2006年12月09日

『硫黄島からの手紙』

硫黄島からの手紙日本映画界では作れない、しかし日本が作らなければならなかった映画であり、クリント・イーストウッド監督を始めとするアメリカ人がこの映画を作ったことに感服してしまった素晴らしい作品でした。
改めて硫黄島の戦いのことを何も知らない自分を恥じるとともに、現在この平和な日本に生きる全ての日本人はこの映画を見る義務があるとまで思えるほどでした。

アメリカが5日で落せると予想した硫黄島を36日間も守り抜いた栗林中将以下の2万人の日本兵。飲料も食料も弾薬も医薬品も、そして援軍も希望もないままひたすら戦い続けた彼らもまた『父親たちの星条旗』のアメリカ兵同様に、愛する家族や戦友のために戦っただけなんですよね。
妻に会いたいだけの西郷、犬を殺すことが平和に繋がるとは思えず悩み苦しむ元憲兵の清水、ただ単に軍人として死にたいだけの伊藤中尉、かつて自分が栄光を掴んだ国と戦わなければならないもどかしさを持った西中佐と栗林中将。みんな戦争がしたいのではなく、自分の正義を貫きたいのに貫けず苦しんでいるだけ。この映画を見ると『父親たちの星条旗』と同様に、いやそれ以上に「戦争の意義」と「正義」が全くわからなくなります。

先日もこの『硫黄島からの手紙』がナショナル・ボード・オブ・レビューの最優秀作品賞を受賞したというニュースが流れましたが、この作品をアメリカが認めたということはすごく意義のあることだと思います。アメリカ兵の捕虜虐殺、「墓穴を掘る」「鬼畜米英」などの日本語独特の言い回し、介抱した敵兵の母の愛を記した手紙など観客に深く考えさせるシーンが多くある映画であり、今までにあるようでなかった新しい映画だと思います。

またキムタクなど比にならないほど二宮クンの演技も素晴らしく、製作陣の硫黄島に対する熱心な勉強ぶりも大いに感じられるこの映画。とにかく感想が語りにくい作品ですのでレビューもうまくは書けませんが、このお正月映画の中ではダントツで出来の良さが光る作品なので是が非でもオススメします。

深夜らじお@の映画館は映画『硫黄島からの手紙』を激しく応援します。

この記事へのトラックバック

1. 硫黄島からの手紙 ジャニーズ俳優  [ 映画@古典映画情報 ]   2006年12月16日 23:47
この映画のもう一つのドラマは、一兵卒二宮でした。 この俳優がジャニーズであったこ
2. 「硫黄島からの手紙」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年01月03日 05:04
4 「硫黄島からの手紙」(2006) 《硫黄島で散った男たちから届けられる、世界へのメッセージ。》 1/2新宿ミラノ1にて観賞 introduction 監督・脚本・音楽:クリント・イーストウッド cast 渡辺謙、二宮和也、加瀬亮、伊原剛志、中村獅...
3. 硫黄島からの手紙 ≪イーストウッドの視点は常に客観的≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年01月26日 21:07
4 評価:80点 Letters from Iwo jima 【監督】クリント・イーストウッド 【製作】クリント・イーストウッド/スティーヴン・スピルバーグ/ロバート・ロレンツ 【製作総指揮】ポール・ハギス 【原作】栗林忠道/吉田津由子 ...
4. 硫黄島からの手紙  [ 晴れたらいいね〜 ]   2007年02月01日 22:01
水曜ですもの二本立てにしてしまいました。「幸せのちから」にしようか、地下鉄ノってMOVIXまで移動して「ラッキーナンバー7」にしようか、やっぱ「007」?と悩んだんですがねぇ。時間のこともあるし、大画面でこそっていうのが淘汰の決め手。しかし、濃い二本立てにして...
5. 硫黄島からの手紙 ▲83  [ レザボアCATs ]   2009年06月07日 00:55
'06年、アメリカ映画原題:Letters from Iwo Jima監督:クリント・イーストウッド脚本:アイリス・ヤマシタ、ポール・ハギス製作総指揮:ポール・ハギス製作:スティーブン・スピルバーグ、ロバート・ローレンツ、クリント・イーストウッド原作:栗林忠道撮影:トム・スター....
6. 絶望からの脱出 1 「硫黄島からの手紙」  [ ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋 ]   2009年10月15日 19:12
「硫黄島からの手紙」  ハリウッド臭さの無い秀作       【公開年】2006年  【制作国】米映画  【時間】141分  【監督】??.
7. 硫黄島からの手紙  [ BLOG RYU ]   2015年05月21日 20:11
硫黄島の攻防戦を、日本側の栗林中将率いる陸軍の師団の徹底抗戦の下に、描き出す物語である。硫黄島は、日本の敗北が、聯合艦隊の壊滅と制海権、制空権共に、アメリカに奪われた事によって、濃厚になった時期に起きた戦いであり、大本営によって、捨て石にされた部隊の最後

この記事へのコメント

1. Posted by みわりん   2006年12月09日 20:45
こんばんは。
私もこの映画のことを少しですが書きました。ヒナゴン主役の伊原剛志さんが出ておられるので・・観たいです!
2. Posted by にゃむばなな   2006年12月09日 21:42
みわりんさん、コメントありがとうございます。

伊原さんの役はよかったですし、演技も素晴らしかったと思います。特に彼の最期はとても男らしく、伊原さんのイメージにぴったりだと思いましたね。
3. Posted by ふくちゃん   2006年12月09日 21:48
5 いつもながらの素晴らしい書き込みに感動しています。〈硫黄島からの手紙〉知らず知らずに涙が流れてきて…二度とこのような悲しいことが起きないように あなたもおっしゃるように 心ある日本人ならば このイーストウッド監督の熱い思いを受け取ってほしいですね。監督絶賛の二宮君の演技は想像以上で…言葉にならない悲しみが胸の奥深くまで伝わってきました。キムタクと比べるなんて…その値もありませんよ。なにはともあれ〈硫黄島からの手紙〉は珠玉の名作ですね。外国で絶賛されているのも納得ですね。どうか平和ボケしている、お笑いブームに浮かれている日本人にも この映画のよさをわかってほしいですね。心からそう思いました。
4. Posted by にゃむばなな   2006年12月09日 22:09
ふくちゃんさん、コメントありがとうございます。

私自身、失礼ながら二宮クンにここまでの演技力があるとは思いませんでした。
仮に彼が次作からハリウッドに舞台を移しても何の違和感もないくらいに感動しました。

私はこの映画を見て泣いてはいけないような気がしたので残念ながら泣けませんでしたが、それでもこの映画が【珠玉の名作】に値することは間違いないと思いましたね。
5. Posted by legalmatter   2006年12月09日 23:49
他のどの邦画よりも台詞回しがしっかりしてましたね。
中村獅童さんの役どころも良かったです。純愛映画にはもう出られないだろうからこういう感じで頑張って欲しいですね。
6. Posted by にゃむばなな   2006年12月10日 15:02
legalmatterさん、コメントありがとうございます。

確かに台詞回しは邦画洋画の枠を越えて素晴らしかったと私も思いましたよ。
あと獅童さんですが、三行半直後とあってか、あの役がすごく似合っていたような気がしましたね。
7. Posted by ちゃぴちゃぴ   2006年12月10日 18:00
やっぱり今の日本では、出来ないんですね〜。
そしてクリント・イーストウッド監督は、やはりタダモノではないんですね。
ちょっと気にはなるけど…程度だったんですが、ここにきてすごく気になるな…この映画。
二宮クンも、えっ〜?だったんですよ。
ジャニーズの方々には、演技派が意外にいますが、彼はそうでもないと思ってました。よく考えると役者二宮を観た記憶がないかも。
台詞まわしがイイのも楽しみ。
8. Posted by にゃむばなな   2006年12月10日 20:55
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

この映画は是非見てください。この冬一番のオススメですよ!
演出、台詞回し、そして二宮クン…あらゆる面で素晴らしい作品ですから!
9. Posted by 耕作   2006年12月12日 06:08
おはようございます♪
この作品で、本当に印象的だったのは、他にもいろいろありますが、特に日本映画のような「情緒的な描写」を一切排除した事と、海兵隊員が憎しみからではなく、「面倒臭い」からと日本兵捕虜を虫ケラのように射殺したシーン。
これは日本映画では、逆立ちしたって出来ない事だと思います。
あと、不安だったジャニーズの二宮和也君の演技。
意外にも良かったですけど、考えてみればジャニーズの子達も、某宝塚とまではいかなくても、それなりの選抜があり、それなりの下積みがあるんですよね(笑)
先入観は良くないと改めて思いました(爆)
てな感じで、コメントありがとうございました。
10. Posted by にゃむばなな   2006年12月12日 20:48
耕作さん、コメントありがとうございます。

確かにジャニーズは選抜制で下積みもかなりある世界ですが、私は最近の20歳前後のジャニタレの「それなり」程度の演技に少しがっかりしていたところでした。
しかしこの映画における二宮クンは最高でした。彼の最後の涙は役者にしか流せない涙だったと思いましたね。
11. Posted by ジグソー   2007年01月03日 05:36
どうも!
遅ればせながら観てきました。

本当に殺伐としていて暗い話ですが、色んな事を考えさせられる作品でした。

「今に生きていてよかった」と心から思いました。
12. Posted by にゃむばなな   2007年01月03日 14:40
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

そうですね、「今に生きていてよかった」と思う反面、この硫黄島の戦いについて何も知らない自分に恥ずかしくなってしまう作品でしたね。
こういう映画をアメリカに作られてしまうのも日本人として情けなくなりましたね。
13. Posted by ミツ   2007年01月26日 21:56
こんばんは!

イーストウッドは『ミスティック・リバー』、『ミリオンダラー・ベイビー』と、良作をコンスタントに発表し続け、挙句の果てには一年に二作も同時に発表するんですから、そのバイタリティーの高さには頭が下がります。しかもその二作ってのが、大作になる事が必至の戦争映画っていうんですから、さらに感心してしまいますよ。で、トドメはそれらがどちらもクオリティーが高いってことです(笑)

ここまで映画監督として大成した役者は他にいるんでしょうか?まぁ、他にいたとしても、その筆頭にイーストウッドが挙がることは間違いないですよね。
14. Posted by にゃむばなな   2007年01月26日 23:00
ミツさん、コメントありがとうございます。

ロバート・レッドフォードは新人発掘に明け暮れ、メル・ギブソンは古代言語で映画を撮るのに没頭、ケビン・コスナーは未だに過去の失敗を悔いてるなか、イーストウッド監督だけは素晴らしい作品を常に作り続けているなんて、映画監督として本当に素晴らしい方だと思いますよ。
是非長生きしてもらいたいものですね。
15. Posted by ちゃぴちゃぴ   2007年02月01日 22:05
何とか劇場で観ることが出来ました。
圧倒されましたねぇ。
私も、大あわてで後から「硫黄島の戦い」についてしらべたりしてみました。
邦画のようですが、これだけのjobはできませんねぇ。うん
色合いが、またよかった。
俳優さんも、いい仕事してました。
観てよかったです。
16. Posted by にゃむばなな   2007年02月02日 21:54
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

日本映画には表現できない演出と色合い。イーストウッド監督の素晴らしさを存分に味わえる作品だと思いますよ。
日本人なら誰しもが見なければならない映画ですね。
17. Posted by とらねこ   2009年06月07日 01:02
こんばんは、にゃむばななさん。
もしかしたら『父親たちの星条旗』の方はレビューはないのですね、TBのミスなのかと思って探したのですが、そんなミスはにゃむばななさんがするわけはありませんね(笑)
そして、『父親〜』の方にもコメントをくださり、ありがとうございました。
本当に、画面の美しさ一つにいたっても、きっと適わなかったのではないか、と考えると、打ちひしがれてしまうような作品でありました。

ところで、ターミネーター4、もうご覧になっていらっしゃるのですね、早いなあ〜。
私は映画館で見ようかどうしようか悩んでいるんですよ。
18. Posted by にゃむばなな   2009年06月07日 14:04
とらねこさんへ

日本映画を見ているような感覚も持ちつつ、でも細かいところなどはやはりハリウッド映画という、映画ファンであればあるほどそのレベルの高さを認識できる傑作でしたよね。
こういう映画を日本でも作れる日が来ればいいのですが。
19. Posted by なな   2009年12月04日 22:17
>日本映画界では作れない、しかし日本が作らなければならなかった映画・・・

まさにその通りですよね。
アメリカでこんなに完成度の高い作品として作ってもらって
日本人としては情けないような有り難いような・・・
複雑な面もありますが,素晴らしい作品であり
感動ももちろんですが,その史実からは教えられることも多かった作品でした。
あらためてイーストウッドの偉大さに敬服の思いです。
20. Posted by にゃむばなな   2009年12月04日 23:19
ななさんへ

日本人以上に日本の歴史に詳しいと思えるほどの映画でしたよね。
こういう映画をいつか邦画で見てみたいものですよ。
21. Posted by    2015年05月21日 20:13
戦前は、敗戦のイメージが強いですが、そうした不利な戦況の中で、傑出した英雄というと、やはり能力よりも、人格的英雄が高くみられるのでしょうね。

栗林さんは、痛快なタイプの方ではありませんが、外地にあって、刻一刻と変化する戦況を読めなくなって、焦りが出てからの方が、普段の渡辺さんの演技らしくて好きでした。

思い切ったキャストだと思いますが、戦争ものというと、サイドを固める俳優陣の素晴らしさがありますね。
22. Posted by にゃむばなな   2015年05月24日 10:43
隆さんへ

そうですね、栗林氏は人格的な英雄ですね。
敗戦が分かっていても、本土を少しでも守れるならとの覚悟。
これは本当に美しく素晴らしいものだと思いますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載