2007年04月04日

『プルーフ・オブ・ライフ』

プルーフ・オブ・ライフ先日またもや南米で身代金目的の邦人誘拐事件が発生したそうですが、一応この映画もそんな誘拐事件を扱った社会派作品なんですよね。でもこの映画が公開された当時は映画よりも主役2人のゴシップが気になって気になって・・・でしたね。

物語は南米の反政府組織に夫ピーターを誘拐されたアリスが、国際的な人質事件を扱うプロの交渉人テリーに夫の救出を依頼します。経営危機に陥った夫の会社が保険をキャンセルするなど難題を乗り越えた2人はいつの間にか恋に落ちてしまいます。
愛してはならない人を愛してしまったテリーは彼女への想いを断ち切るためにも交渉を諦め、実力でピーター奪回に動き出す・・・というものです。

当時のラッセル・クロウは『グラディエーター』で一気に大スターとなり飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、まさかこの映画をきっかけにメグ・ライアンと不倫するとは夢にも思いませんでした。
しかもその不倫が原因でメグ・ライアンはデニス・クエイドと離婚し、女優としての価値も大幅ダウン。一気に仕事も減ってしまいましたね。
結局ラッセル・クロウに振り回され遊ばれただけのメグ・ライアンでしたが、今もなお女優としては完全復活がなされていないのが何とも悲しいです。
長年のメグ・ライアンファンからすれば、「くそ!ラッセル・クロウめ!!」ですよ。

で映画に戻りますが、この作品には期待できるような交渉人らしい頭脳戦などはほとんどありませんし、恋に落ちるシーンも中途半端。特に恋に落ちるシーンは私生活とダブっちゃうんですもん。見ていて辛かったですね〜。
まぁ後半、テリーが仲間と共に実力行使に出るシーンはなかなか面白かったのですが、どうせならもっとそのアクションシーンをたくさん見せてほしかったですね。だってそこしか見せ場がないくらい、映画全体が中途半端なんですもん。

おそらく監督は不倫という大人のラブロマンスを描きたかったのでしょうが、主役2人の壮絶なるリアル不倫に映画が完敗していましたね。
ほんと「事実は小説より奇なり」とはよく言ったものです。昔の人はえらいわ。そんな映画でした。ちゃんちゃん。

深夜らじお@の映画館は不倫は文化だとは思いませんが、興味はあります。

acideigakan at 18:00│Comments(8)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのトラックバック

1. アカデミー賞主演男優賞を受けた男優  [ アカデミー賞主演男優賞を受けた男優 ]   2007年05月25日 21:54
詳しくは......

この記事へのコメント

1. Posted by ぬこCEO   2007年04月05日 22:45
この映画の前だったか後だったか忘れましたが、ラッセル・クロウ自身も誘拐事件に巻き込まれてませんでしたっけ?
そのことをアカデミー賞受賞式でネタにされてたような。

なんか、不倫といい誘拐といい、ラッセルは実生活と役柄が密接ですね!
2. Posted by にゃむばなな   2007年04月05日 23:07
ぬこさん、コメントありがとうございます。

ははは〜、ほんと彼の実生活と役柄は密接してますよね。
てことは、いつかホテルの従業員に電話を投げ付けるような役も演じるのかな?
カメオ出演でもいいから期待してしまいますよ。
3. Posted by YUKKO   2007年04月06日 00:20
この映画の中で、ラッセル・クロウとメグ・ライアンはかなりの熱いからみのシーンがあったらしいですが、実際に不倫したので、監督がその部分をカットせざるをえなかったと聞きました。監督が「なにしんてねん!」と怒ったとか・・・!この映画のキャンペーンでメグ・ライアンが来日した時はすでに二人は別れてましたが、彼女はインタビューで「ラッセルは尊敬できるお友達」と言ってました。本当に見てて、つまらない映画でしたね。私はメグ・ライアンの「めぐり逢えたら」何回見たかわからないくらい、好きなんですが。
4. Posted by ミツ   2007年04月06日 12:31
こんにちは!

不倫のゴシップは覚えていても、もうこの映画の内容は覚えちゃいません(笑)メグ・ライアンもこれでラブコメの女王の座から失墜してしまいましたよね。それでも未だにCMに起用されるんですから、つくづく日本人はメグが好きだなぁなんて思ってしまいます。
5. Posted by にゃむばなな   2007年04月06日 21:10
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

『めぐり逢えたら』の頃のメグ・ライアンは素敵でしたよね〜。
そんな彼女が最近では『イン・ザ・カット』のようなつまらん映画にしか出演しなくなったのが非常に残念ですよ。

あぁ〜ラッセル・クロウとさえ不倫していなければ・・・。
6. Posted by にゃむばなな   2007年04月06日 21:13
ミツさん、コメントありがとうございます。

そうそう、ネスカフェかどこかのコーヒーのCMに今も出演してますよね。
日本語で「いい朝になる」なんてしゃべっている時点で、「我らのメグ・ライアンじゃない〜!!」と思いますよ。

あのCMは見ていて非常に辛いです。
7. Posted by かつかつ   2008年04月16日 17:26
管理人さん、ご無沙汰してます&気になった映画だったのでレスさせていただきますね。私もこの映画は大ショックでトラウマになっています・・・。(涙)メグって他のスターと違ってスキャンダルなんか起こさないイメージを裏切らないクリーンな女性と思ってたので。(一時期髪型も真似したぐらいだったのに)この映画を機に全て失った彼女に対してラッセルはオスカー俳優になって好き放題やっているのにオファーが絶えないなんて何か皮肉ですよね・・・。

私もネスカフェのCMは辛いです。
8. Posted by にゃむばなな   2008年04月16日 22:31
かつかつさんへ

ハリウッドって不思議な世界で付き合った2人が別れると決まって片方は仕事が増え、片方は減るんですよね。
レニー・ゼルヴィガーとジム・キャリーの2人もそんな感じでしたもんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載