2007年03月10日

『ラストキング・オブ・スコットランド』

ラストキング・オブ・スコットランド映画としてはおもしろいのですが、見終わった後は少々後味があまりよろしくない、人間の本性の恐ろしさが存分に描かれた作品です。いつもは善人役が多いフォレスト・ウィテカーですが、今回はエンドロールで流れる実際のアミン大統領の映像と見比べても相当気合の入った演技を見せ付けてくれましたね。

スコットランドから高い志を持ってウガンダにやってきた若き医師ニコラスは偶然アミン大統領のケガを治療したことから気に入られ、主治医に抜擢されます。当初は父親との確執やイングランド人への反発心から、カリスマ性のあるアミンに惹かれる彼でしたが、やがて独裁者になり周囲を信用しなくなるアミンに言い知れぬ恐怖を感じるようになります。アミンの第3夫人とも関係を持ってしまったことから追い詰められたニコラスは主治医の立場を利用してアミン暗殺を計画するのですが…というお話です。

「食人大統領」とまで揶揄されたアミンのように人間誰しも表の裏の2つの顔を持っていますし、またこのニコラスのように自分の無力さを補うためにより強いものに憧れたりもします。どれも自分自身を守るために無意識のうちにやってしまうことなんでしょうが、冷静さを失ったりして大切なことを見誤るとここまで恐ろしい目に遭うのかという恐怖を描いた後半はすごく見応えがありました。サスペンスとしてのスリルだけでなく、あたかもホラー映画のようなスリルまでもあるところは見ていて本当に怖かったですね。「恐怖から逃げる」ことの大変さが大いに伝わってきましたし、改めて権力者には近づきたくないなぁ〜とも思っちゃいましたよ。

あと物語の性質上でしょうか、なんとなくですが『ホテル・ルワンダ』を違った立場から見ているような感じも受けましたね。
被害を受ける側から見ると虐殺という目に見える恐怖に慄いてしまいますが、逆に虐殺を「指示」する側から見ると一見すごく平和であるかのようにな顔の裏で見え隠れする、人間の本性という名の恐怖に心底嫌な気持ちになってしまいました。自分の知らないところで自分が信用してきた人が恐ろしいことをやっていることほど恐ろしいものはないですからね、人を素直に信用しちゃいかん!とも思いますが、やっぱり周りに支えられての今の自分ですから、いつもお世話になっているみなさんにはより感謝しないと!と思いましたよ。

あまりオススメする類の映画ではありませんが、見る機会があれば是非一度『ホテル・ルワンダ』などとも見比べてみてください。そんな感じの映画でした。

深夜らじお@の映画館は権力者になりたいけど、なりたくもない微妙な心境です。

この記事へのトラックバック

1. ラストキング・オブ・スコットランド  [ 悠雅的生活 ]   2007年03月10日 21:25
スコットランドの黒い王・・・素顔のイディ・アミン。
2. 『ラストキング・オブ・スコットランド』  [ 試写会帰りに ]   2007年03月10日 22:45
悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンをフォレスト・ウィテカーが演じる政治サスペンス、『ラストキング・オブ・スコットランド』。アカデミー賞主演男優賞受賞というニュースもあり、更に期待が増します。 スコットランドの黒い王様 人肉を食べたという噂のア...
3. 『ラストキング・オブ・スコットランド』  [ ラムの大通り ]   2007年03月10日 23:17
(原題:The Last King of Scotland ) ----この映画、ウガンダのアミン大統領のことだよね? 「うん。このアミンと言う人は 人間の肉を食べると言われていて、 子供ながらに戦慄したものだった。 失脚してからも 『食人大統領アミン』という映画が作られたりして、 やはりそ...
4. ラストキング・オブ・スコットランド  [ Memoirs_of_dai ]   2007年03月11日 14:41
Cynical 【Story】 1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)は、診療所で働くためにウガンダにやって来る。ある日、彼はアミン新大統領(フォレスト・ウィッテカー)の演説を聞??!
5. ラストキング・オブ・スコットランド  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年03月11日 20:01
 『何よりも恐ろしいのは、人間の本性』  コチラの「ラストキング・オブ・スコットランド」は、3/10公開になったジャイルズ・フォーデンの小説を映画化したR-15指定の政治サスペンスなんですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  ウガンダの「人食い大統領」と言われた....
6. ラストキング・オブ・スコットランド  [ カリスマ映画論 ]   2007年03月11日 22:28
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 肥大化する憎悪・増幅する狂気 
7. 『ラストキング・オブ・スコットランド』★★★・・  [ ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK ]   2007年03月12日 10:41
アカデミー主演男優賞受賞 フォレスト・ウィテカー『ラストキング・オブ・スコットランド』公式サイト制作データ;2006米=英/FOX ジャンル;ヒューマン上映時間;123分 監督;ケヴィン・マクドナルド出演;フォレスト・ウィテカー/ジェームズ・マカヴォイ、ケリー・ワシ...
8. 『ラストキング・オブ・スコットランド』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2007年03月12日 21:03
主演のフォレスト・ウィテカーの話では、このストーリーが基本的にはフィクションという設定でありながら、事前にウガンダでアミンの親戚や住民の話を聞き、彼自身として成り切る演技に集中したそうです。
9. ラストキング・オブ・スコットランド  [ 佐藤秀の徒然 ]   2007年03月12日 21:52
ラストキング・オブ・スコットランドを見る。アカデミー主演男優賞を獲得したフォレスト・ウィテカー演ずるイディ・アミンのあのひんがら目が象徴する隠された狂気は描かれているが、どう狂気になったのかいまいち伝わってこない。
10. ラスト・キング・オブ・スコットランド  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年03月14日 14:24
この作品に主演したフォレスト・ウィテカーが、第79回アカデミー賞主演男優賞を受賞したので、どうしても観てみたかった。【story】1971年に、スコットランドの医学校を卒業した青年二コラス・ギャリガン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ウガンダに渡った。その頃ウガンダでは...
11. ラスト・キング オブ・スコットランド/The Last King of Scotland  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年03月14日 21:52
鶴瓶じゃないです。主演は、監督業もこなす名俳優、フォレスト・ウィテカー ウガンダの大統領で独裁者であったイディ・アミンになる! 先頃発表になった アカデミー賞はじめ、ほとんどの映画賞に主演男優賞でノミネート、 ゴールデングローブ賞含む現在24受賞!! そうい...
12. 「ラストキング・オブ・スコットランド」三番街シネマ  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2007年03月15日 00:59
2 1971年ウガンダで就任し、やがて容赦しない虐殺や恐怖に満ちた支配をおこなった実在の人物イディ・アミンの物語。このアミン大統領を演じたフォレスト・ウィテカーはアカデミー賞の主演男優賞をはじめゴールデングローブ賞等ほとんどの2006年度の男優賞を総なめして....
13. ラスト・キング・オブ・スコットランド  [ Alice in Wonderland ]   2007年03月16日 01:42
主人公のフォレスト・ウィテカーが今年のアカデミー賞で主演男優賞をとったのは記憶に新しいのですがその作品をやっと観る事が出来ました。彼が演じたウガンダ大統領のイディ・アミンの魂が吹き込まれたかのような熱演に上映中ずっと目が離せなかったです。 スコットラ...
14. ラスト・キング オブ・スコットランド/The Last King of Scotland  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年03月16日 14:40
鶴瓶じゃないです。主演は、監督業もこなす名俳優、フォレスト・ウィテカー ウガンダの大統領で独裁者であったイディ・アミンになる! 先頃発表になった アカデミー賞はじめ、ほとんどの映画賞に主演男優賞でノミネート、 ゴールデングローブ賞含む現在24受賞!! そうい...
15. ストキング・オブ・スコットランド  [ 週末映画! ]   2007年03月30日 21:17
期待値: 95%  事実をベースにした社会派サスペンス。 アカデミー賞受賞のフォレスト・ウィッテカー
16. ラストキング・オブ・スコットランド−(映画:2007年39本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年03月31日 15:01
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:フォレスト・ウィッテカー、ジェームズ・マカヴォイ、ケリー・ワシントン、ジリアン・アンダーソン、サイモン・マクバーニー、デヴィッド・オイェロウォ 評価:94点 公式サイト (ネタバレあります) アミンと言えば食人大....
17. 真・映画日記(1)『ラスト・キング・オブ・スコットランド』  [ CHEAP THRILL ]   2007年04月08日 20:35
3月18日(日) 2日続けてゆったりだらだらモードはまずい。 なので、無理矢理外出することにした。 新橋のTSUTAYAで借りたビデオが明日までの返却なので、 まずはこれを返しに行く。 この後、三田線で日比谷に行き、 有楽町駅前にある「スバル座」で『ラスト・キ...
18. 不良と大統領  [ Akira's VOICE ]   2007年10月11日 11:02
「ツォツィ」 「ラストキング・オブ・スコットランド」
19. ラストキング・オブ・スコットランド  [ 晴れたらいいね〜 ]   2007年10月15日 22:26
ウガンダのアミン大統領は、実在の人物。30万人のウガンダ国民を虐殺したとか…ラストキング・オブ・スコットランド原題:THE LAST KING OF SCOTLAND監督:ケヴィン・マクドナルド出演:フォレスト・ウィテカー , ジェームズ・マカヴォイ , ケ...
20. ラストキング・オブ・スコットランド (The Last King Of Scotland)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年10月21日 23:42
監督 ケヴィン・マクドナルド 主演 フォレスト・ウィッテカー 2006年 イギリス映画 125分 ドラマ 採点★★★★ 中学一年の頃だったか、どういう流れでそうなったかは定かではないが女の子と二人で映画を観ることとなってしまった私。もう一年もすれば頭ん中が女の子の事でパ...
21. 『ラストキング・オブ・スコットランド』'06・米・英  [ 虎党団塊ジュニアの日常グルメ映画ブログ ]   2008年02月16日 21:40
あらすじ1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)は診療所で働くためにウガンダにやって来る。ある日、彼はアミン新大統領(フォレスト・ウィテカー)の演説を聞きに行った帰り道で、偶然にも大統領の捻挫の治療をすることになる...
22. ラストキング・オブ・スコットランド ≪暴力の地ウガンダに響く咆哮≫  [ 恥じて生きるな!熱く死ね! ]   2008年03月04日 22:07
4 THE LAST KING OF SCOTLAND 評価:80点 何よりも恐ろしいのは、人間の本性 【監督】ケヴィン・マクドナルド 【原作】ジャイルズ・フォーデン 【脚本】ジェレミー・ブロック/ピーター・モーガン 【音楽】アレックス・ヘッフェス 【...
23. 「ラストキング・オブ・スコットランド」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2008年04月05日 03:16
こないだ観た「バンテージ・ポイント」に出てたフォレスト・ウィッテカー主演。 ナルニアのタムナスさん・・いや、「ペネロピ」にも出てたジェームズ・マカヴォイも出てるし・・・。
24. 『ラストキング・オブ・スコットランド』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年09月21日 19:05
『ラストキング・オブ・スコットランド』を観ました悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンの実像に迫る政治サスペンスです>>『ラストキング・オブ・スコットランド』関連原題:THELASTKINGOFSCOTLANDジャンル:ドラマ/サスペンス上映時間:125分製作国:2001年・ア...
25. ラストキング・オブ・スコットランド  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年09月05日 17:20
何よりも恐ろしいのは、人間の本性

この記事へのコメント

1. Posted by 悠雅   2007年03月10日 21:37
こんばんは。
TBとコメントありがとうございます。

悪政を倒して理想の国を目指したはず。
なのに、あんなことになってゆくのですね…
人を信じられなくなることが
ここまでの結果を生むのかと、改めて考えさせられました。
権力を持たず、自分らしくぼちぼち生きられるって、
何よりの幸せですね。

主演男優賞は納得!!
それに、ニコラスのジェームズ・マカヴォイもとてもよかったです。
2. Posted by にゃむばなな   2007年03月10日 21:43
悠雅さん、コメントありがとうございます。

そうですね、タムナスさんも結構よかったですよね〜。彼の今後にも注目しないと!
それにしても悠雅さんもですか。
やっぱりぼちぼち生きるのが一番いいですよね。
3. Posted by dai   2007年03月11日 14:55
こんにちは♪TBさせていただいました。

前半は強いものについていけば、良い思いできるんだなあ
なんて軽率なことを考えてしまいましたが…(汗)、後半の恐怖から逃げることの大変さを目の当たりにして浅はかな考えが一蹴されました。

権力者には近づきたくないと感じたのは同意見でした。
4. Posted by にゃむばなな   2007年03月11日 17:30
daiさん、コメント&TBありがとうございます。

ああいう体格の権力者って本当に頼りがいはあるのですが、気分屋なところがすごく怖いんですよね。
権力者関係の場合は軽率に動くことだけは絶対に避けたいものですよ、本当に。
5. Posted by miyu   2007年03月11日 20:04
確かに後味はあんまりよろしくありませんでしたが、
なかなか面白いサスペンス映画に仕上がってましたね。
もっと社会派って感じを想像していたのですが、
なかなかストーリーもテーマも面白く感じていまいました。
観終わって権力って怖いなぁ〜とどうしても
思っちゃう映画でもありましたよね。
6. Posted by にゃむばなな   2007年03月11日 20:26
miyuさん、コメントありがとうございます。

特に後半の第3夫人が受けた仕打ちのシーンなどは本当に気分を害する映像でしたからね。
よくあれが上映禁止にならなかったなぁと少々不思議でもありますけどね。
7. Posted by ヘーゼル☆ナッツ   2007年03月12日 10:34
にゃむばななさん、こんにちは☆
ウィティカーは、善人やちょっとぬけた役が多いのに今回は大抜擢でしたね。
エンドロールや公式サイトの本物のアミンよりも
表情が怖い気がしました(目のせいかなぁ?)。
ストーリーの発想はいいんだけど、ニコラスを
もう少しどうにか違う形で表現してもらいたかったかなぁ。
まぁ、最後は逃げられて良かったんですがね。。
彼のせいで、3人は殺されましたしね。
8. Posted by にゃむばなな   2007年03月12日 19:23
ヘーゼル☆ナッツさん、コメントありがとうございます。

ニコラス役のジェームズ・マカヴォイがいい演技をしていただけに、もう少し彼をいろんな角度から描いてほしかった気はしまし、彼にも助演男優賞ノミネートがあってもよかったのでは?とも思いますね。
9. Posted by 由香   2007年03月14日 14:30
こんにちは!
TBさせて頂きました。
私は、この映画に最後まで惹きつけられて鑑賞しました。
青年医師の目線からアミンを描いた点で、直接的な残虐なシーンはほとんどありませんでしたが、ウィテカーの表情からアミンの怖さが伝わってきました。
ウィテカーの演技も良かったのですが、マカヴォイも上手かったなぁ〜と思っています。
10. Posted by にゃむばなな   2007年03月14日 20:40
由香さん、コメントありがとうございます。

確かにウィテカーだけでなく、タムナスさんことジェームズ・マカヴォイも素晴らしかったと思います。

彼らの今後がまた楽しみになりましたね。
11. Posted by mig   2007年03月14日 21:50
こんばんは!
にゃむばななさん★

本日旅行から戻りました、コメントありがとうございますー。

面白かったですね!!
フォレストも、タムナスさんも良かったです♪

12. Posted by YUKKO   2007年03月15日 00:56
フォレストはアカデミー賞をとるにふさわしい演技だったと思いますが、映画としては感動できませんでした。アフリカの切羽詰った状況が伝ってこない気がしました。チョットきつい言い方をしたら、今まで見たアフリカを描いた映画に比べて品格が無い気がしました。最後はサスペンスに富んで見ごたえがありましたが・・・・。
13. Posted by にゃむばなな   2007年03月15日 20:22
migさん、コメントありがとうございます。

主役の2人がすごくよかっただけにジェームズ・マカヴォイがアカデミー助演男優賞にノミネートされていなかったのが残念でしたよ。
でも今後の彼らの活躍が非常に楽しみです!
14. Posted by にゃむばなな   2007年03月15日 20:26
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

なかなか手厳しいご意見ですね。
まぁアミンの側近の立場から描いた作品なので、アフリカの実情を描く必要性があまりなかったから、ああいう映画になったのではないでしょうかね?
私はそんな気がしました。
15. Posted by ALICE   2007年03月16日 01:48
こんばんは。
私もこの映画を観て『ホテル・ルワンダ』
を思い出さずにはいれませんでした。
どちらも大量虐殺が現実として
あるのですが虐殺する側とされる側では
また映画もかなり違いましたね。
アミン役を演じたフォレスト・ウィテカーの演技は間違いなくオスカーに値すると目で見て確かめられた気持ちでいっぱいです。どんな人にでも見え隠れするような人の本性だからこそ恐怖を感じたのだと思います。人って弱いからこそ恐ろしいです。
16. Posted by にゃむばなな   2007年03月16日 21:03
ALICEさん、コメントありがとうございます。

人間は弱いからアミンのようにもなり、またニコラスのようにもなるのでしょうね。
こういう映画はさほどヒットしないでしょうけど、たくさんの人に見ていただきたい作品だと思いますよ。
17. Posted by ちゃぴちゃぴ   2007年10月15日 22:33
にゃむばななさん、TBありがとうございます。
おっしゃるとおり、後味は…ですね。

フォレスト・ウィテカーは、抜群の存在感で、さすがでした。
描き方が、ニコラスの視点というのがよかったですねぇ。効果的です。
後半、怖くなったもの。
これは、ジェームズ・マカヴォイによるものが大きいと私も思います。
人間の本質の怖さ…
強さと弱さは、光と影のように
くっついてますね。
18. Posted by にゃむばなな   2007年10月16日 21:15
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

人間ってここまで恐ろしくなれるのか?と本当に心底怖くなる映画でしたね。
これがフィクションではなく、実在の人物を限りなく史実に忠実に描いているのも本当に恐ろしいところです。
19. Posted by ミツ   2008年03月04日 09:54
『パニック・ルーム』を友人と観賞時、「この俳優、鶴瓶に似てない?」と言われて以来、フォレスト・ウィテカーをマトモに見られなくなってしまいましたんですよ。でも今回はその熱演で、それを吹き飛ばしてくれました(笑)

あとジェームズ・マカヴォイはこれを観てかなり注目し始めましたね。『ナルニア』に出演していたと聞いても、未だによく覚えていませんが(そもそも映画自体を…)、今回は違いました!要注目です!今月『ペネロピ』を観るつもりですが、男のくせにお目当てはクリスティーナ・リッチではなく、彼ですから(笑)
20. Posted by にゃむばなな   2008年03月04日 21:02
ミツさんへ

確かに鶴瓶さんに似てます!いつの日か2人が横並ぶ映像を見てみたいものですよ。

そしてマカヴォイさんは『ナルニア国物語』に上半身人間、下半身獣の半人半獣さんですよ。あの映画とは全然雰囲気が違ってましたけどね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載