2007年05月30日

『セブン』

セブンキリスト教に伝わる7つの大罪に関連した連続猟奇殺人事件を描いたデヴィッド・フィンチャー監督の出世作。この作品以降、香港映画の『ダブル・ビジョン』など似たような作品が作られているところを見ると非常にエポック・メイキングな映画だと思います。

『エイリアン3』でも象徴されたように暗い雰囲気と映像が持ち味のこの監督。でもやはりこの映画の凄いのはアンドリュー・ケビン・ウォーカーの脚本でしょう。
降り止まない雨、電車の振動がひどいアパートの部屋、とても静かな図書館、そして乾いた空気と何かがおかしい雰囲気が漂う砂漠でのラスト。
暴食、強欲、怠惰、肉欲、高慢、嫉妬、憤怒という7つの大罪に関連した事件を解決に当たるのは残り7日で退職となるサマセット刑事。新任のミルズ刑事との月曜日から始まった捜査が終了するのは7日目の日曜日。
本当にものの見事に計算された脚本だと思います。特にあのラストは衝撃的でした。まさかあのような形で7つの大罪を全て完成させるなんて・・・。

また俳優陣も素晴らしかったです。この映画で注目されたケビン・スペイシーの何とも言えない気味の悪い雰囲気。冷静にかつ慎重に犯人の真意を測るモーガン・フリーマンと熱く燃えるブラッド・ピットのコンビも素敵でした。
そしてこの映画での競演がきっかけとなってブラピと婚約までしたグウィネス・パルトロウ。本来ならミルズの妻役ということでインパクトは薄いはずなのですが、意外と記憶に残っていたのが驚きでしたよ。

やはり映画は優れた脚本とそれを映像化できる監督の力量があってこそ素晴らしいものとして完成するもの。
もうすぐ公開されるデヴィッド・フィンチャー監督最新作『ゾディアック』も予告編からは『セブン』と似たような雰囲気が漂ってますし、実際にアメリカで起きた未解決連続殺人事件であり、ロバート・ダウニーJr.の復活が見れる作品だけに非常に楽しみです。

深夜らじお@の映画館はウルトラセブンも大好きです。

この記事へのトラックバック

1. 「セブン」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2009年01月27日 01:29
5 セブン監督:デビッド・フィンチャー出演:ブラッド・ピット , モーガン・フリーマン , グウィネス・パルトロウ , ジョン・C・マッギンレー収録時間:127分レンタル開始日:2004-04-09Storyキリスト教の“7つの大罪”になぞらえた猟奇殺人事件...
2. セブン  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年08月17日 22:36
「7つの大罪」は7人の死で完結する。
3. セブン  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年06月16日 23:54
レンタルで鑑賞―【story】キリスト教の≪7つの大罪≫になぞらえた奇怪な殺人事件をベテラン刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と新任刑事ミルズ(ブラッド・ピット)が追うが―     監督 : デヴィッド・フィンチャー 『ベンジャミン・バトン数奇な人生』【com...
4. セブン  [ 晴れたらいいね〜 ]   2011年02月23日 00:53
私自身は、映画どっぷり生活に陥ってからの経歴は浅いです。若者と変わらんだろ(笑)10年経ってるか否か?ですね。この映画も最初に見たのは、陥ってすぐ位ではないでしょうか。 ...
5. セブン  [ E'S STREAM ]   2015年09月18日 20:22
大罪を裁くのは、人の業か、それとも、災厄か…。キリスト教における神が記した「七つの大罪」を具現化し、猟奇殺人に及ぶ前代未聞の事件が起きた。ベテラン刑事サマセットは、新人のミルズを引き連れ、猟奇殺人の現場を次々と訪れた。いずれも、キリスト教の大罪に被害者を

この記事へのコメント

1. Posted by ちゃぴちゃぴ   2007年05月30日 22:54
あっ!これ!
無性に「今みたい映画」の一つです!
あのラスト…もう一回確かめたい。
前に観たときは、「え〜?!」「うわぁっ〜」で…。もう一回冷静に観たい。
俳優さんたちも、ゾクゾクしました!
私もこの映画でのグウィネス・パルトロウ、印象に残ってますね

観たくなったのは、ゾディアックのせいもおおいにあります〜。
2. Posted by YUKKO   2007年05月31日 01:24
この作品でブラッド・ピットが日本でより人気がでましたよね。でも、最後の彼の苦悩の表情が見るたびに辛くなるのです。監督はラストを2パターン用意したとか・・・私はもうひとつのブラッド・ピットが殺さないバージョンが見たいです。この映画でブラッド・ピット本当に手に怪我をして包帯してるのですが、その怪我の後、グウィネスと付き合うようになったそうです。だから、ブラッド・ピットの包帯みるたびに、ぞーーぞーーとします。
3. Posted by あかひ   2007年05月31日 09:48
あら、これも私のフェイバリットなんですよ。魅せますよね〜。
『ゾディアック』も期待してます!
4. Posted by にゃむばなな   2007年05月31日 22:05
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

私もこの映画を久しぶりに思い出した理由はやはり『ゾディアック』絡みなんです。
だってあんな予告編を見せられちゃ〜、誰だってこの映画のラストを思い出しちゃいますもんね。
『ゾディアック』、楽しみですわ〜。
5. Posted by にゃむばなな   2007年05月31日 22:09
YUKKOさん、コメントありがとうございました。

そうでした!ブラピ信奉者のYUKKOさんにとってはこれは複雑な思いになる映画でしたね。
となるとジュリエット・ルイスと競演した『カリフォルニア』も同じようなものかな?

ともあれ、ブラピから見てグウィネスとアンジーのどこに共通点があったのか、今更ながら少し興味が沸きます。
6. Posted by にゃむばなな   2007年05月31日 22:11
あかひさん、コメントありがとうございます。

そうですよね、この映画が好きな者にとっては『ゾディアック』は非常に楽しみですよね。
しかも実際に起きた未解決事件を取り扱っているのですから、いったいどんなオチになるやら・・・。楽しみです!
7. Posted by 由香   2010年06月18日 17:45
こんにちは〜♪

ことごとく悲劇的要素を嫌っていた昔に観た時は、完全に嫌なトラウマを残してくれちゃった映画でしたが(笑)、今観ると、完璧な脚本にえらく感動してしまいました。

最近、よく感じるのですが、この頃の映画の方が脚本がよく練られていたような気が・・・年のせいでそう感じるのかしら?(涙)

ラストはモーガン・フリーマンの方が犯人を撃つという案もあったそうですが、やっぱりこれで良かったと思います。これでこそ7つの大罪が完成するんですものね〜
8. Posted by にゃむばなな   2010年06月18日 17:56
由香さんへ

そうですね。この頃の映画の方がよく練られた脚本ですよね。
最近は映画を作りすぎて、いい脚本が不足していますからね。
9. Posted by ちゃぴちゃぴ   2011年02月23日 00:58
久しぶりに再見して、やはり面白かったですね。
あのエンディングは、初見の時は絶句したのを覚えてます。ものすごく残りました。
これからミレニアムのリメイクをされるそうですが、同この監督が料理しちゃうのかっていうのは、楽しみです。スウェーデン版でもういいと思うんですが、この監督はあの映画をどうするのかなっていうのはありますね。
10. Posted by にゃむばなな   2011年02月23日 02:04
ちゃぴちゃぴさんへ

デヴィド・フィンチャーといえば今だにこの映画が代表作という気がしますよ。
そんな監督があのスウェーデンミステリーをどう料理するのかは、本当に楽しみですよね。
11. Posted by    2015年09月18日 19:59
サマセットがそうしていたように、相手を理解する事が、捜査であったり、情報を管理する側が最初にやらなくてはならない事なのでしょうね。

原理を持ち出すあたり、繊細な学者タイプかと思いきや、そうでもなく、何故、娑婆に犯人が出てきて、確保されたのか、そのわけとか、考えてしまいましたが、孤独に抱え込むには、限界があったのでしょうね。
12. Posted by にゃむばなな   2015年09月18日 23:31
隆さんへ

犯人と警察の駆け引きはやがて同じ舞台で行われる。
それがあんな結果になるのも恐ろしいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載