2006年12月18日

『ファーゴ』

ファーゴ今日は寒かったですね。こんな寒い日には絶対に見たくない映画といえば、映像も物語も凍えるように冷たい『ファーゴ』ですよね。実話を基ににたこの作品は第69回アカデミーで主演女優賞と脚本賞に輝いた、ジョエル&イーサ・コーエン兄弟の最高傑作です。

物語はいたってシンプルです。雪深い田舎町で会社の経営がうまくいかないダメ夫が義父の資産を狙い、自らの妻を誘拐してもらう計画を立てます。もちろん偽装誘拐となるはずでしたが犯人役の2人組が警官を殺してしまったことなどで、計画は思わぬ方向へと狂い始めてしまうというものです。

とにかく雪で真っ白な世界で起こる人間のもっとも冷たい行動の数々。特に犯人役のスティーブ・ブシェミの扱われようは可哀想すぎます。元々非常に個性的な顔の彼ですが、この映画の中で散々変な顔と言われまくります。その挙句に最後は相棒のピーター・ストーメアによってミンチにされるなんて・・・。この映画の中で最も冷たいシーンでしたね。雪に飛び散る血がなんとも言えないほど恐ろしかったです。
またジョエル・コーエン監督の妻でもあるフランシス・マクドーマンドが演じる事件を追う女性警官が妊婦という設定やウィリアム・H・メイシー演じるダメ夫も相変わらずのハマリ役でしたし、その他映画のあちこちにコーエン兄弟らしいブラックユーモアの効いた要素が散りばめられていましたよ。

私は個人的にはコーエン・ファミリーがたくさん出演している『ビッグ・リボウスキ』の方が好きなのですが、この映画もかなり好きです。
確かこの映画からピーター・ストーメアがファミリーに加入したはず。最近は大作でちょい役として出演する機会が多い彼ですが、やっぱりこういったインディペンデント映画にたくさん出演してほしいですね。そして出来れば『アルマゲドン』以来のスティーブ・ブシェミとのコンビを復活させてほしいですよ。なんかあの2人が並んでいる姿を見ると妙に落ち着くんですよね〜。何ででしょう?

深夜らじお@の映画館は映画『硫黄島からの手紙』を応援します。

この記事へのトラックバック

1. ファーゴ  [ OtakuDays 〜おたくな日々〜 ]   2007年05月11日 20:54
コーエン兄弟のサスペンス映画?ブラックジョーク? 作品紹介&あらすじ:ファーゴ ジョエル・コーエン 多額の借金を抱える、自動車ディーラーのジェリー・ランディガード。 彼は、自分の妻を偽装誘拐させ、彼女??¯)
2. ファーゴ  [ Patsaks ]   2007年12月06日 13:42
お勧め映画。 コーエン兄弟の映画のなかで、一番有名なのはこのファーゴだろう、というのも1997年アカデミー賞主演女優賞・脚本賞受賞をはじめ、 いろんな賞を受賞した。 ちなみに主演女優のフランシス・マクドーマンドは、監督のジョエル・コーエンの奥さんで、コーエン...
3. ファーゴ/フランシス・マクドーマンド  [ カノンな日々 ]   2009年01月10日 22:17
昨年『ノーカントリー』を鑑賞した時に「これはコーエン兄弟祭りをしなくっちゃ」という風に思ったものの結局そのプランには全く手を付ける機会がなく年を越してしまいました。というわけで今年最初のレンタルDVD鑑賞にこの作品をチョイスしてみました。 出演はその他に、...
4. ファーゴ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年08月26日 21:46
 コチラの「ファーゴ」は、アカデミー賞でフランシス・マクドーマンドが主演女優賞を受賞し、その後「ノーカントリー」で、作品賞&監督賞&脚色賞を受賞したジョエル&イーサンのコーエン兄弟が脚本賞を受賞したクライム・コメディです。  作風で言えば、「バーン・ア....
5. 「ファーゴ」悲惨だけど優しい、寒いけど暖かい  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年06月01日 00:30
コーエン兄弟の映画なら「ファーゴ」とオススメいただいていたのを、ようやく鑑賞。 パパンお気に入りのコーエン兄弟映画は、今回も大絶賛♪ アメリカの極寒な田舎で巻き起こる、哀しくも可笑しな事件を、押さえた色で美しく象徴的に撮影した映像に、すっかり感心させられ...

この記事へのコメント

1. Posted by 北神   2006年12月20日 16:34
こんにちわ。ブシェーミとストーメアの名前があったので、つい反応してしまいました♪私もこのアクの強い俳優二人が大好きなんです。そして「ファーゴも好きな映画☆」ブシェーミは最近映画出演とかしてるんですかね?一方、ストーメアの方は「プリズン・ブレイク」で活躍していますが←「24」があまり好きではなさそうなにゃむばななさんは興味ないですかね…タイムリミットサスペンスだから。
2. Posted by にゃむばなな   2006年12月20日 21:05
北神さん、コメントありがとうございます。

『プリズン・ブレイク』はそんなにおもしろいんですか?
興味はあるのですが、なかなか見る機会がなくて…。
でもストーメアが出演しているなら、是非見てみたいですよ!
3. Posted by あかひ   2006年12月23日 23:21
こんばんは。こちらでは初めまして!
私は「ファーゴ」ではミンチのシーンが印象深いんですよねー。
「ビック・リボウスキ」良かったですよねぇ。あの雰囲気!!ブシェミいい味出してました。
4. Posted by にゃむばなな   2006年12月23日 23:51
あかひさん、ようこそ。
そしてコメントありがとうございます。

やっぱりブシェミはいい俳優さんですよね。ミンチにされようが、友人たちの話に混ぜてもらえずに死んでしまおうが彼の存在感は格別ですよね!
5. Posted by かのん   2009年01月11日 10:31
こんにちは。

事実は小説より奇なりとは言いますけれど、衝撃を通り越してしばしば呆気にとられてしまう時間も多々合ったように思います。コーエン兄弟の作品はまだ未鑑賞の作品が他にもあるのでぜひ観てみたいと思います。
6. Posted by にゃむばなな   2009年01月11日 15:34
かのんさんへ

雪の日よりも寒く感じられるほど、ブラックな内容が本当にコーエン兄弟らしいものでしたよ。
コーエン作品は好き嫌いの別れるものですが、他の作品も結構オススメです。
7. Posted by miyu   2009年08月26日 21:47
ピーター・ストーメアとスティーヴ・ブシェミって
でこぼこコンビだけど、それがなんかしっくり
くるんでしょうかね?( ´艸`)
個人的にはこれ、結構面白かったです。
ナニゲにコーエン兄弟の魅力がちょっとずつ
分かって来たような気がします。
にゃむばななさんのおかげですわ〜。
8. Posted by にゃむばなな   2009年08月26日 21:56
miyuさんへ

おぉ〜、miyuさんもコーエン兄弟の魅力にハマリ始めてますね♪
そうそう、コーエン兄弟の作品って、小さな差異が映画が終わる頃にはとんでもない結果になっているんですよね。

この作品に関しても、そういう小さな差異が豪雪という映像と共に徐々に冷たく感じるのがまたたまらなく怖いんですよ。
9. Posted by ノルウェーまだ〜む   2010年06月01日 00:40
にゃむばななさん、こんにちは☆
寒いを通り越して、冷たい映画でしたね。
冬にはゼッタイ見たくないです。
早く車を暖めたいのに、ウォッシャー液がやればやるほど凍ってしまって、ガリガリと車の窓の氷を削り取らなくてはいけないシーンは、ノルウェー時代を思い出して身震いしました。
それよりミンチのシーンは震え上がりましたが、「手を挙げて!」のマージの声も、ミンチ機の音でかき消されてしまうブラックな笑いが、良かったです。
この薄ら寒い事件で、よりいっそう警官夫婦のあたたかさが際立った映画でしたね。
10. Posted by にゃむばなな   2010年06月01日 16:57
ノルウェーまだ〜むさんへ

映像の冷たさよりも物語の冷たさ。それを凄く感じる映画ですよね。
雪降るファーゴの町で起こる悲惨な事件を際立たせるように、主人公の婦警さんが妊婦というのもまたコーエン兄弟ならではの演出。
やっぱりこの兄弟は素晴らしい映画監督ですわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載