2007年06月16日

『アポカリプト』

アポカリプト『パッション』に続き、またしても終末的要素を中心とした映画を撮ったメル・ギブソン監督。いったい彼はどんな境地に辿りつき、こういう類の映画を撮るようになったのか…、それがとても気になりましたね。

全編マヤ語で作られたこの映画、前半の帝国の部隊が平和な暮らしを望むジャガー・パウの村を襲撃するくだりはなんとなく『ブレイブハート』っぽくて新鮮味がなく、あらら10年前の焼き直しですか?と少し残念な気持ちになりました。

しかも捕らえられたジャガー・パウたちが都会に連行され、捕虜としてではなく生贄としてマヤの祭壇で心臓をえぐり出され斬首されるシーンや斬られた首や残った胴体が祭壇の上から投げ落とされるシーンなど、とにかく残酷な映像が続くのです。
特に一番恐ろしかったのはジャガー・パウが逃げる途中で見てしまった、首なし胴体ばかりが捨てられたゴミ捨て場。その数の多さに思わず言葉を失ってしまいましたよ。おそらく生贄制度があったあの時代ならあのようなゴミ捨て場も存在していたんでしょうが、それを考えるとより恐ろしくなってしまいます。

ただジャガー・パウが自分の森に逃げ帰ってからの追跡者に対して攻撃と復讐をする後半はエンターテイメント性が強くて凄く楽しめました。特に海辺に逃げ込んだジャガー・パウが目にした光景。あれをラストに持ってくるところが、さすがメル・ギブソン監督!でしたね。本当にびっくりしましたが、よく考えるとあれも「新しい始まり」なんですよね。

この映画には「恐怖は病である」や「新しい始まり」などの、マヤ文明衰退期を舞台にしているにもかかわらず、現代世界に対する警鐘とも言えるメッセージが多くて、まるでもうすぐ人類は滅亡する、しかも内部からの崩壊で…と言われているような気がしましたね。一つの時代が終わり新しい時代が始まるのはいいことですが、肝心の新しい時代が始まらないまま一つの時代が終わる「終末世界」が最近の世界情勢などを見ていると感じるだけに、この映画は凄く心に残りました。是非多くの方に見ていただきたい秀逸な映画なのですが、残酷なシーンが多いだけに日本でのヒットはあまり期待できないと思います。でも素晴らしい映画です!

深夜らじお@の映画館はメル・ギブソンという映画監督にもう一度オスカーを受賞していただきたいです。

この記事へのトラックバック

1. アポカリプト  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年06月17日 14:46
今週末は多忙なため映画館通いを諦めていたが、『通常料金でプレミアスクリーン+ポイントがたまっている』・・・根性だぁ〜〜〜走れ風のように『300』でパンツ男たちの勇姿を観た後は、フンドシ男の生き様を観るぞ〜〜〜【story】マヤ文明後期の中央アメリカのジャングル。...
2. アポカリプト◆マヤの勇士を描く神話的アクション大作  [ 好きな映画だけ見ていたい ]   2007年06月17日 19:43
     「アポカリプト」 (2006年・アメリカ)    監督:メル・ギブソン    共同脚本:メル・ギブソン/ファラド・サフィニア    撮影監督:ディーン・セムラー    出演:ルディ・ヤングブラッド/ダリヤ・ヘルナンデス/ラオウル・トルヒーヨ 「手に汗握る」...
3. アポカリプト/APOCALYPTO  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年06月17日 22:46
メル・ギブソンがこれまで監督してきた作品、全部好き{/ee_1/} 『パッション』に続く新作を楽しみにしてたので、CM、劇場予告、公式サイトのトレーラー、 一切観ずに完全予備知識なしで挑みました〜。 あとで知ったけど先行上映で観てきた☆ 今回極力情報、画像抑えめ、で...
4. アポカリプト  [ Akira's VOICE ]   2007年06月18日 10:31
第一回自然界筋肉番付,勝者はジャガーさん!
5. 映画「アポカリプト」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年06月18日 22:23
映画「アポカリプト」に関するトラックバックを募集しています。
6. アポカリプト  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年06月19日 00:15
走って、走って、走りまくる!彼らはいったい何処へ行こうとしているのか!?                               評価:★7点(満点10点) 2006年 138min 監....
7. 映画「アポカリプト」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2007年06月19日 20:46
2007年45本目の劇場鑑賞です。「パッション」「ブレイブハート」のメル・ギブソン監督作品。マヤ文明の衰退を壮大なスケールで描いたアクション・アドベンチャー。マヤ文明後期の中央アメリカのジャングルを舞台に、狩猟民族の青年が過酷な運命に翻弄されながら家族を救う...
8. 映画「アポカリプト(APOCALYPTO)」  [ わかりやすさとストーリー ]   2007年06月20日 22:24
●「いまだかつて誰も見たことのない」に偽りなし。「裏の体」で読み解ける、極めて異色で極めて現代的(脳化社会の真っ只中で渇望される「体」)な作品●普通はすることをしない姿勢に気迫アリ。残酷描写には意味がある。サバイバルと再生。水が象徴するものとは?
9. アポカリプト  [ 映画君の毎日 ]   2007年06月22日 00:11
公開前から「300」と比較される事が多く、 前日の記憶が冷めぬ前に鑑賞。 殺戮のシーンと裸の男が多い事と一応歴史モノということ以外、 ほとんど似て非なる映画だった。 まずこの映画はスプラッタやグロテスクな物が
10. 「アポカリプト」観てきました♪  [ りんたろうの☆きときと日記☆ ]   2007年06月22日 03:35
☆「アポカリプト」 監督:メル・ギブソン 出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・ヘルナンデス、ジョナサン・ブリューワー、モリス・バード、カルロス・エミリオ・バエズ、アミルカル・ラミレス ジャガー・パウは、中央アメリカのジャングルで生きるハンターの子孫。 部族...
11. アポカリプト  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年06月23日 22:28
 アメリカ  アドベンチャー&アクション&サスペンス  監督:メル・ギブソン  出演:ルディ・ヤングブラッド      ダリア・エルナンデス      ジョナサン・ブリューワー      ラオール・トゥルヒロ 【物語】 誇り高き狩猟民族の血統を受け継ぐ青年...
12. アポカリプト  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年06月25日 22:04
 『マヤ文明、崩壊前夜。 我々は驚異の世界の目撃者となる!』  コチラの「アポカリプト」は、6/16公開になったR-15指定のマヤ文明後期を舞台に壮大なスケールで繰り広げられるスリリングなアクション映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  「パッション」のメ....
13. 真・映画日記『アポカリプト』  [ CHEAP THRILL ]   2007年06月27日 15:38
6月26日(火)◆483日目◆ 終業後、日比谷にある「スバル座」へ。 メル・ギブソン監督の『アポカリプト』を見る。 中央アメリカ(メキシコ南部からグァテマラあたり)のジャングルに代々住む狩猟民族の村が、 ある日マヤの都からやって来た傭兵(蛮族)に襲撃され...
14. アポカリプト (Apocalypto)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2007年06月29日 01:43
監督 メル・ギブソン 主演 ルディ・ヤングブラッド 2006年 アメリカ映画 138分 アクション 採点★★ 映画ってのは結局のところ娯楽の一つであるが故に、たとえ作り手の主義主張に多少相容れることが出来ない部分があったとしても、映画自体が面白ければ基本的には全く問題な...
15. アポカリプト  [ シネクリシェ ]   2007年07月04日 08:00
 すばらしい作品に出合うと、ほとんどの場合はその映画作家の他の作品を観たくなるものです。  しかしながらごくまれに、他の作品など観る気が起きない場合があります。  その作品がとびぬけて優れている場合、
16. 映画『アポカリプト』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2007年07月08日 10:40
48.アポカリプト■原題:Apocalypto■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:138分■鑑賞日:6月23日、新宿オデヲン座(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督・製作・脚本:メル・ギブソン□脚本:ファラド・サフィニア□製作:ブルース・デ...
17. 【2007-95】アポカリプト(APOCALYPTO)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年07月08日 23:13
4 人気ブログランキングの順位は? マヤ文明、崩壊前夜。 我々は驚異の世界の目撃者となる! 暗黒の昼―ジャガーを連れてくる男に気をつけろ。
18. アポカリプト ≪マヤ帝国残酷物語≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年07月19日 21:33
4 APOCALYPTO 評価:70点 マヤ文明、崩壊前夜。 我々は驚異の世界の目撃者となる! 【監督】メル・ギブソン 【製作】メル・ギブソン/ブルース・デイヴィ 【脚本】メル・ギブソン/ファラド・サフィニア 【音楽】ジェームズ・ホー...
19. アポカリプト−(映画:2007年132本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年11月25日 10:35
監督:メル・ギブソン 出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・ヘルナンデス、ラオウル・トルヒーヨ、ジョナサン・ブリューワー、モリス・バード、カルロス・エミリオ・バエズ、フェルナンド・ヘルナンデス・ペレス 評価:80点 (ネタバレあります) 劇場後悔して....
20. アポカリプト  [ くんだらの部屋 ]   2007年12月08日 18:45
4 APOCALYPTO (2006 米) 生々しい“生”の力を見た!! 生とは,こんなにも痛々しいものだったんですね。 “血の海から生まれる”とは実にうまくした表現なのが分かる。 「恐れるな。 恐れを持ち込むな。」 文明と共に人間は、この“痛み”を忘れ、“恐怖”を覚えてい...
21. アポカリプト(DVD)  [ ひるめし。 ]   2008年06月16日 11:12
暗黒の昼――― ジャガーを連れてくる男に気をつけろ。
22. 『アポカリプト』'06・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年09月10日 09:14
あらすじ誇り高き狩猟民族の血を受け継ぐジャガー・パウ(ルディ・ヤングブラッド)は、妻や仲間とともに平和な暮らしを送っていた。ところが、ある日、マヤ帝国の傭兵による襲撃を受け仲間とともに都会に連れ去られてしまう。そこで彼らを待ち受けていたのは・・・。感想...
23. 「アポカリプト」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年12月31日 17:11
こないだ劇場で観た「紀元前1万年」の他人のレビューを読むと、 結構この作品と比較してる人がいたので、DVDで見てみる事に。
24. 『アポカリプト』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年01月13日 07:32
『アポカリプト』を観ました『パッション』『ブレイブハート』のメル・ギブソンがメガフォンをとり、マヤ文明の衰退を壮大なスケールで描いたアクション・アドベンチャーです>>『アポカリプト』関連原題: APOCALYPTOジャンル: アドベンチャー/アクション/サスペンス...
25. アポカリプト  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年02月02日 16:18
2006 アメリカ 洋画 アクション アドベンチャー 作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、スゴイ 出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・ヘルナンデス、ジョナサン・ブリューワー、モリス・バード 専門家によれば、現在のマヤ文明の研究と多々食い違う点はあるようだが、...

この記事へのコメント

1. Posted by にいな   2007年06月16日 22:21
おっ
もう見られたんですか?

CMを見ている限りではあまり好きな部類の作品じゃないのでスルーしようかと考えていましたが、にゃむばななさんの感想を読んでいるとちょっと気になりますね
2. Posted by にゃむばなな   2007年06月16日 22:41
にいなさん、コメントありがとうございます。

映画監督としてのメル・ギブソンが私は好きなので初日から見てきましたよ。
映像的には苦手な方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、それでも素晴らしい映画だと思いましたよ。
3. Posted by 由香   2007年06月17日 14:49
こんにちは!
TBありがとうございました。
私もマヤの人々の様子から『現代世界に対する警鐘とも言えるメッセージが多くて』という事を感じました。でもそれを噛み締める暇がない程の残忍な描写に眩暈がしました(汗)
これは観る人を選ぶ映画でしょうね。
観ながら思わず首や心臓に手がいきました(笑)
4. Posted by にゃむばなな   2007年06月17日 16:26
由香さん、コメントありがとうございます。

そうですね、この作品は見る人を選ぶ映画ですね。
でもこういう時代だからこそ見る価値がある映画だとも想いましたよ。
ほんと、メル・ギブソン監督って凄いですね。
5. Posted by あっしゅ   2007年06月19日 00:11
こんばんわ!
コメントありがとうございました♪

首なしの死体の山にはボクもビックリしましたよ!
良くあれだけ死体があってカラスがいなかったのが不思議でなりませんでした、、、っていうかもう腐っててツツけない状態なのでしょうね、、、。
あの時代ではこういうことが当たり前だと思うと身震いがしてきますね、ブルブル。
6. Posted by にゃむばなな   2007年06月19日 12:30
あっしゅさん、コメントありがとうございます。

知識として分かっていても実際映像で見せられるとかなりショッキングですよね。
こんな映像ばかり撮るメル・ギブソン監督はいったいどこに向かっているのか、すごく不思議でなりませんよ。
7. Posted by miyu   2007年06月25日 22:13
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
観て来ましたよ〜!
残酷な描写以上に後半の
エンターテインメント性の高い展開に
大満足しちゃいました!
最近の映画ではこんなに単純なプロット
なのに楽しめる映画って少ないように
思うのですが、
メル・ギブソン監督にはすっかりやられちゃいました!
トラバさせてもらいますね〜。
8. Posted by にゃむばなな   2007年06月25日 23:15
miyuさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね。ほんと単純なストーリーなのに残酷描写あり、エンターテイメント性ありと結構豪華な内容になっているのが意外でしたよ。

やっぱりメル・ギブソン監督はすごい映画監督ですわ。
9. Posted by ミツ   2007年07月20日 07:30
こんにちは!

「終わりは新たな始まり」と、よく言ったりもしますが、まさにその通りでした。現代は「終末」へと向かっているだけで、その先が見えないというのは成る程ですね。例え破壊であっても、それに意味が無ければ、それこそ絶望的ですから。

果たしてメル・ギブソンは再びオスカーに輝くことはあるんでしょうかね?いささか趣味に走り過ぎている感もあるので、現時点ではまだ厳しいとは思いますが(笑)←個人的にはその方が好きなんですけどね。
10. Posted by にゃむばなな   2007年07月20日 19:53
ミツさん、コメントありがとうございます。

監督が趣味に走る作品でも面白ければ別にそれはそれでいいのですが、さすがにこの手の作品を2本続けた以上、次作は新しいものを期待してしまいますね。

ある意味それが勝負作になるかも知れませんけど、ほんとに彼はどこへ向かっているんでしょ?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載