2007年05月19日

『主人公は僕だった』

主人公は僕だったタイトルがなぜ過去形なのか・・・そこがこの映画のミソと思い見てみましたが、評判通り心温まる映画でした。特にラストで作家カレンが語る結末を変えた理由には思わず涙してしまいました。人生を有意義なものに変えたいと望む私にとっては明日にでもハロルドのように「声」が聞こえないかな〜と期待してしまうほどでしたね。

当初は規則正しい生活を送る平凡な国税庁の役人ハロルド・クリックと悲劇作家カレンとのやりとりが中心かと思っていましたが、実際に映画を見てみると彼らが出会うのは後半になってから。それまではハロルドが謎の声に悩まされたり、パン屋のアナといがみ合った挙句恋に落ちたり、ヒルバート教授と喜劇と悲劇について語り合ったりするなど、新鮮味のある展開が目白押しでした。

特にオープニングでハロルドという人物を説明する、いつもながらのよくあるナレーションが突然主人公にも聞こえ出すというくだりはすごく面白かったです。
そりゃ誰だって突然自分のことを説明している声が聞こえたらびっくりしますよね。さすがに私はハブラシに耳を当てることまではしませんが、それでも四方八方声の出所を探してしまうでしょう。挙句奇声をあげてしまうかも知れませんが・・・。
他にもパン屋のアナとのクッキーをごちそうになるエピソードや、クイーン・ラティファ演じるペニーが作家カレンに根気強く付き合う姿も面白くてよかったです。

そして後半ハロルドとカレンが出会い、物語を読んだハロルドがその出来を絶賛し、自分の命が賭かっているのにもかかわらず、結末の変更を全く依頼しなかったくだり。
いったいどんなオチになるのか非常に楽しみでした。
それがまさかあんなきれいなラストを用意してくれていたとは・・・途中に挟まれていた職を探す黒人女性と自転車を買ってもらった少年とのエピソードもこんなにきれいに、しかも違和感なく混ざり合うなんて本当に感激でしたよ。

生活における習慣やお決まりのパターンというものは変化を恐れるがあまり人が無意識のうちに作ってしまうものだと思いますが、「誰かのために」その習慣を変えなければならない、もしくは変えたいと願うと人は大きく変われるんですね。
ハロルドのために結末を新しく作り直したカレン、そのカレンのために11年間してこなかった締め切り延長をやりくりしてくれるペニー。あのラストには「誰かのために頑張る」という人が持っている崇高な優しさがふんだんに詰め込まれていたと思います。

そしてタイトルが過去形だった理由・・・それこそ悲劇作家カレンが最後に語った、物語の結末を変更した理由だったというのがすごく心に染み入りました。

深夜らじお@の映画館も謎の声を聞いて人生を変えてみたいです。

この記事へのトラックバック

1. 「主人公は僕だった」OS劇場  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2007年05月19日 23:46
3 「この半分の価値しかない脚本を見つけるのも至難の業だ」とダスティン・ホフマンが絶賛した作品です。 あらすじ 国税庁の職員ハロルド(ウィル・フェレル)は過去12年間毎朝76回歯を磨き、324歩でバス亭へ行き、国税庁へ・・・そして一人で夕食、毎晩きっかり11....
2. 「主人公は僕だった」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年05月20日 00:05
4 「主人公は僕だった」(2006) 《男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。》 5/7よみうりホールで試写会にて観賞 introduction 監督:マーク・フォスター cast ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、....
3. 主人公は僕だった  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年05月20日 20:15
 『男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。』  コチラの「主人公は僕だった」は、5/19公開になった"人生のストーリーを書き直したいすべての人に贈る、奇想天外で心温まる感動作。"小説の世界と現実が交錯する不思議なコメディなのですが、早速観て来ちゃい....
4. 主人公は僕だった  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年05月22日 13:20
予告を観て面白そうだったので鑑賞してみた―【story】国税庁の会計検査官ハロルド(ウィル・フェレル)は、ある日突然聞こえてきた女性の声に驚いた。その声は彼の行動を同時進行で描写している。そして、事もあろうにハロルドはもうすぐ死ぬ・・・と語ったのだ!不安に駆ら...
5. 主人公は僕だった  [ 悠雅的生活 ]   2007年05月22日 21:47
愛する彼女に‘フラワー’を…
6. 主人公は僕だった(試写会)  [ カリスマ映画論 ]   2007年05月23日 01:25
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  奇妙な悲劇がもたらした、色めき艶めく我が人生  
7. 「主人公は僕だった」  [ やまたくの音吐朗々Diary ]   2007年05月23日 20:40
5月19日より公開される映画「主人公は僕だった」の試写。監督はマーク・フォースター。出演はウィル・フェレル、マギー・ギレンホール、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファ、エマ・トンプソンほか。【ややネタバレを含んでいます】国税庁に勤めるハロルド・クリック...
8. 主人公は僕だった(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年05月25日 15:13
男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。
9. 真・映画日記『主人公は僕だった』  [ CHEAP THRILL ]   2007年05月31日 15:53
5月30日(水)◆457日目◆ 朝、日記を書き更新するかしないか、 という時に……書いた日記を消してしまった。。 原因はケータイの誤動作。 けっこうブルーだったねー。 終業後、神谷町駅近くのスタバで日記の更新。 午後8時、日比谷の「みゆき座」で『主人公は僕...
10. 主人公は僕だった−(映画:2007年63本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年05月31日 23:40
監督:マーク・フォースター 出演:ウィル・フェレル、エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファ、マギー・ギレンホール 評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) ちょっと前に「奥様は魔女」でニコール・キッドマンの旦那役で登場し....
11. 『主人公は僕だった』  [ 月影の舞 ]   2007年09月26日 16:44
「物書き志望のヒトには、おもしろいかもよ」と 人から借りたDVD『主人公は僕だった』を観る。 もし、自分の人生が誰かの描く物語だったら……と いうコミカルファンタジー。 このテーマは「トゥールマンショー」に通じるものが あるのだけど、また趣き...
12. 主人公は僕だった  [ 晴れたらいいね〜 ]   2007年12月22日 00:51
気前よくサインをくれないセレブトップ(爆)のウィル・フェレル主演どす。彼の出演作は、何本か観てますが、すべてコテコテのコメディ。なにげに劇場で観たいお正月映画「俺たちフィギュアスケーター」は楽しみなんですが、京都は予定がナイ?ようなの(涙)この映画は、....
13. 「主人公は僕だった」  [ NOHOHONブログ ]   2008年01月12日 00:58
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ある日、自分の行動をナレーションするような声が聞こえてきて、、、 なんと自分は小説の主人公だった。その作家の小説は最後に主人公が死ぬというが、、 面白い設定。こんな設定でどう展開していくんだ?と思ったけど、いいまとめ方でした。 ....
14. ≪主人公は僕だった≫(DVDレンタル@2008/01/02@003)  [ ミーガと映画と… -Have a good movie- ]   2008年01月23日 16:50
主人公は僕だった   公式HP   詳細@yahoo映画 ちょっと設定が面白そうだなと思って観た作品 最初の数字が現れるデジタルな感じは好きだし面白いなぁ …と思いながら観てたんだけど、途中からちょっと退屈に… 脚本は素晴らしいと思うけど期待した分、...
15. 主人公はイラブ似だった「主人公は僕だった」  [ 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」 ]   2008年02月08日 01:01
ある日、自分の生活についてのナレーションが聞こえてきて…「主人公は僕だった」をレンタル。 主人公のハロルドにドドッと感情移入。めちゃ良かったです。 オープニング、エンディングもしゃれててグッド! またも主人公の声(吹き替え)、山ちゃん(山寺宏一)。 ....
16. 主人公は僕だった ≪小説の奇は事実なり≫  [ 恥じて生きるな!熱く死ね! ]   2008年03月04日 22:22
4 STRANGER THAN FICTION 評価:70点 男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。 【監督】マーク・フォースター 【脚本】ザック・ヘルム 【音楽】ブリット・ダニエル/ブライアン・レイツェル 【出演】ウィル・フェレル/エマ...
17. 主人公は “2人” だった●主人公は僕だった  [ Prism Viewpoints ]   2008年05月23日 04:13
キャッチャーなタイトルが、作品をミスリードさせる。 『Stranger Than Fiction』 主人公は僕だった - goo 映画 平凡で面白みのない男、ハロルド。...
18. 映画『主人公は僕だった』  [ 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 ]   2008年10月18日 01:52
原題:Stranger than Fiction 事実は小説よりも奇なり、というけど、小説の主人公がそのまんま僕だったなんて、いかにも嘘っぽくて期待しなかったけど??意外に面白くて感動的な物語?? 主人公は国税局に勤め几帳面で計算にも強いハロルド・クリック(ウィル・フェレ...
19. 『主人公は僕だった』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年10月18日 21:29
『主人公は僕だった』を観ましたもうすぐ自分の人生が終わってしまうと知った男が、死を阻止するために奔走するファンタジードラマです>>『主人公は僕だった』関連原題: STRANGERTHANFICTIONジャンル: コメディ/ドラマ/ファンタジー製作年・製作国: 2006年・アメ...
20. 『主人公は僕だった』'06・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年10月29日 06:47
あらすじ毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数だけ歯を磨き、同じ歩数でバス停まで歩き、毎晩同じ時間に眠る会計検査官のハロルド・クリック(ウィル・フェレル)。そんな几帳面すぎる毎日が続くある日、彼の行動を正確に描写する女性の声が彼の耳に聞こえてくる。その声の主は...
21. 主人公は僕だった  [ Blossom ]   2009年01月24日 10:53
主人公は僕だった STRANGER THAN FICTION 監督 マーク・フォースター 出演 ウィル・フェレル エマ・トンプソン     ダスティン・ホフマヮ..

この記事へのコメント

1. Posted by YUKKO   2007年05月20日 00:02
心温まる映画でしたよね。作家が「ハロルドの死に方が決まった!」って言った時から、よほど変わった小説の終わり方かなんて思いましたが、案外平凡でしたね。
私の人生を驚異的に変えたいなら、まず15歳くらいに戻って・・・・変えたいので、今作家の声が聞こえても遅いのです。なんで、いろいろ映画見るたびにしょっちゅう映画の主人公になってます。もちろん、女性ですが。
2. Posted by ジグソー   2007年05月20日 00:27
どうも!
俳優陣が皆ピタリとはまっててよかったですよね。
ウィル・フェレルのファンだったんですが、彼がこんな普通の演技が出来るとは意外でした(笑)

あのラストはかなり好きです。
元々バラバラの話が1つになるのが好きなんで。
でもこんなに綺麗に終わるとは思わなかったです。
3. Posted by にゃむばなな   2007年05月20日 16:15
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

あらら、YUKKOさんは15歳の時に人生を変える何かがあったんですね(笑)
私も様々な映画を見るたびに主人公になった気分になることが多々あるので、今回も自分の人生を・・・と考えて見ましたが、ハロルドのような勇気ある最後を迎えることは難しそうです。
4. Posted by にゃむばなな   2007年05月20日 16:19
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

ラストの色んなエピソードがまとまるところは本当に綺麗でしたね。さすが『チョコレート』『ネバーランド』のマーク・フォスター監督!と絶賛しちゃいましたよ!
5. Posted by ちゃぴちゃぴ   2007年05月20日 19:42
これ、面白そうですね。
ウィル・フェレルなので、コテコテのコメディかなと思ったのですが、
心に暖かいお話なようですね。
う〜ん観たいな。
ほぉ、マーク・フォスター監督ですかぁ。
評判もいいしなぁ〜。
着眼点が、すごく新鮮だけど、
人がみんな頭でよく考えてそうな事だし、好感大ですね。
6. Posted by にゃむばなな   2007年05月20日 20:12
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

そうそう、着眼点の面白さといい、この映画はオススメですよ。
ほんと今年はミニシアター系作品が洋邦問わず面白いですね。
7. Posted by miyu   2007年05月20日 20:25
観て来ましたぁ〜♪
本当ウィル・フェレルの主演作でコレ程
感銘を受けるとは思ってませんでした(´▽`*)アハハ
確かに新鮮味のある面白い展開でしたね。
トラバさせてもらいますね〜。
8. Posted by にゃむばなな   2007年05月20日 21:10
miyuさん、コメントありがとうございます。

コメディ俳優としてのイメージが強いウィル・フェレルでこんなに感動できるとは思いもしませんでしたね。
本当に素晴らしい映画だったと思いますよ。
9. Posted by 睦月   2007年05月23日 00:05
こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました。
しばらく不在にしておったためにウチの方にもらったコメントにお返事が出来ておりません・・・すみません。

この作品、素敵な1作でした。ファンタジーベースの人間ドラマという感じで、地味ではありますが、ジンワリと心が温かくなるような展開に心地よさを感じる作品だったと思います。

キャスト陣も皆良かったですね。
こんなウィル・フェレルは初めて観たような気がします(笑)
10. Posted by にゃむばなな   2007年05月23日 00:37
睦月さん、コメントありがとうございます。

実を言うと私もウィル・フェレルは初体験なんですよ。
彼はこの映画のように地味ではありますが、しっかりとした魅力をあるところにすごく好感が持てました。
映画も彼もこれからヒットしてくれればいいのですが、何分地味ですからね〜。
11. Posted by ちゃぴちゃぴ   2007年12月22日 00:56
面白かったですねぇ。
ありそうでなかった設定ですもん。
私も、オチがどうつくのか、楽しみでした!
こんな終わり方も素敵でしたよね。
キャスティングが絶妙によかった。
ウィル・フェレルの演技も、いつもと違ってよかったです。彼のあのフィギュアの新作映画が、すごく観たいんですが、京都は今のところ予定がどこの映画館もなくって、残念です。
12. Posted by にゃむばなな   2007年12月22日 17:53
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

フィギュアスケートなのに男子ペアのあの映画ですね。神戸でも上映されるかどうか微妙ですね。
だって明らかに映画ファンしか見に行かない感じがしますもんね。

せめてこの映画くらいの公開規模があればうれしいのですが・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載