2007年02月08日

『猟奇的な彼女』

猟奇的な彼女4年前の今日、2003年2月8日は関西でこの『猟奇的な彼女』が封切られた記念日でもあります。私にとってこの映画は生涯最高にハマった映画であるとともに、これまでの映画人生の中で唯一映画館で6回も見た作品でもあります。ちなみに初見の時の感動は「もうこれ以上素晴らしい作品に出会えないだろうから、映画を見ることをやめようか」と思ったほどでしたよ。

ストーリーは言わずと知れた、正義感の強い女の子とその彼女に振り回される気弱な大学生の恋物語です。駅で酔いつぶれた彼女を介抱することがきっかけで出会ったキョヌと「猟奇的な」彼女。当初は彼女の勝手気ままさに振り回されながらも楽しい日々を送るでキョヌしたが、いつしか彼女の悲しい過去を知ることになるというものです。

この映画のいいところ、それは何と言っても映画全編に漂う「優しさ」です。
アメザリの平井さん似のキョヌは彼女のため、彼女のわがままを叶えてあげたり時には自分から身を引いたりもします。大学の講堂で一輪のバラを渡すシーンやお見合い後の地下鉄での再会シーンは何度見ても号泣できます。
特に私が大好きなのは彼女がお見合い相手から「猟奇的な彼女と付き合う心得」を聞いてキョヌを追いかけるシーン。それまでキョヌからの優しさを受ける一方だった彼女が自らの意思で必死になって走る姿と、そのシーンで主題歌の「I Believe」がBGMとして憎いほど合致しているのにはたまらなく感動してしまいます。2人が地下鉄のエスカレーターですれ違うシーンも駅員室で再会するシーンも大好きです。くぅ〜、思い出しただけでも泣けちゃう〜!!

猟奇的な彼女(居酒屋)もともとインターネットでの日記が話題となって映画化されたこの『猟奇的な彼女』。原作では映画の「後半戦」のところで終りになっているのですが、この話に感動した監督が親心で「延長戦」を付け足したそうです。でもその「延長戦」もまたいいんですよね〜。思い出の木の下でのおじいさんの「運命は努力した人に偶然という橋を架けてくれる」という言葉も、キョヌが読んだ彼女の手紙もすごく心に染み入ります。
そして涙なくしては語れないラストシーン。何度見ても飽きることなく泣けちゃうんです!最近ではチョン・ジヒョンちゃんが涙を流すシーンの前に私が涙を流しているほどですから・・・。くぅ〜、またまた泣けてきましたよ〜!!

そして忘れちゃ〜いけないのがこの映画におけるチョン・ジヒョンちゃんのかわいさ。男性のみならず多くの女性からも支持される彼女のかわいらしさはたまりません!特に私のお気に入りシーンはハイヒールとスニーカーを交換してという彼女のわがままをキョヌが承諾した時に彼女が見せる笑顔。こんなかわいい笑顔が世の中にあっていいのか?というくらい私は大好きなんです。未見の方は是非そのシーンを注意して見てみてください。

あの人生最大の感動の日から4年。また時間を作っては『猟奇的な彼女』を鑑賞し号泣したいと思います。
あと私のこの映画に対するハマり具合を追記に記してみました。冷静に考えると私は結構イタい人かも知れませんが、一度読んでやってください。

深夜らじお@の映画館は4年前の今日を生涯忘れません。


『猟奇的な彼女』にハマってやっちゃたこと

1、映画館で6回見ました
2、映画館で一日に2回見ました
3、DVDで更に9回見ました(映画館と合わせて計15回見てます)
4、主題歌「I Believe」だけを録音しまくった74分MDを作成。未だに残っています
5、劇中に使われているクラシック曲「カノン」を聴くと涙腺が未だに緩みます
6、大阪でのチョン・ジヒョンちゃんの舞台挨拶に参加しました
7、原作読破はもちろん、サントラやパンフなど基本グッズは全て揃っています
8、DVDは発売初日に2枚買おうとしました(実際は財布の都合で実現ならず)
9、たくさんの人に勧めておきながら自分が持っている『猟奇的な彼女』のDVDは絶対に貸していません

いざ自分の行動を振り返ってみると、やっぱり私って・・・ですが、それくらい私はこの映画が大好きなんですよ!『猟奇的な彼女』万歳!!

この記事へのトラックバック

1. 映画『猟奇的な彼女』  [ 茸茶の想い ∞ 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり ]   2007年02月12日 00:51
原題:My Sassy Girl この映画で"韓流ラブストーリー"のブームに火が点いたと云うのも頷ける。それほどに笑えて切なく身悶えする、キスシーンの一つさえもないのに・・。 丘の上の一本の木の下で、キョヌ(チャ・テヒョン)は彼女(チョン・ジヒョン)を待つ...
2. 猟奇的な彼女  [ そーれりぽーと ]   2008年02月09日 17:10
綺麗なのに凶暴でそれでいて寂しげなしぐさがとてもキュートな“彼女”と、彼女に翻弄されながらも惹かれていく頼りない男の子キョヌの心温まるラブコメ。 彼女は正義感が強い反面ヤカラのようにキツい性格で、気に食わない事をする人が居ると赤の他人であっても平然と立ち向...
ついに日本版でのディレクターズカット版が発売されました。ディレクターズカット版は韓国版、香港版で何度も観ているので、早速楽しみにしていた日本語字幕付きのコメンタリーモードで鑑賞開始しました。 普段はコメンタリーモードなんてあまり気にしてないんだけど、テ....
4. DVD「猟奇的な彼女」  [ ミチの雑記帳 ]   2008年02月09日 20:08
DVDにて「猟奇的な彼女」★★★★ 巷で非常に評判が良かったにもかかわらず、予告編を見る限りあまり惹かれるものがなかったので見ずに済ませていたけど、信頼できる友人が「是非!」と勧めてくれたのでレンタルしてきた。 ストーリー:大学生キョヌは、電車内で酔っぱらい...
5. 猟奇的な彼女  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年02月10日 22:12
公開:2003/01/25原題:MY SASSY GIRL監督:クァク・ジェヨン出演:チョン・ジヒョン    チャ・テヒョン    キム・インムン    ソン・オクスク    ハン・ジンヒ 性格の優しい大学生のキョヌは夜の地下鉄ホームで美しい“彼女”と出会う。でもその時“....
6. 猟奇的な彼女  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年02月11日 09:24
「僕の彼女を紹介します」を観てからといもの、ちょっとばかり韓国映画にハマってしまった私。 今回は、その「僕カノ・・・」の前作にあたるこの作品を観ました〜。 観る順番が逆だっつーの! でも、そんなことは「ケンチャナヨ〜」(韓国語で構わない、気にしないの...
7. 猟奇的な彼女  [ 映画、言いたい放題! ]   2008年02月14日 10:24
これも一時期話題になってたので、しょうがないからビデオ見ました。 アジア映画、あんまり好きではないの。 あー、でもやっぱり予想したとおり。 趣味ではなかった。 大学生のキョヌは、電車内で酔っ払っている美女、「彼女」と出会う。 乗客に、へべれけになってい...
8. 【DVD】猟奇的な彼女  [ 新!やさぐれ日記 ]   2008年04月14日 21:41
■動機 ドラマ化されるということで ■感想 まさか恋愛もので感動するとは思わなかった ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 大学生のキョヌは夜の地下鉄ホームで美しい“彼女”と出会う。でもその時“彼女”は泥酔状態。酔っぱらい女は嫌いだったが、車中...
9. パンチが飛ぶ  [ Akira's VOICE ]   2008年06月02日 10:32
「フライボーイズ」 「猟奇的な彼女」

この記事へのコメント

1. Posted by YUKKO   2007年02月09日 00:14
私の映画仲間は最初夕張映画祭で見てこの映画にはまり女性ながらかなりの回数見てますよ。私は彼女から聞いてチョン・ジヒョンちゃんの舞台挨拶を梅田のナビオTOHOに見にいきました。2列目で見たので彼女は目の前にいました。背が高くて美しかったです。もしかして、にゃむばななさんと同じ時の舞台挨拶にいたのでしょうか?
2. Posted by あっしゅ   2007年02月09日 00:49
こんばんわ!
ボクもこの作品は大好きでDVD持ってますよ!
残念ながらボクは映画館で観てないんです、コレ。友達からイイヨって薦められて観たんですけど、泣いちゃいました!

ボクはこの映画で一番好きなシーンは丘をはさんで、彼女が
”キョヌ〜!”
って叫ぶシーンですかねぇ〜。キョヌには何て言ってるのか聞こえないんですよね〜、切ない!
3. Posted by ジグソー   2007年02月09日 03:05
どうも!
この映画は実はまだ観てないんですよね(汗)
にしてもにゃむばななさんの情熱がすんごいですね!
でも自分の中で最高な映画って上映日まで覚えてますよね!
「SAW」が10月30日にちだった事も覚えてますもん(笑)
でもこんだけはまったんだから面白いんだろうな〜
いつか見なきゃ!
4. Posted by にゃむばなな   2007年02月09日 21:56
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

残念ながら私が参加したのはテアトル梅田での舞台挨拶なんですよ。
ナビオは人が多そうだったのでミニシアターであるテアトルを選んだのです。

しかしYUKKOさんもナマのチョン・ジヒョンちゃんをご覧になられたんですね。
背が高くて美しくて、そしてかわいい!もう最高っす!!
5. Posted by にゃむばなな   2007年02月09日 21:58
あっしゅさん、コメントありがとうございます。

彼女が丘の上で本心を明かすあのシーンはチョン・ジヒョンちゃん自身もお気に入りのシーンだそうですよ。
それまで「猟奇的」だった彼女も実はごく普通の女の子だったと分かる感動的なシーンですよね〜。
6. Posted by にゃむばなな   2007年02月09日 22:03
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

私も『SAW』が10月30日公開というのははっきりと覚えていますよ。確か『コラテラル』と同日公開だったんですよね。

ジグソーさんはまだ未見ということなので、是非見ていただきたいこの『猟奇的な彼女』ですが、どんな映画でも期待しすぎは損ですから、その辺だけを注意して楽しんでいただきたいと思います。
7. Posted by ゆかりん   2008年02月10日 22:18
こんばんは♪
にゃむばななさんの大好きな気持ちがすごく伝わってきましたよ。
チョン・ジヒョンちゃんはこの作品で初めて知りましたがすごく可愛いですよね。お気に入りの女優さんですよ。
私も観たくなりました。
8. Posted by にゃむばなな   2008年02月11日 17:31
ゆかりんさんへ

映画女優に恋をするって気持ち・・・こんなに素晴らしいものだなんて、この映画を見るまで気付きませんでしたよ。
でも関西には二度と来ていただけないんですよね〜。残念です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載