2007年08月02日

『ブラザーフッド』

ブラザーフッド韓流のきっかけともなったカン・ジェギュ監督が『シュリ』から6年の沈黙を破って作り上げた、朝鮮戦争によって引き裂かれた兄弟の絆を描いたこの作品。同時期に公開された『シルミド』が東映的映画なら、こちらはハリウッド的映画というほど迫力ある映像と音響、そして今もなお民族分断という悲劇が続く朝鮮半島の悲しみが伝わってくる素晴らしい映画だったと思います。

監督はこの映画が公開された当時、「朝鮮戦争が人類最後の戦争になることを望みます」というコメントを残されています。事実朝鮮戦争は現在休戦中ですから、この戦争が終わるということは同時に朝鮮民族が統一されることなのでしょう。これだけ平和な社会を築き上げてきたはずの韓国なのに、未だ平和を心の奥から実感できていないことがこのコメントとこの映画から読み取れます。

平和とは何か?それは単に戦争が起こらないことだけではなく、家族や兄弟が笑顔で仲良く暮らせることなんだと思います。
この映画でも兄のジンテは弟ジンソクに自分と同じような苦労はさせまいと弟の分まで危険な任務に挑み、弟は弟でいつも兄の苦労を近くで見ている分少しでも早く兄に楽をさせてあげたいと背伸びをしようとします。互いをより大事に想っているからこそ、時にぶつかり、時に自らの危険を顧みず戦おうとする。平和とはそんな尊い心を持った人たちが報われなければ意味がないような気がしましたね。

ラストでの年老いたジンソクが兄ジンテと再会するシーンなどはなんとなく『プライベート・ライアン』を意識しているような作りになっていたり、2人を阻む壁が高ければ高いほど相手をより大切に想う構成は、『シュリ』と同じでしたが、朝鮮戦争という深い悲しみがいかに韓国社会に今もなお残っているかがよく分かる映画でした。
カン・ジェギュ監督と同じく私もこの戦争が人類最後の戦争になることを心から願います。

深夜らじお@の映画館はイ・ウンジュさんみたいな義姉が欲しかったです。

acideigakan at 18:00│Comments(6)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのトラックバック

1. ブラザーフッド  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年08月03日 00:23
 『一緒に帰ろう・・・』  コチラの映画はあっしゅさんにオススメいただいて観てみました。  基本的に戦争映画ってちょっと苦手気味なのですが、コチラも結構迫力があってちょっといわゆるグロい映像も多いんですよねぇ〜。  ど〜してもそんなグロさが残ってしまう....
2. ブラザーフッド  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年08月03日 22:19
  評価:★10点(満点10点)  2004年 148min   監督:カン・ジェギュ  主演:チャン・ドンゴン ウォンビン  (内容)1950年、韓国ソウル。貧しくも幸せに暮らす兄のジンテと弟のジンソク。だが、6月25日朝....

この記事へのコメント

1. Posted by YUKKO   2007年08月02日 21:57
この映画を見てはじめて朝鮮戦争の実情を知りました。あまりの悲惨さに目を覆ってしまいました。同じ民族同士がこんなに惨い殺し合いをするなんて・・後ろにあった大国のエゴも影響していますよね。試写会で見ましたが、最初に解説者が朝鮮戦争で最初に北の軍が本当に南まで進軍したって聞いた時には驚きました。隣の国の事なのにね。ところで、ウォンビンはいつ復帰するのでしょうね。
2. Posted by にゃむばなな   2007年08月02日 23:18
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

開戦当時、韓国は木浦以外を占拠されたらしく、その後連合軍による仁川上陸作戦で盛り返したそうです。
ベトナムもドイツも統一されたのに朝鮮だけが未だ分断されているのは悲しいですよね。

ちなみにウォンビンはそろそろ戻ってくるのではないでかと思いますよ。詳しいことは知りませんが…。
3. Posted by miyu   2007年08月03日 00:25
今韓国ではこの朝鮮戦争自体忘れられつつあると
ニュースで見ました。
関心がなくなってしまうのはとても怖いことだと感じたのですが、
こういった映画で伝えていくことは必要なんでしょうね。
トラバさせていただきます〜。
4. Posted by にゃむばなな   2007年08月03日 21:19
miyuさん、コメントありがとうございます。

休戦協定から50年ですもんね。戦争を知らない世代が増え、南北融和の道も開き始めていますからね。韓国でそのような事態に陥るのも仕方ないのかも知れません。
けどこういう映画を作り続けることの大切さ、日本も是非見習ってほしいものです。
5. Posted by あっしゅ   2007年08月03日 22:18
にゃむばななさん!こんばんわ!

これボクの大好きな映画の一つです!特にこの映画を観て韓国映画にハマって閉まったといっても過言ではないです!

兄弟愛が非常に辛いものがありましたし、戦闘シーンがすごく迫力がありました!
6. Posted by にゃむばなな   2007年08月04日 00:08
あっしゅさん、コメントありがとうございます。

青い空と対照的に降り注ぐ赤い血がより戦争の残酷さを物語っていましたね。
韓国映画の底力を見せ付けられた、そんな映画でしたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載