2007年01月28日

『幸せのちから』

幸せのちから「幸せ」って何でしょうか?お金があるから幸せという訳でもないですし、かといってお金がなくては幸せは得れない。そんな世の中で我々が求める「幸せ」っていったい何なんだろう?と終始考えさせられる作品でした。

税金や家賃の長期滞納が重なり妻に愛想を尽かされ出て行かれたクリス。彼は愛する息子のため一流証券会社の研修生となり、高倍率の中からたった一人選ばれる正社員への道に最後の望みを託します。しかしその研修生期間は無給。半年間もの間この父子は過酷なホームレス生活を余儀なくされるのでした・・・という物語です。

ウィル・スミスと彼自身の息子であるジェイデン君の共演と聞いたとき、私は『世界で一番パパが好き』のラストでウィル・スミスが語った父親像を思い出しました。あの時は『メン・イン・ブラック』などでのイメージが強い彼も一人の父親なんだなぁ〜と思っていましたが、この『幸せのちから』を見ると今までのイメージとは掛け離れた「父親ウィル・スミス」がいたんですよね。『バガー・ヴァンスの伝説』や『アリ』の頃とは全く違うウィル・スミス。まさか彼の涙を流すシーンが見れるとは思ってもいませんでした。しかも感動の涙ではなく、不甲斐ない自分自身への悔し涙。このシーンだけでアカデミー主演男優賞ノミネートも納得ものでした。

で、冒頭で触れた「幸せ」って何だろう?という疑問。映画の中でもトマス・ジェファーソンの「幸福の追求」の話が繰り返し使われていましたが、「幸せ」って追求し続けるものであって、手に入れられるものではないような気がしました。
というのも「幸せ」って手に入れたからといって、ずっと幸せな期間が続く訳ではないですよね。だったらそれは「幸せ」を手に入れておらず、ある一定期間だけ「幸せを味わっている」だけにすぎないのではないでしょうか?
そう考えると悲しいことですが、ある意味「幸せを追求し続ける」こと自体が「幸せ」と言えるような気がしてきて、何だか少し淋しい気分になりましたね。
主人公のクリス自身が数字に強いという天性の才を持っていたから成功したんだという穿った見方もできる映画だっただけに、このような感想になってしまいました。

深夜らじお@の映画館はこれからもウィル・スミスを応援していきます。

ちなみにクリスがルービックキューブをタクシーの中で解くシーンがありますが、あれはフィクションらしいですね。また研修生としての半年間は無給という設定でしたが、実際は少しばかりのお給料があったらしいですよ。
美談にするために歪曲したような、某テレビ局の某番組と同じような匂いがします・・・。

この記事へのトラックバック

1. 「幸せのちから」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年01月29日 02:43
4 「幸せのちから」(2006) 《この手は、離さない。》 1/28新宿オスカーにて観賞 introduction 監督:ガブリエレ・ムッチーノ cast ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、サンディ・ニュートン story 81年、サンフランシスコ。5歳の息...
2. 幸せのちから  [ Akira's VOICE ]   2007年01月30日 11:43
夢を支えるのは身近な存在!
3. 幸せのちから  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年01月30日 21:32
 『この手は、離さない── 全財産21ドルから立ち上がった 父子の、実話に基づいた感動作。』  コチラの「幸せのちから」は、1/27公開になったウィル・スミス親子共演の実話をモトにしたハート・ウォーミングなサクセス・ストーリー映画なのですが、早速観てきちゃい....
4. 幸せのちから  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年01月31日 00:19
  この手は、 離さない−     公式サイトはこちら。     評価:★7点(満点10点) 2006年 117min 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 主演:ウィル・スミス ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス タンディ・ニュ....
5. 映画『幸せのちから』  [ 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 ]   2008年04月20日 18:21
原題:The Pursuit of Happyness アメリカ独立宣言の「幸福の追求」は、"The pursuit of happiness"、この映画では託児所の"Happyness"・・実話を実の親子で共演する涙と感動のストーリー・・ 1981年のサンフランシスコ、クリス・ガードナー(...
6. 幸せのちから  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年03月12日 21:48
ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いた感動作。監督はガブリエレ・ムッチーノ、主演はウィル・スミス。実の息子のジェイデン・スミスとの親子共演でも話題になった作品。その他のキャストは、タン...
7. 幸せのちから  [ mama ]   2009年03月20日 15:07
THE PURSUIT OF HAPPYNESS 2006年:アメリカ 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ブライアン・ホウ、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン 1980年代、サンフランシスコ。妻と5歳の息子と3人で暮らしていた高級医療機....
8. 「幸せのちから」 家族と一緒に感動しよう  [ ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋 ]   2009年11月13日 02:42
「幸せのちから」 ウィルの泣き顔が感動を誘う。   【原題】THE PURSUIT OF HAPPYNESS 【公開年】2006年  【制作国】米  【時間】11...

この記事へのコメント

1. Posted by 栄華な夢ゴコチ   2007年01月29日 00:20
にゃむばななさん、私のブログへのコメントありがとうございました。

うーん、「幸せを追求することが“幸せ”」ですか。

漠然的ですが、“幸せ”とは各個人によってその意味が異なり、大きさを測ったり、他人の幸せと比較したり出来ないものと思います。

ですが、“幸せを追求すること”は人生を過ごすうえで誰もが行動することであり、それ自体が全ての人々共通の“本当の幸せ”かも知れないですね。

(まとまりのない文章になってしまい申し訳ありません。)
2. Posted by ジグソー   2007年01月29日 03:43
どうも!
この映画ではウィル・スミスが涙を流した2つのシーンで感動しました。

トイレの悔し涙、ラストの感情を爆発させた涙は見事でした!
3. Posted by にゃむばなな   2007年01月29日 18:58
栄華な夢ゴコチさん、コメントありがとうございます。

確かに幸せの定義って難しいですよね。占いを用いて幸せについて語る番組もありますが、私自身この映画を見ていて本当に幸せって何なんだろう?と真剣に悩みましたね。
4. Posted by にゃむばなな   2007年01月29日 19:03
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

感動の涙とかではなく、押し殺すように泣いていたシーンだっただけに、インパクトも強烈でしたよ。
ビジュアル的にはウィル・スミスも歳取ったなぁ〜と思いましたが、その分魅力が格段と増した気がしましたよ。
5. Posted by miyu   2007年01月30日 21:38
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
トラバ&コメありがとうございます!
実を言うとあたしも観ていて
ちょっと穿った見方をしてしまいました。
でも、他の方の感想なんかを読んでると
そうゆう方が意外と多いようなので
ちょっと安心しちゃいました(´▽`*)アハハ
6. Posted by にゃむばなな   2007年01月30日 21:54
miyuさん、コメントありがとうございます。

いいお話だけに素直に感動できない自分はダメなのかな?と思っている人はたくさんいるみたいですね。
泣ける映画みたいな宣伝をしてたのがその原因じゃないですかね。
7. Posted by あっしゅ   2007年01月31日 00:19
にゃむばななさん!こんばんわ!
コメント&TBありがとうございます!

そんな新事実があったなんて、、、。ルービック・キューブはフィクションだったんですねぇ(悲)。お金も無償じゃなくて、少し給料があったなんて、、、。

お涙頂戴映画を作る為に歪曲したとなればこれは問題ですね。そう考えると悲しい気分になってきました、、、。残念!
8. Posted by にゃむばなな   2007年01月31日 21:47
あっしゅさん、コメントありがとうございます。

予告編が泣ける映画っぽいものだっただけにこういう裏話を知ると余計に悲しくなりますよね。『エリン・ブロコビッチ』の時も似たような話がありましたからね〜、モデルとなった人の話を美化しすぎているのはいい傾向だとは思わないですよ。
9. Posted by 晴雨堂ミカエル   2009年11月13日 02:36
 私はアメリカンドリームをいかがわしく思っている性質なのですが、ウィルの泣き顔は素直に感動させられます。
10. Posted by にゃむばなな   2009年11月13日 08:36
晴雨堂ミカエルさんへ

この映画における特にウィル・スミスはよかったですよね。

ただ最近息子を重宝しすぎなど、公私混同ぶりが気に掛かりますが…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載