2007年05月02日

『マシニスト』

マシニスト極度の不眠症でほぼ1年眠れていない機械工のトレバーが不可解な出来事に巻き込まれ、次第に精神が病んでいく様子を描いたサイコ・スリラー。この映画はなんと言っても30kgの減量に成功したクリスチャン・ベールの尋常ではない痩せこけた姿がすごい!
しかしもっと凄いのはこの作品の後、彼は『バットマンビギンズ』に出演するためあのムキムキボディを作り上げたってことです。まさに彼は現代における『レイジング・ブル』のロバート・デ・ニーロってところですね。役者魂を感じずにはいられませんでしたよ。

物語そのものはほんと、よくある類のものでした。不眠症に陥ったトレバーがある日職場の工場で新入りのアイバンという謎の男に声を掛けられますが、職場の人間は誰もこのアイバンという男の存在を知りません。やがてトレバーの周辺で起こる数々の不可解な出来事。家に帰れば冷蔵庫に謎の絵が描かれた張り紙。不安に駆られたトレバーはついに自分が不眠症に陥った原因を思い出す・・・というものです。

ジャンルがサイコ・スリラーの割りに物語の謎は途中で分かってしまいます。しかしトレバーが冷蔵庫に張られた謎のメモに書き足すペンの選び方など、随所に監督のうまさを感じるシーンが多くありましたね。
なにやらこの監督さん、一部のファンの間では結構人気のある方とか。是非この監督さんの前作『ワンダーランド駅で』や『セッション9』もみたいと思います。
同じ不眠症を扱った『インソムニア』と比べてもこちらの方をオススメしたいと思わせる、とても静かな映画。雰囲気をより味わうために深夜に見るっていうのも結構いいかも知れませんね。

それにしてもこの映画を見てから久しぶりに深夜帯に静かな喫茶店でのんびりとコーヒーでも飲みたくなりましたよ。特に深夜2時頃ってほとんど人がいない時間帯ゆえ、帰り道に何かこの世のものとは思えない「未知との遭遇」が待ってそうで、私は結構好きなんですよね。
耳をすませて目を閉じて、ふと何かが聞こえてきたらゆっくりと目を開けるとそこには・・・痩せこけたバットマンが!って、おるわけないわ!!しかもあのバットスーツじゃ中身は見えへんで!!
以上一人ボケつっこみでした。

深夜らじお@の映画館は眠れない日々が懐かしくて仕方ありません。

acideigakan at 22:01│Comments(6)clip!映画レビュー【ま行】 

この記事へのトラックバック

1. 「マシニスト」  [ 「青と緑の真ん中」 ]   2007年05月02日 22:50
極度の不眠症で1年も眠れず、病的に痩せ衰えた機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベイル)。自宅で不気味な貼り紙を見つけ、新しい同僚に出会って以来、彼の周囲で奇妙な出来事が頻発する。誰かが自分を陥れようとしていると感じたトレヴァーは、疑心暗鬼になっていく。(Ya...
2. マシニスト  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年05月03日 22:29
 『すでに1年間365日眠っていない。』  コチラの「マシニスト」は、ありばばみょんのご紹介で観ちゃいましたぁ〜♪このひょろひょろ〜なジャケットには目を奪われてしまいますよね。  しかも、コレって実際に映画の中でもトレバー(クリスチャン・ベイル)がふざけて...
3. 「マシニスト」クリスチャン・ベイル激痩せ  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2009年06月27日 11:14
クリスチャン・ベイルが30キロ減量して挑んだ作品ということで有名ですが、肝心の内容の事は全く知らずに、gyaoで無料配信していたので見て??.

この記事へのコメント

1. Posted by あかひ   2007年05月02日 22:57
クリスチャン・ベールは好きなので、素直に観れない作品です。

あの痩せ具合はすごかったですよね〜。その上眠れない苦しみと不安をよく演じてくれていたと思いますね〜。

私もあの空港の喫茶コーナー(?)のシーンは好きです。印象に残りますよね。しかし何故空港なのか?これもどこかのサイトで解説してくれてた気が・・。
2. Posted by にゃむばなな   2007年05月03日 14:32
あかひさん、コメントありがとうございます。

クリスチャン・ベールはいい俳優なのになかなかアカデミーなどの賞レースにはお呼びがかからないですね。

で、あの空港の喫茶コーナーですか。
確かに印象的なシーンですね。
空港という世界と繋がる空間、つまりここが夜でも別の国では昼ということもある、昼夜に関する意識が少ない場所ということで空港を選んだのではないでしょうか。
3. Posted by miyu   2007年05月03日 22:33
痩せこけたバットマン(*≧m≦*)ププッ
次回のバットマンでは是非クリスチャン・ベイルに
体作りに失敗してもらってそんな勇姿?を
見せて欲しいですね(´▽`*)アハハ
正直体作りからアプローチする演技って
どうかな?とも思うのですが、
クリスチャン・ベイルの場合その根性が
ハンパないですよね。
トラバさせていただきますねぇ〜。
4. Posted by にゃむばなな   2007年05月04日 10:44
miyuさん、コメントありがとうございます。

CGで何でも描ける時代にあの根性は素晴らしいと思いますよ。
下手すりゃ体を壊すどころじゃなくなりますからね。

ああいう俳優さんをもっと大事に評価してくれる映画界であってほしいと思います。
5. Posted by latifa   2009年06月27日 11:17
こんにちは、にゃむばななさん。
私も深夜2時とかの不思議な感じ・・大好きでした♪ 最近は全然その時間帯に出かけられないなあ・・・(T_T)

マイケルとファラ・フォーセットの悲報は、70年代に2人が活躍していた頃をリアルに知っている者としては、ショックがでかかったです・・・。
6. Posted by にゃむばなな   2009年06月27日 22:18
latifaさんへ

あの深夜2時頃の雰囲気。あれが秀逸な映画でしたよ。
そういえば私も最近2時頃は完全に夢の中ですわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載