がつけ...

この記事へのコメント

1. Posted by 映画で栄華な夢ゴコチ   2006年10月28日 23:27
5 “にゃむばなな”さんコメントありがとうございました。
『トンマッコルへようこそ』、本当に心に残る映画でしたね。
心に傷を負ったピョ少尉がリ・スファ中隊長に少しずつ打ち解けていくのが印象的でした。
2. Posted by にゃむばなな   2006年10月28日 23:50
映画で栄華な夢ゴコチさん、コメントありがとうございます。

南北兵士だけだと『J.S.A.』みたいになってたと思いますが、アメリカ人パイロットが一人入るだけでここまでいい映画になるとは驚きでしたよ。
3. Posted by あっしゅ   2006年10月29日 23:35
こんばんわ。あっしゅです。
コメント&TBありがとうございます。

現代の人間達が忘れているモノ、それがトンマッコル、理想郷なのかもしれないですねぇ。
戦争の本当の意味に関して考えさせられるいい映画だったと思います。
4. Posted by かのん   2006年10月30日 00:02
TBコメントありがとうございました。

韓国映画が日本で公開されるとき誇張されたような宣伝がいつも気になってたんですが、この作品に関しては評判通りで文句なしでした。おぼろげながら韓国が北朝鮮に対して太陽政策を掲げる理由もみえたような気がしました。平和には太陽とご飯と温かい気持ちが大切なのかもしれませんね。
5. Posted by にゃむばなな   2006年10月30日 12:38
あっしゅさん、コメントありがとうございます。

私もトンマッコル=理想郷であると思いますね。本当に戦争って何の意味があるのか疑問に思ってしまう映画でしたね。
6. Posted by にゃむばなな   2006年10月30日 12:42
かのんさん、コメントありがとうございます。

おすぎさんの解説が入るTVCMを見たときは私も少し不安だったのですが、韓国No.1ヒットも納得の出来でしたね。
太陽とご飯と温かい気持ちがあれば世界は平和になるんですね。
7. Posted by ミツ   2007年03月05日 09:34
こんにちは!

やはり韓国映画は面白いですよ。「韓流ブームに陰りが?」みたいな事がワイドショー等で言われていたりもしますが、決してつまらない映画ばかりになったわけではありません。でもそのブームで、もてはやされるような映画は大体がロクなもんじゃないと思っていますが(笑)だから面白い韓国映画というのは、勿論そういうブームとは別のポジションにいる映画ですね。だから世間一般の韓国映画の評価と僕のそれは大分違います。

しかし『トンマッコルへようこそ』は映画ファンのみが評価するようなものではなく、一般ウケも出来る内容だったので、とてもバランスが良かったです。
8. Posted by にゃむばなな   2007年03月05日 20:42
ミツさん、コメントありがとうございます。

安易な韓流ブームのおかげで韓国映画もハリウッド映画みたいにくだらない大作にだけ注目が集まり、こういった小品でも質の高い作品が素通りされていくのは非常に残念ですね。

『トンマッコルへようこそ』みたいな映画を多くの人が見て楽しめる土壌にならない限り、日本の映画業界に明るい未来は見えないような気がします。
9. Posted by kimion20002000   2007年03月11日 11:37
TBありがとう。
おっしゃるとおりだと思います。
僕は、この元になっている、戯曲やハングルはわからないけど(笑)、劇も見に行きたくなりましたね。
10. Posted by にゃむばなな   2007年03月11日 17:32
kimion20002000さん、コメントありがとうございます。

こういう生活ができればこの上ない幸せが味わえるんでしょうね。
あぁ〜、日本にはトンマッコル村はないのかなぁ〜?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載