2007年07月28日

『河童のクゥと夏休み』

河童のクゥと夏休みあの原恵一監督の最新作、そして初日の初回上映では「きゅうりのQちゃん」がもらえるということもあって早速見てきましたが、またしても原監督はやってくれましたね。
アニメーションとしては『時をかける少女』のマッドハウスや『ブレイブストーリー』のGONZOと比べても少々質は劣りはしますが、監督の巧みな演出のおかげもあってかアニメ映画としてはいい映画だったと思います。

映画全体を見ても『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』や『あっぱれ!戦国大合戦』とは違い、主に大人を意識した作りになっていないところが少し寂しかったものの、河童に限らずペットを飼ったことのある方やホームステイの受け入れをされた方なら誰しもが共感できる作品内容に少しばかり感涙してしまいましたね。

というのもペットを飼ったり、ホームステイの受け入れたりしてもいつかは別れなければならない日は来ますよね。その時に心の奥底に残る感情って「あの時ああしていればよかった」とか「もっと相手のことを考えてあげればよかった」などの後悔の念と、自分達とは違う生活環境にいる相手を思えば思うほど別れを受け入れなければならない悔しさ。
特にペットを飼われたことのある方なら、もし自分と同じ人間だったら…なんて考えたことがあると思います。そんな人間が本来優しいからこそ持つ感情をセリフではなく、監督の細かな演出で見せているところがすごくよかったです。

また環境破壊により河童が住める場所がごくごく限られてしまう悲しさ。人間が自分たちのことばかり考えて自然破壊を行うことは、まさに他人への配慮に欠けた人間が相手の居場所を奪うイジメと本質は同じなんですよね。
居場所とはまさしく「帰れる場所」。
それが無くなってしまうことがどれだけ悲しいことか…。自然を守ることは何も大それたことではなく、人間のごく自然な感情である思いやりによって何とでもなることだと思いましたよ。

ただ個人的にどうしても許せなかったくだりが一つだけありました。それは上原家で飼われていたオッサンという名の犬の最後。家族みんなで河童のクゥの方ばかり気にかけて、オッサンの亡骸に上原家の誰も寄り添わないで東京タワーに登るなんて、愛犬家としてはどうしても許せません!
辛い過去があったせいもあって、クゥのことを一番理解し相談に乗ってくれ、最後の最後までクゥの身を案じてくれた彼をもっともっと大事に扱ってほしかったです。

その他にも流れる川の水を実写映像にしていたのが違和感ありすぎたことや、描いてるテーマが多すぎるなど、細かいことを言えば不満点は多々あるのですが作品内容が環境問題なだけに多くの方に見ていただきたいので、あえて擁護派としてこの映画を評価したいと思います。

深夜らじお@の映画館の居場所はここです。

この記事へのトラックバック

1. 河童のクゥと夏休み ≪高水準だが物足りなさも否定出来ず≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年08月03日 07:04
3 評価:60点 人間の友達ができちまった。 【監督】原恵一 【原作】木暮正夫 【脚本】原恵一 【音楽】若草恵 【声】田中直樹(ココリコ)/西田尚美/なぎら健壱/ゴリ(ガレッジセール)/冨沢風斗/横川貴大/松元環/植松夏希 【製作....
2. 河童のクゥと夏休み/田中直樹、西田尚美  [ カノンな日々 ]   2007年08月03日 22:03
5 子供向け映画なのに子供がほとんどいない客席ってどうよ?(笑)まぁお客さん自体が20人ちょいなんだけど夏休み中のファミリー映画でこういう環境だと落ち着いて観賞出来て助かりますぅ。今回は貯まりに貯まったTOHOシネマズのポイントで勝手に無料鑑賞キャンペーン中♪ 公....
3. 文化庁支援の意図が分からない。『河童のクゥと夏休み』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年08月03日 22:35
突然、現代に現われた河童と、それを取り巻く周囲の人間たちの物語です。
4. 「河童のクゥと夏休み」:池袋駅東口バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2007年08月04日 15:13
{/kaeru_en4/}池袋って西武線の始発駅なんだよな。 {/hiyo_en2/}じゃあ、ここから電車に乗れば東久留米まで行ける? {/kaeru_en4/}ああ、行けるけど、それが何か? {/hiyo_en2/}東久留米って、「河童のクゥと夏休み」の舞台になった町なのよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、黒目川...
「河童のクーと夏休み」★★★★オススメ 原恵一 監督、脚本 まだ名古屋駅の前にミッドランドスクエアもなく、 松竹座というせりだした二階席を持つ 試写会以外満席になったのを 見たことが無い映画館があった。 アニメの優先順位が低いので 自分がクレ...
6. 「河童のクゥと夏休み」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年08月08日 02:36
4 「河童のクゥと夏休み」(2007) 《人間の友達ができちまった。》 8/6新宿ジョイシネマ3にて観賞 introduction 監督・脚本 : 原恵一 voicecast 田中直樹 、 西田尚美 、 なぎら健壱 、 ゴリ(ガレッジセール) 、 冨澤風斗 story 夏休み前のある日、康一は....
7. 河童のクゥと夏休み  [ Akira's VOICE ]   2007年08月08日 11:52
笑顔と涙いっぱい。
8. 「河童のクゥと夏休み」シネ・リーブル梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2007年08月11日 14:19
4 「クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」で数々の賞を受賞した原恵一監督の作品です。 あらすじ 夏休みの前に康一は学校の帰りに不思議な石をみつけて家に持ち帰ります。水で洗っていると不思議な生き物が現れるのです。「クゥ!」と泣いたのでクゥと名づけら...
9. 『河童のクゥと夏休み』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2007年08月13日 22:23
感動度[:ハート:][:ハート:]          2007/07/28公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 切なさ[:失恋:][:失恋:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】原恵一 【脚本】原恵一 【原作】木暮正夫 【時間】138分 【出...
10. 【映画】『河童のクゥと夏休み』21世紀日本映画の最高傑作  [ Badlands 映画・演劇・音楽レビュー ]   2007年08月17日 11:30
11. 「河童のクゥと夏休み」  [ NOHOHONブログ ]   2007年08月26日 17:05
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 普通の家庭に突然 河童が入り込んで生活する様が丁寧にリアルに描かれる。 それがとても楽しい。特に妹のリアクションなんかホント微笑ましい。 この映画にはアニメーション的な飛躍もエモーショナルな動きも無いんだけど 全然いいですよ。面....
12. 河童のクゥと夏休み  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年08月31日 14:02
アニメは好きだけれど、 テレビの宣伝で見るこの映画の絵に全く興味が沸かなかった。 しかし、 私の大好きな作品「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 」の監督、 原恵一氏の新作というならば話は別だ。 しかもこの映画は、 私が子供の頃に住ん...
13. 「河童のクゥと夏休み」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年09月09日 15:00
カッパだの、竜だの、ぬかすな! 有りがちな子供向けの映画で、見たらとっつぁんに上
14. 「河童のクゥと夏休み」  [ やまたくの音吐朗々Diary ]   2007年09月13日 01:18
公開中のアニメ映画「河童のクゥと夏休み」を観賞。 監督・脚本・製作:原恵一 原作:木暮正夫 音楽:若草恵 主題歌:大山百合香 美術:中村隆 声優:冨澤風斗、横川貴大、植松夏希、田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリほか 上映時間:138分 配給:2007日本/松
15. 河童のクゥと夏休み−(映画:2007年110本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年10月01日 22:30
監督:原恵一 声の出演:冨沢風斗、横川貴大、田中直樹、西田尚美、松元環季、植松夏希、なぎら健壱、ゴリ 評価:80点 公式サイト 決してかわいいとはいえないクゥのビジュアル。その他の登場人物たちについても、ジブリの絵を見ているときのような感動は覚え....
16. 河童のクゥと夏休み  [ シネマ通知表 ]   2007年11月28日 10:19
2007年製作の日本映画。 木暮正夫の同名児童文学を「クレヨンしんちゃん」劇場版シリーズを手がけた原恵一監督が映画化した感動ファミリー・アニメーション。不思議な力を秘めた河童のクゥと出会った少年のひと夏の冒険を、家族の絆や友情の大切さを織り込みつつさわやかに...
17. 河童のクゥと夏休み  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   2008年02月01日 21:09
3 製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 138分 監督 原恵一 原作 木暮正夫 脚本 原恵一 音楽 若草恵 声の出演 田中直樹 、西田尚美 、なぎら健壱 、 ゴリ 、冨沢風斗 、横川貴大 、松元環季 、植松夏希 解説: 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ...
18. 河童のクゥと夏休み  [ 悩み事解決コラム ]   2008年08月05日 15:43
&nbsp;{amazon}<br />  アニメ映画『河童のクゥと夏休み』<br /> 我が第二のふるさと東久留米市が舞台ということもあり、<br /> ついつい細部の景色まで気を配ってみてしまいました。<br /> 見事に東久留米を再現している
19. 河童のクゥと夏休み  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年06月25日 14:29
河童のクゥと夏休み &rsquo;07:日本 &nbsp; ◆監督:原恵一「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」「映画クレヨンしんち...
20. 河童のクゥと夏休み  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年02月21日 18:35
レンタルで鑑賞―【story】夏休み前のある日、康一が学校帰りに拾った石を洗っていると、中から河童の子どもが現れた。 第一声から「クゥ」と名づけらた河童と康一は仲良しになる。やがてクゥが仲間の元に帰ると言い出し、康一はクゥを連れて河童伝説の残る遠野へ旅に出る―...
21. 映画「河童のクゥと夏休み」〜クゥ、マジすごいよ!  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年02月22日 01:25
正直言って、はじめはそれほど関心がなかった。 夜、子供を置いて何度も試写会に行けないし、りょうたと一緒に行ける映画を・・・と応募したまでだった。 いや、ところがどっこい、素晴らしい!! カンペキにして秀逸。ある意味、私の中では宮崎アニメを越えた!というく...

この記事へのコメント

1. Posted by ミツ   2007年08月03日 07:50
こんにちは!

その「大人を意識した作りになっていない」のが僕は一番残念でした。本来、こういうテイストの映画にそれは求めたりしてはいないんですが、それをやって名を上げた原監督だったので期待もしてしまいましたよ。原監督ではなかったら、「まぁこんなもんか…」と済ます事が出来たんでしょうが。

ちなみに僕もきゅうりのQちゃんを貰いましたよ(笑)最初は袋に入っていたので、「何だ?クリアファイルか何かか?いらね〜」とか思ったんですが開けてビックリ!いや〜僕の朝食のお供なので地味に嬉しかったですよ(笑)
2. Posted by にゃむばなな   2007年08月03日 21:22
ミツさん、コメントありがとうございます。

やはり映画ファンが原監督に求めるものは「大人も楽しめる」映画よりも「大人が楽しめる」映画ですよね。
ちょっと子供を意識しすぎたのか、残念な気持ちは残りましたね。

ちなみにきゅうりのQちゃんですが、一部映画館ではまだ配布しているそうですよ。初日特典じゃなかったの?
3. Posted by ジグソー   2007年08月08日 02:59
どうも!
僕は評判の映画版しんちゃんを見たことが無いんです。
でもコレを見てみたくなりました。

やっぱり出会いと別れってどんな映画でも悲しくなりますよね。

僕もおっさんを置いてけぼりにした家族には『おいおい!!家族暦長いのどっちだよ!』と思いました。
てっきりオヤジ辺りが『おっさんは俺にまかせて皆はクゥを!』とでも言ってくれるもんだと・・・
4. Posted by にゃむばなな   2007年08月08日 21:35
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

出会いと別れを描く映画は基本的に感動できるものですが、オッサンのエピソードみたいなものを描いてしまうと逆に冷めてしまうこともよくありますよね。

ちなみに原恵一監督作品の映画版しんちゃんは評判通りいい映画だったので、是非オススメしますよ。
5. Posted by YUKKO   2007年08月11日 14:17
フラッと見に行った映画で感動しました。まず、康一と瞳の反応の違いが男の子と女の子の個性として凄く実感できました。こういう瞳みたいな子供いるよなあと、しみじみ解ります。ファンタジー映画かと思いましたが、作品に込められた切実な思いが胸にせまってきて、少し泣いてしまいました。
6. Posted by にゃむばなな   2007年08月11日 15:28
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

女性の反応、男性の反応はまさに等身大というか、何の違和感もなかったです。
母親はなんだかんだ言っても最後はクゥを息子のように大切にしたりと、人間と河童であっても家族であることには変わりないというメッセージがすごく素敵でしたね。
7. Posted by ノルウェーまだ〜む   2010年02月22日 20:45
にゃむばななさん、こんにちは☆
古い記事なのにトラコメいただいて恐縮です。
「おっさん」の最後は本当にショックでしたね。
私ですらすごいショックでしたから、ワンちゃんお好きなにゃむばななさんでしたら、怒り心頭なのも頷けます。
そこは置いておいて、よく出来た映画でしたね!
8. Posted by にゃむばなな   2010年02月22日 21:05
ノルウェーまだ〜むさんへ

あのおっさんのシーンは本当にショックでしたよ。
犬も家族なのに、何あの扱いの酷さ!って思いましたからね。

でもその他はとてもいい映画でした。
9. Posted by 由香   2010年02月23日 16:55
こんにちは〜♪

>オッサンの亡骸に上原家の誰も寄り添わないで東京タワーに登るなんて
オッサンが死んでしまったことに気が狂いそうに泣いてしまいましたが、私も誰も寄り添わないところには「うそだろ〜〜〜!!」と思いましたよ。
この映画はとってもいい映画だと思いましたし、沢山の方にオススメしたいのですが、、、オッサンの件だけはどうしても納得できなかったりします。
まず、重傷であっても助かって欲しかった―と今でも思っていますよ。
10. Posted by にゃむばなな   2010年02月23日 17:48
由香さんへ

そうでしょ!由香さんもそう思いはるでしょ!
重傷であってほしかったのは私も同じですが、それでも家族であるクゥのために命を落としたオッサンに対する愛が薄すぎるんですよね!この映画は。
ここだけがこの映画の大きなマイナス点でしたわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載