2007年08月10日

『亡国のイージス』

亡国のイージス監督が阪本順治、演者が真田広之、中井貴一、寺尾聰、佐藤浩市と聞けば映画ファンなら誰しもが胸躍る顔合わせです。
ただやはりこれが日本映画の限界なのか、この俳優はこういう役に落ち着くだろうという予測がことごとく当たってしまう安易な展開が非常に残念に感じた映画でした。

そもそも福井敏晴先生の作品はどれも面白いものの、『ローレライ』など戦争などを題材にした作品が映画化されるとどことなく「戦争ゲーム」っぽいものになってしまいます。
この作品もまた例外ではなく、世界に誇るべき最新鋭のイージス艦が北朝鮮の工作員に東京湾沖で乗っ取られているにもかかわらず、特筆すべき緊張感に欠ける展開になっているんですよね。別に『沈黙の戦艦』のようにごっつい体格の料理人が大活躍するようなストーリーは望みませんが、「もしイージス艦が本当に乗っ取られたら・・・」や「東京に大砲を向ける艦が現れたら・・・」という恐怖を連想させることがないのは残念無念。

しかし劇中で「平和とは戦争と戦争の間に出来た時間」というセリフなどは非常に重みがあって考えさせられる部分も多々ありましたね。この平和な時代において、アメリカが要請しているからという理由で戦争に加担するような決定をしてしまうおバカな前首相には耳にタコができるまで聞かせてやりたい、いいセリフですよ。

先日も選挙に負けた影響がここにも出たのか、安倍首相が今年は靖国参拝を取りやめるなど言っている昨今。平和とは何か?戦争とは何か?を今一度真剣に考える時が来ているのではないでしょうか。
被爆国の政治家なのに原爆投下を容認する発言をしたり、平和を訴えかけてきた長崎市長を個人的な理由で殺めたり、この国のこんな情けない状況を見ていると本当にもうすぐ平和な時間は終了して、もう一度戦争の時代がやってくるような気がします。

この時期になると毎年のことながら被爆経験者が高齢化し、原爆の悲惨さを証言してくれる人が少なくなっているというニュースを目にしますが、戦争の悲しさだけは実際に目にしたくないです。
阪神大震災の時の焼け野原となった神戸市長田区のように、あんな悲しい現実を見ることだけはもう二度と体験したくないです。

深夜らじお@の映画館は毎年8月15日正午に黙祷をしています。

acideigakan at 18:00│Comments(2)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのコメント

1. Posted by にいな   2007年08月10日 23:20
民主党の小沢代表がシーファーアメリカ大使と先日会談したときズバっとキってましたね。
アメリカのアフガン戦争を批判。

ものすごく爽快でした!!

オバカ前首相も聞いたかな?

2. Posted by にゃむばなな   2007年08月10日 23:59
にいなさん、コメントありがとうございます。

毎年この時期になると平和の尊さを実感しますよね。

核兵器を未だに必要と考えているアメリカが唱える平和って何なんでしょうね?
原爆を落とせば平和が来ると思っているなら、
あんなバカな国はないですよ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載