2007年07月21日

『ピアノの森』

ピアノの森あの『時をかける少女』『パプリカ』のマッドハウスの新作と聞いて見てみましたが、期待しなければそれなりにいい程度の映画でした。小学生のピアニストの卵を主人公とした映画のわりには、ピアノを弾くシーンなどに前2作のような躍動感がなく、そもそもこのお話をアニメ化する必要があったのか、その一点にも少しばかり疑問の残る作品でした。

他にもこの映画で不十分さが目立ったところは数多くありました。例えば絶対音感を持っている海クンがなぜあの阿字野先生のピアノを弾けたのかの詳しい説明もないですし、その阿字野先生が自分のピアノの音にこだわっていたのか、それとも自分より才能のある若者が奏でる音にこだわっていたのかの説明も不十分。
ピアニストの家系に生まれた修平クンも主人公としての魅力が全く物足りないですし、かと言ってストーリーテラーとしても役不足。
ストーリーそのものの良さは分かるのですが、如何せん映画としてのバランスが悪いという印象がすごく強かったですね。しかも笑わそうとした部分は全てスベっていたというオマケ付きでしたよ・・・。

ただラストのコンクールでの3人それぞれの演奏は意味深くてよかったと思います。
ピアニストを志してきたプライドで演奏する修平クン、聴いてほしい者のために想いを込めて演奏する誉子ちゃん、そして誰よりも一番聴いてほしい存在である自分という者のために自分の音で演奏をするウェンディ、ではなく海クン。
「音楽」は音を楽しむ、または音を楽しませると書きますが、演奏者が音を楽しんでいればそれは自然と聴く者の心にも響いてくるものなんですよね。ですから海クンの音はみんなから賞賛されてもコンクールとしては評価できないんですよね。

枠にはまらない音楽ほど人の心に響く。思い返せば学生の頃、文化祭で聴いたブラスバンド部の演奏も演奏者の顔がリラックスすればするほど、その音がなぜか心臓にまで響いてきたこともそういうことなんでしょうね。
そう思うと、いいお話なのに映画としての構成力に欠けたことが何とも悔やまれて仕方ありません。

深夜らじお@の映画館は今夏はアニメ映画尽くしになりそうです。

この記事へのトラックバック

1. 「ピアノの森」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年07月28日 18:59
漫画が原作の、天才ピアノ少年の物語をアニメ化した映画です。これだけ聞くと「また
2. 【2007-106】ピアノの森(The Perfect World of Kai)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年07月29日 22:24
4 人気ブログランキングの順位は? 森のピアノに育てられた少年は ピアノの不思議な運命によって 天才的な才能に目覚める。 行こう、森へ。 悲しいときも、楽しいときも、そこにピアノがあった。
3. 『ピアノの森』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年08月04日 07:54
? 『ピアノの森』 ? この夏あなたは、不思議なピアニストに涙する。 ? 週刊モーニングに連載中、一色まこと原作の漫画を映画化した作品。 原作は未見ですが、只今14巻発売されているらしい。 そんなに期待はしてなかったんですが、これが思いのほか面白かった。 や
4. ピアノの森 ≪甘美でも不協和音でもない中途半端な旋律≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年08月19日 16:19
3 The Perfect World of Kai 評価:50点 行こう、森へ。 悲しいときも、楽しいときも、そこにピアノがあった。 【監督】小島正幸 【アニメーション制作】マッドハウス 【原作】一色まこと 【脚本】蓬莱竜太 【音楽】篠原敬介 ....
5. 【映画】ピアノの森…宮迫博之ってお笑いより声優の才能の方があるんじゃない?  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2008年12月13日 12:19
{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/} 今週はチョイ凹み気味なテンション{/down/}だったピロEKです。 …何があったって訳でも無いんだけどね。 …このご時世(?)平凡にノンビリ安穏な場所を見つけて生活(この場合仕事ね)すること自体が人からは良く見られないものなんだな...

この記事へのコメント

1. Posted by ミツ   2007年08月22日 17:59
海、修平のオチの付け方を始めとして、どうにも予想の範疇から出ない展開ばかりで、まさににゃむばななさんのおっしゃる通り、映像化したことに疑問を感じました。

森にピアノがあるという非現実的な設定も、単に貧乏な海がピアノを弾くことが出来る理由にしかなっていなかったのも、「なんだかな〜」と思ってしまいました。こんな設定なんですから、もっとファンタジーな空気が漂っているもんだと予想していましたよ。
2. Posted by にゃむばなな   2007年08月22日 21:09
ミツさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね、ファンタジー色が薄いというかアニメ特有の夢を描く心地よさが足りないんですよ。
何でもかんでも映像化してしまえ!という今の日本映画界の未来が少し心配です。
3. Posted by ピロEK   2008年12月20日 20:50
5 おじゃまします。私のブログにコメントありがとうございました。
反応が遅くなってしまい申し訳ありません。
前半はファンタジーというか説明不足というか…だったでしょ…なのであのテンションのままお話が進むのかと思っていたら、後半は普通のドラマだったので、なんとなく掴めない作品でありました。
私としても「時かけ」、「パプリカ」と比べたら評価は下です。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
4. Posted by にゃむばなな   2008年12月20日 21:57
ピロEKさんへ

やっぱり『時をかける少女』や『パプリカ』は素晴らしい作品でしたよね。
ああいう映画が量産される時代が来て欲しいものです。

そしてこちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載