2006年11月02日

『虹の女神』

虹の女神岩井俊二監督作品の中では『Love Letter』は大好きですが、『リリィ・シュシュのすべて』は大嫌いです。そんな私にとってこの映画はちょっと微妙でした。もし岩井俊二自ら監督していたらどんな作品になっていたのかな?という興味はありましたけど。

映像製作会社に勤める智也はTVニュースで大学時代の親友あおいの航空機事故死を知る。自分を映像製作の世界に引き入れてくれた彼女は恋や将来の悩みを相談し合えるかけがいの存在。やがて告別式の数日後、あおいの家を訪れた智也は彼女が抱いていた自分への思いを知るというお話。
映像のタッチは『リリィ・シュシュのすべて』っぽい感じでしたね。ストーリーを章ごとに分けているので、とても見やすい映画ではあります。
ただなんか物足りない気がしたんですよね。私は岩井俊二関連作品と言えば『Love Letter』に代表される硝子細工みたいな映像を期待してしまう派なので、そこが物足りなかった原因なのかな?

ただこの映画のストーリーはかなり好きです。
コンピューターの使い方もよくわかっていないくせに怒鳴り散らす先輩社員みたいな傲慢と34歳なのに26歳と言い張る相田翔子演じる謎女みたいな欺瞞に満ちた世の中で唯一本当に信じれるもの、それが愛情や友情などの心の繋がり。
でもそんな心の繋がりもひとつ間違えば気まずい関係になってしまうことを恐れるあおいと、そんなことには鈍感すぎるほど鈍感な智也。映像は硝子細工みたいではないのに、ストーリーは本当に硝子細工みたいにすごく繊細で美しかったです。
でも『花とアリス』に続き、相田翔子さんはいつもよく分からない役で登場しますが、あれは何かのメタファーですかね?

あと上野樹里の妹役で蒼井優ちゃんが盲目少女を演じてますが、やっぱり彼女はすごい女優さんですね。主役でも脇役でもいつも独特の輝きを放っていますよね。彼女の出演作品を見るのが最近すごく楽しみです。

深夜らじお@の映画館は映画『手紙』をオススメします。

この記事へのトラックバック

1. 虹の女神by秋本鉄次さん  [ 試写室だより ただいま編集中! ]   2006年11月02日 20:18
さて、昨日の続き。メールマガジン「試写室だより封切はこれからだ!」最新号から【封切は終わったけれど…】秋本鉄次さんの巻その3(最終回)。本日も昨日のコメントから続けてお読みください。見る前、絶対つまらない予感、と思って見た「虹の女神」が意外とよかった。...
2. 映画感想「虹の女神」  [ 三匹の迷える羊たち ]   2006年11月05日 07:25
映画感想「虹の女神」 【評価】★★★★ 【切なさ】★★★★ 【恋愛】★★★ 【原案】★★★★ 【青春】★★★ 【笑い】★★★ 【エロ】 恋愛映画なんてクソなものが多いわけですが、この映画は良かったですねー。 ちょっと青臭いところがありますが、ひさしぶり....
3. 「虹の女神 rainbow song」 いつも見えていたのに…  [ 明日へのヒント by シキシマ博士 ]   2006年11月08日 00:09
おおげさな宣伝や膨大な制作費を掛けなくても、気負わずに丁寧に作られた良作が次々に繰り出される今年の邦画界。 この作品もまさに、そんな状況を象徴している気がします。 岩井俊二プロデュース・熊澤尚人監督作品「虹の女神 rainbow song」。
4. 虹の女神/Rainbow Song  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年06月10日 18:25
4 評価:70点 《世界最後の日に、二人を繋ぐは奇妙な虹》
5. 虹の女神 Rainbow Song  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年09月09日 12:38
蒼井優ちゃんが出てるなんて知らなかったぁ〜!存在感では上野樹里より蒼井優かな!                       評価:★4点(満点10点) 2006年 118min 監督:熊澤尚人 出演:市原隼...
6. 虹の女神 Rainbow Song  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年11月25日 21:02
 『いちばん近くにいた人が いちばん遠くに行ってしまった 失って、はじめて気づいた―大切なひと』  コチラの「虹の女神 Rainbow Song」は、「花とアリス」の岩井俊二監督が、自身の作品以外ではじめてプロデュースした、美しくせつない感動の物語です。監督は、「親...

この記事へのコメント

1. Posted by くぅ   2006年11月02日 22:49
テーマはいいのに微妙でしたよね…それに物足りないには同感です!

一緒に観た友達は岩井作品にまがい物とか毒吐いてましたよ。(笑)岩井さんが監督だったらまた違ったかもしれないですよね…。

しかし、蒼井優ちゃんは素晴らしかったです!


2. Posted by にゃむばなな   2006年11月02日 23:26
くぅさん、コメントありがとうございます。

岩井作品のまがい物か…
分からなくもない表現ですね〜。岩井俊二関連作品は見る人によって評価が大きく変化しますからね。
3. Posted by ぬこCEO   2006年11月03日 04:09
この映画、多くの人から岩井俊二監督作だと思われてますよね。
宣伝もはっきりとは言わないながらも、できる限り岩井作品だと勘違いさせようとしてる雰囲気がありますね(笑)

いただいたバトンやりました。
よかったら見てみてください!
4. Posted by にゃむばなな   2006年11月03日 21:25
ぬこCEOさん、コメントありがとうございます。

宣伝が本当に岩井俊二監督作品みたいでマスコミの適当な宣伝態度が嫌ですよね。

で、ブログバトン拝見させていただきました。
さすがサム・ライミ好きだけあって鋭い意見の数々でしたね。私も『ギフト』は好きな映画ですよ。
5. Posted by ミツ   2007年06月10日 18:42
こんにちは!

僕は『Love Letter』も『リリィ・シュシュのすべて』も両方大好きです(笑)今思いましたが、岩井俊二監督作品でハズレと感じた映画は無いですね。最低でも標準レベルの水準はキープしてくれています。まだ全作品を観たことがあるわけではないので、断言は出来ませんが。

蒼井優は良い女優ですよね。僕も毎回引き込まれてしまいます。特別キレイだとか、群を抜いて演技が上手いと思うわけではないんですけどね〜。オーラがあるとでも言うべきなんでしょうか。長澤まさみ、宮崎あおいやら、日本では数少ない映画女優予備軍だった子たちが、半ばアイドルとなってしまった今、蒼井優に期待する気持ちは大きいです。
6. Posted by にゃむばなな   2007年06月10日 20:53
ミツさん、コメントありがとうございます。

女優とアイドルの狭間で中途半端な感じになっている人が多いなか、蒼井優ちゃんに対する期待は増すばかりですよ。
ほんと、彼女のこれからが楽しみですね。
7. Posted by あっしゅ   2007年09月09日 12:37
コメントありがとうございます!

蒼井優ちゃんはやっぱり何やらせてもうまいですよね!
着物や浴衣がすごく似合う女優さんだと思います!
市原隼人君はどうも受け付けませんでした、、、。
8. Posted by にゃむばなな   2007年09月09日 13:08
あっしゅさん、コメントありがとうございます。

ははは〜、あっしゅさんは市原クンがダメなんですね。
まぁ誰にでも何故か生理的に受け付けない俳優さんっていますもんね。

それに比べ、蒼井優ちゃんの見事な存在感と演技力は最高でしたね!
9. Posted by miyu   2008年11月25日 21:03
本当蒼井優ちゃんって、
登場するだけで独特のオーラで
スクリーンを染めちゃうんですよねぇ〜。
彼女自身のイメージは白なのに、
不思議な女優さんだわぁ〜。
10. Posted by にゃむばなな   2008年11月26日 14:39
miyuさんへ

蒼井優さんって、特別眩しいオーラを放っている訳ではないのですが、どの映画でもその作品にあった素晴らしい演技をしてくれるので、この映画でも彼女にえらい助けられたイメージがありましたよ。
本当に素晴らしい女優さんですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載