2007年01月25日

『羊たちの沈黙』

羊たちの沈黙今年はトマス・ハリス原作のハンニバル・レクターシリーズ最新作『ハンニバル・ライジング』が公開されるということで、今日の肴は言わずと知れたサスペンスの大傑作『羊たちの沈黙』です。私も今までたくさんのサスペンス映画を見てきましたが、やはりこれを超える映画には未だかつて出会ったことがないですね。それくらいこの映画は素晴らしい出来なんだと思います。

女性を殺害し、その皮を剥ぐという猟奇殺人が続発。捜査に行き詰ったFBIは元精神科医で殺人鬼でもある囚人ハンニバル・レクターに示唆を受けようとします。そしてその大役を任された優秀な訓練生クラリスは獄中にいるレクターと接触を図ろうとするのですが・・・という物語です。

知性の高い凶悪犯に協力を求めるという設定がまず非常に面白いですよね。でもこれって一歩間違えればショボくなってしまうのは『踊る大走査線The Movie』を見れば一目瞭然。やはり映画史上悪役ランキング堂々の第1位に輝いたハンニバル・レクターだからこそ成り立つ設定なんでしょうが、バッフォロー・ビルという凶悪犯を先に見せておいて、それを上回るレクターを後から見せるという演出が、よりレクターの怖さを引き出しているのでしょうね。
またそのレクターに真正面から向き合うクラリスの存在感もすごいです。あの冷たい石の牢獄で硝子越しに2人が対峙する様子はそれだけでもドキドキするものでしたよ。特にクラリスが話す「羊の話」。聞いているだけで画面には映っていないはずの赤い血が見えたような、そんな独特の恐怖感のあるシーンでした。

そして後半はもう完全にレクターワールドです。あの猿ぐつわ用マスク、人間の皮を被って顔を隠すレクター、そして蛾。ん〜、どの小道具もどのシ−ンも何とも言えない恐怖感があります。昨今のサスペンス映画は何かと視覚的恐怖を与えるものが多いですが、本当の意味で怖い作品はやっぱり精神的な部分に響かせる恐怖があるものなんですよね。そこがこの映画の一番の凄みだと思いますよ。
あと余談ですが、FBI捜査官役でジョージ・A・ロメロ監督が出演していたらしいですね。『ゾンビ』シリーズ産みの親が猟奇犯人を追いかける役なんて・・・ですよ。
果たしてシリーズ最新作『ハンニバル・ライジング』はどうなっているのか?非常に楽しみです!

深夜らじお@の映画館はこの『羊たちの沈黙』という映画が大好きです。

この記事へのトラックバック

1. 「羊たちの沈黙」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年04月12日 04:37
5 羊たちの沈黙 特別編監督:ジョナサン・デミ出演:ジョディ・フォスター , アンソニー・ホプキンス , スコット・グレン , テッド・レビン収録時間:118分レンタル開始日:2001-10-05Storyアンソニー・ホプキンス扮するレクター博士と女性FBI....
2. 羊たちの沈黙  [ あきすとぜねこ ]   2007年04月21日 16:24
? ? ? 製作:1990 アメリカ 原作:トマス・ハリス 監督:ジョナサン・デミ 出演:ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコットン・グレン ? ストーリー> 若い女性を殺し、その皮を剥ぐという猟奇殺人事件が連続して起こった。 連続猟奇殺人犯の

この記事へのコメント

1. Posted by みわりん   2007年01月25日 23:25
こんばんは。
お疲れ様です。
うーーん、読んだだけでちょっと怖い話かなって思いました。
あの、、私広島県なんで、結構近いですね。今年は暖冬で雪の被害もなく、助かってます。一応雪が降る県北なんで。
2. Posted by あかひ   2007年01月25日 23:52
にゃむばななさん、こんばんは。
「レッド・ドラゴン」の次回作という事ですか?ん?違うかな?
3. Posted by ちゃぴちゃぴ   2007年01月26日 01:51
レクターとクラリスのあの緊張感、間合い…。
思い出します。
なぜに、ハンニバルになっていったかを描くヤング〜は、真珠の首飾りの少女の監督だし、色合いが楽しみ。
レクターをするギャスパーくんは、非常に繊細な演技をする男前なんで
(^-^;
期待してんだけどな〜。(笑)
4. Posted by にゃむばなな   2007年01月26日 18:56
みわりんさん、コメントありがとうございます。

この映画はホラー映画ではないので、純粋に一本のサスペンスとして御覧になってみてくださいね。

それと暖冬とはいえ最近は寒い日が続いているので健康には十分気を付けてくださいね。まぁ私自身が一番気をつけないといけないんですが(笑)
5. Posted by にゃむばなな   2007年01月26日 19:01
あかひさん、コメントありがとうございます。

時系列で並べると
『ハンニバル・ライジング』

『レッド・ドラゴン』

『羊たちの沈黙』

『ハンニバル』ですね。
6. Posted by にゃむばなな   2007年01月26日 19:23
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

おっ、情報が早いですね。映画の色彩や男前度に注目はもちろんですが、いかにしてアンソニー・ホプキンス版レクターに繋げていくかが楽しみですね。
7. Posted by もくれん   2007年01月27日 16:36
こんにちは。
原作も読まれているんですね。読み応えありそうですね〜。
私はこれまでの映画3本は見ていますが、一番衝撃を受けたのは最初に見た本作ですね。
レクターが言う台詞で「国勢調査員を食ってやった。私を統計化するとは許せん。」というのがあり、震え上がったのを覚えています。将来国勢調査員にだけはなるまい、と
8. Posted by にゃむばなな   2007年01月27日 17:51
もくれんさん、コメントありがとうございます。

ははは〜国勢調査員にだけはなりたくありませんか…
レクターに食べられるくらいなら誰だってそんな仕事はしたくないですよね!
9. Posted by ジグソー   2007年04月12日 04:48
どうも!
『ハンニバル・ライジング』に向けておさらいしてみました。

本当にレクターの存在感、怖さは絶大ですね。
あの笑みだけでゾクッとします。

>あと余談ですが、FBI捜査官役でジョージ・A・ロメロ監督が出演していたらしいですね。『ゾンビ』シリーズ産みの親が猟奇犯人を追いかける役なんて・・・ですよ。

えぇ〜!そうだったんすか!
全く知らなかったですね。
人食いVS人食いみたいなもんですね(笑)
10. Posted by にゃむばなな   2007年04月12日 21:22
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

映画史上最恐の悪役に選ばれただけあって、あの不気味な微笑みは独特の怖さがありますよね。

さて注目の『ハンニバル・ライジング』ですが、アンソニー・ホプキンスなしでどこまであの不気味さを醸し出せるのか興味津々ですね。
11. Posted by トーコ   2007年04月22日 10:50
こんにちは。
お返しTBありがとうございました。
レクター博士の登場シーンは、強いインパクトありますよね。
物静かな狂気を感じます。


12. Posted by にゃむばなな   2007年04月22日 13:22
トーコさん、コメントありがとうございます。

別にもの凄い殺人を犯しているシーンで登場するわけでもないのに、あの不気味な怖さは本当に恐ろしいですよね。
古今東西、レクター博士より怖い悪役はいないと思いますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載