2007年06月20日

『シュレック2』

シュレック2この映画を見て一番印象に残るのは何と言っても長靴をはいた猫。『デスペラード』の頃のアントニオ・バンデラスを連想させるような見事な剣捌き、男前なたたずまい、そしてあの潤んだ瞳。もうかわいいいったらありゃしない!老若男女問わず見る者を「きゅん」させてくれますよね。

前作でディズニーに対する恨み辛みをアカデミー獲得で見事に晴らしたジェフリー・カッツェンバーグが挑んだ続編は、まさにディズニー顔負けの「ディズニーらしい王道」を行く内容だったのが逆に少し残念でした。
確かに映画としてはこの2作目の方がはるかに面白いです。『スパイダーマン2』のスパイダーキスまで取り入れるほど様々な映画をパロったシーンが特に面白かったです。その他にも新キャラクターの魅力を十分見せながらも、前作からのキャラもきちんと見せ場を作るなどアニメとしても映画としても十分面白いです。

でも「アンチ・ディズニー」を掲げてアカデミーを受賞したあの「負の勢い」がこの映画からはほとんど消え去っているんですよね。結局ジェフリー・カッツェンバーグはディズニーらしい「王道」が好きだったのか〜と何となく寂しい気持ちになりました。個人的にはディズニーの牙城であったアニメ部門でアカデミーまで受賞したのだから、ここは初志貫徹してほしかったですね。もっともっとディズニーをおちょくるようなシーン、期待してたんですけどね〜。

まぁ私の歪んだ願望はさておき、前述にもあるようにやっぱりこの映画は長靴をはいた猫につきます。シュレックという怪物に差し向けられた腕利きの殺し屋。なのにシュレックに一蹴される始末。けど男義があって憎めないキャラ。そしてあのかわいい潤んだ瞳・・・。あの潤んだ瞳に、潤んだ瞳に、三十路前の私も「はにゃにゃ〜」でしたよ〜。

エンドロールでの全員で舞台上で歌い踊るシーンのクオリティーの高さにも驚かされますが、本当に昨今のハリウッドのCGアニメ界は本家のディズニーよりも面白い、そしてレベルの高い作品が増えてきていると思います。
果たして今夏の『シュレック3』vs『レミーのおいしいレストラン』、どうなるのか今から楽しみです!

深夜らじお@の映画館は犬派ですが、この長靴をはいた猫は大好きです。

acideigakan at 18:00│Comments(0)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのトラックバック

1. 「シュレック2」あらすじ  [ 「シュレック3」映画マニュアル(完全版) ]   2007年06月23日 09:45
シュレックがおとぎの国で愛をかけた大冒険!前作でめでたく結ばれたシュレックとフィオナ姫。ハネムーンから帰ると、早速フィオナ姫の両親からお城への招待状が届いた。はじめての対面をしぶるシュレックだったが、案の定、フィオナ姫の父であるハロルド国王は、この結...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載