2007年03月29日

『僕の彼女を紹介します』

僕の彼女を紹介しますあの『猟奇的な彼女』のもうひとつの「彼女」の物語と聞いて見たものの、なんじゃこりゃ?というくらいに薄っぺらい映画でしたね。私がチョン・ジヒョンちゃんファンであるため期待しすぎた反動もあったでしょうが、それでも酷い映画でした。
世間一般ではこの映画を見て号泣した人が多いらしいですが、いったいこの映画のどこがいいのか是非教えていただきたいです。

とにかく前半は本当に『猟奇的な彼女』の焼き直しか?というくらいの陳腐なものでした。「彼女」の突拍子もない行動に振り回される様が全く同じなんですもん!しかも「彼女」のキャラまでがかぶっていたのも辛かったです。もし同一人物として描きたかったのであれば、キョヌとの日々を経て成長した彼女の姿を見せてほしかったですね。

そして特に酷かったのが映画の中盤から後半にかけてです!
予告編の段階から彼が死ぬことは分かっていましたから、どこでそのシーンが来るのかな?と思っていたのに映画の中盤までそういうシーンがなかなか来ない!
やっと彼が溺死してしまうシーンが来た・・・と思ったら偶然助けられる始末。なんじゃこりゃ?と飽きれていたら今度は彼女の流れ弾に当たってあっけなく彼が死んでしまうというオチ・・・。どないやねん!?ですよ!
2人の絆も彼の死を迎えるシーンも、また彼女も自殺しようとするも偶然にも助かってしまうシーンさえも全て中途半端!
いったい何度ちゃらんぽらんの「中途半端やな〜」が頭の中を駆け巡ったことか、数え切れません!!

さらにあまり意味なく使われていたX Japanの名曲「Tears」、しかもそのシーンは目が回るほどに彼女の周りをカメラがぐるぐる回る回る〜。円広志の「夢想花」ちゃうねんから!
ちなみに「Tears」は監督のお気に入りの曲ということで使用されたそうです。使い方が間違っているような気がするんですけどね〜。

ただラストの駅のホームでのシーンは結構好きでした。あれは『猟奇的な彼女』ファンに対するサービスなのか懺悔なのかは分かりませんが、私は好きです。でも逆に考えると、この映画で唯一よかったシーンでしたね。それが残念無念。

深夜らじお@の映画館は今でもチョン・ジヒョンちゃんの映画的復活を待ち望んでいます。

この記事へのトラックバック

1. 映画『僕の彼女を紹介します』  [ 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 ]   2007年04月02日 01:20
原題:Windstruck 韓流ラブストーリーの傑作『猟奇的な彼女』の衝撃が今再び・・と期待に胸を膨らませて観たが・・中盤はダレるも、出だしと終盤は期待を裏切らない・・。 ハリウッドかと見間違えそうな夜景を空撮する導入部、高層ビルの屋上から今まさに飛び降り...
2. 僕の彼女を紹介します  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年01月31日 20:51
 コチラの「僕の彼女を紹介します」は、「イルマーレ」のチャン・ジヒョン主演のファンタジックなロマンティック・コメディです。  いやぁ〜不覚にも泣いてしまいました(TωT) 王子様の後を追ったお姫様のように、小指を結んで後を追おうとする姿に思わず(T-T) ウルウル...
3. DVD「僕の彼女を紹介します」  [ 日々のつぶやき ]   2008年02月01日 10:19
主演:チョン・ジヒョン  「猟奇的な彼女」のヒロインで、監督も同じらしく雰囲気がとてもよく似ています。 やっぱり私、韓国映画が基本的に苦手なようです。 なんというか、雰囲気とか・・ヒロインの女性の勝気な感じとか・・何か合わないんだな。 あ、でも「猟

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載