2007年04月22日

『スパイダーマン』

スパイダーマンアメコミヒーローものの真打がついに映画化と聞いて楽しみにしていたこの映画。1作目公開当時はまだシリーズ化される話は表面化していませんでしたが、まるで『バットマン』を意識したかのようなオープニングに「これは間違いなくシリーズ化する気満々やな」と思いましたね。でもまさか6作目まで作る予定だったとは・・・いやはや凄いものです。

映画前半は世界観の説明ということもあって、なかなかスパイダーマンにならない主人公ピーターにやきもきしていました。しかも叶わない恋だと分かっているのに幼馴染のメリー・ジェーンを忘れられずいる。あんな男を地位と肉体だけの表面からしか見ていない女のどこがいいねん!?でしたよ。

そしてやっとこさスーパースパイダーに噛まれて特殊遺伝子になるもスパイダーマンへの道はまだまだ続きそうな展開に、サム・ライミ監督は『ダークマン』の失敗を繰り返す気か?と不安になってしまいました。叔父さんは亡くなるし、メリー・ジェーンを失うし・・・もうそろそろと限界を感じていた時にようやくスパイダーマン登場でしたね。この時点で結構疲れた〜でしたよ。

ウィレム・デフォー演じるゴブリンとの戦いもそこそこ面白いんですけど、『プラトーン』や『処刑人』で見慣れた彼があの顔を仮面で隠してしまうのが何とも惜しかったです。だって彼は素顔の方がゴブリンの仮面よりも強面なんですもん。そこんとこサム・ライミ監督も分かってあげなきゃ〜と思いましたよ。

物語が全体的に予定調和といった感じで可もなく不可もなくでしたが、ラストでピーターがメリー・ジェーンを受け入れない決断は個人的にすごく良かったですね。
別に彼女の安全のことを考えて突き放したという考えに共感したのではなく、理由はともあれ、自分をモテ女と勘違いしているようなあのアホ女をフッたという事実が凄く心晴れ晴れしましたよ。外見だけで判断するヤツはみんなあんな痛い目に逢えばいいねん!!でしたよ。
にゃはははは〜。

深夜らじお@の映画館はメリー・ジェーンといえば、つのだ☆ひろを連想する世代です。

この記事へのトラックバック

1. 真・映画日記『スパイダーマン』  [ CHEAP THRILL ]   2007年04月24日 23:46
4月21日(土)◆418日目◆ 外に出る予定は夕方以降。 なので、それまではのんびりと過ごす。 昼くらいから『スパイダーマン』を見る。 映画は資本(金)と作り手(監督)のウデ。 それをつくづく痛感する作品だね。 『スパイダーマン』シリーズは。 中盤...
2. 真・映画日記『スパイダーマン』  [ CHEAP THRILL ]   2007年04月24日 23:49
4月21日(土)◆418日目◆ 外に出る予定は夕方以降。 なので、それまではのんびりと過ごす。 昼くらいから『スパイダーマン』を見る。 映画は資本(金)と作り手(監督)のウデ。 それをつくづく痛感する作品だね。 『スパイダーマン』シリーズは。 中盤...
3. 「スパイダーマン」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年04月25日 00:12
3 「スパイダーマン」(2002) 《何を守るために?誰を守るために? 教えてくれ、この使命を授かった訳を。》 introduction 監督:サム・ライミ cast トビー・マグワイヤ、キルスティン・ダンスト、ウィレム・デ....
4. スパイダーマン  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年04月28日 16:34
2 評価:40点 《ヒーロー誕生記の描き方はかなり優秀。ただ不満も多し》
5. スパイダーマン  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年05月10日 20:57
 現在大ヒット公開中の「スパイダーマン3」ですが、そのシリーズ1作目となるのがコチラの「スパイダーマン」です。  スパイダーマンの誕生―スパイダー・パワーを手に入れたピーター・パーカー(トビー・マグワイア)がそのスーパー・ヒーローとしての運命を受け入れる....

この記事へのコメント

1. Posted by YUKKO   2007年04月22日 20:42
ずいぶん厳しいですね・・・。私はメリー・ジェーン役のキルンティン・ダンストの魅力がわかんないのでしょね。彼女のどこがそんなに良くっていろんな映画に出演してるのでしょうか?
2. Posted by にゃむばなな   2007年04月22日 21:01
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

個人的には十分楽しめた映画なのですが、いかんせん覆面ヒーローものと言えば・・・というこだわりのある世代なのでこんな評価になっちゃいましたよ。
3. Posted by にいな   2007年04月22日 21:50
よくぞ言ってくれました!

私はメリー・ジェーン役がキルスティン・ダンストというのがいまだに納得できないのですわ。

なんであんなオブスなのにヒロイン・・・・

ヒロインは美しくないと・・
4. Posted by にゃむばなな   2007年04月23日 00:07
にいなさん、コメントありがとうございます。

確かに日本人から見れば彼女はえらいべっぴんさんではないかも知れませんが、アメリカ人から見ればそうでないかも知れませんよ。

でも美人に対する基準が違っていてもあんな女だけは嫌ですね!
5. Posted by ちゃぴちゃぴ   2007年04月23日 00:39
やはり、MJというかキルスティン嬢の魅力がわからないちゃぴです。
インタビューウイズ〜では、確かにお人形のようでしたが、
あれはいずこへ〜〜
マリー・アントワネットなんて、なんでっ??って思った。ブスなのに。

HEROもの自体、好きだし、作品は楽しめました。
HEROの苦悩っていうのが、描かれたのって、なかったですしね。
大いなる責任はよかったですね。
ヒロインには…
「こんなブス、やめときぃ。」とはやはり思いました。
(-^〇^-) ハハハハ
6. Posted by にゃむばなな   2007年04月23日 19:53
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

確かに彼女はすごいべっぴんさんではありませんが、あの中途半端さが見ているうちに時々心地よくなることもありますよ。
ただこの映画みたいにモテモテっちゅうのは納得できないですね。

レニー・ゼルヴィガーといい、キルスティンといい、アメリカ人の美人の基準はよくわからんです。
7. Posted by ジグソー   2007年04月25日 01:16
どうも!
確かにMJは無いですねぇ〜
最初観た時は驚きましたよ(笑)

確かにウィレム・デフォーは普通の顔の方が怖いですよ!
『処刑人』の女装なんて夢にでます(笑)
8. Posted by にゃむばなな   2007年04月25日 22:13
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

ブサイクなMJと怖い顔のウィレム・デフォーのおかげで主役は意外と影が薄かった気がしたのも事実でしたね。
まぁトビーくんは普通にしていても影が薄そうなイメージですが・・・。
9. Posted by ミツ   2007年04月28日 16:50
こんにちは!

「ウィレム・デフォーは素顔の方が怖い」

「MJを受け入れない決断」

アハハ、僕とにゃむばななさんの感想がことごとく一致していて笑ってしまいました。やっぱり、そう思いますよね(笑)あ、勿論全体的に予定調和ってとこも含めて。

でも、こうやって低調だったおかげで『2』でまさかの大興奮が待っているんですよね〜。
10. Posted by にゃむばなな   2007年04月28日 18:45
ミツさん、コメントありがとうございます。

ほんと、我々2人の感想はことごとく一致してましたね。
そんでもって2作目のまさかの大興奮、これもまた同じでしたね。

そりゃ1作目でこんなもんか?と思っていた者からすれば、あの2作目はね〜。
興奮せずにはいられないっちゅうねん!ですよ。
11. Posted by miyu   2007年05月10日 21:05
キルスティン・ダンスト
あたしは可愛いと思うのですが〜(^-^;
日本ではかなり人気低いですよね〜。
ウィレム・デフォーは確かに仮面よりも
素顔の方が怖かったですね〜(´▽`*)アハハ
トラバさせてもらいますね〜。
12. Posted by にゃむばなな   2007年05月10日 22:15
miyuさん、コメントありがとうございます。

私も『2』以降は少しずつ可愛げのある女性だなと思えるようになりましたが、この映画のときは全くダメでしたね。
やっぱり日本ではメグ・ライアンみたいな顔立ちが受けるのでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載