2007年08月26日

『キンキーブーツ』

キンキーブーツ実話を基にした物語とあって下手に脚色されるわけでもなく、人が本来持つ心優しさが十二分に描かれた映画でした。有名俳優は誰一人としていませんが、それでも最後まで一切飽きさせずに見せてくれるこの映画の雰囲気。『フルモンティ』や『ブラス』同様に笑いと感涙のバランスが絶妙な作品でした。

紳士靴専門で倒産寸前の田舎の靴工場が再起を図るべく、ドラッグクイーンのローラの協力を得て男性向けセクシーブーツの製作に奔走する物語なのですが、これが単なる成功物語でないところがすごく好感でした。
要はドラッグクイーンのローラにしろ、急遽社長に就任するハメになったチャーリーにしろ、言わば世間から浮いた存在の彼らが自信と勇気を持って生きていこうとする様を丁寧に描いているんですもん。日本同様に歴史のある文化だからこそ、その分偏見や差別も根強いイギリスなのに・・・まさに「美しい国」という言葉が似合う物語だと思いましたよ。

そしてこの映画で一番学ばされたこと、それが実は偏見なんてカンタンに取り払えるってことでした。『手紙』でも偏見とは自分を守るための行為の一つであるというくだりがありましたが、考えてみれば偏見を取り払って相手を理解しようとすることはそんなに難しいことではないんですよね。要は相手そのものを見ればいいだけのことで、その人の趣味思考や服装だけで判断するのはあまりにも幼稚すぎます。
ましてや集団の中に埋もれて偏見的な言動をするのは相手に対しても自分自身に対してもすごく失礼なことです。

例えばこの映画でもローラが男であろうと女であろうと別にそれが大きな意味を成すことはないんですよね。異性間の友情が成立するならばチャーリーの心もローレンの心も理解してくれる大事な友人サイモンの性別など重要視する必要など全くなし!
それよりも偏見など辛い想いをしてきたからこそ、ドンに腕相撲で負けてあげるなどするその心遣いを重要視しなければならない。

特殊だからこそ、他人と違うからこそ、周囲からの理解を得るまでに時間はかかりますが、個性を重要視するならばそれも込みで相手を受け入れる心構えを持ってこそ人は優しくなれる・・・。個性を履き違えている現代日本人にはとても必要な優しさだと思いましたね。

深夜らじお@の映画館は女装したくなる男性の気持ちが時々理解できます。

acideigakan at 14:03│Comments(6)clip!映画レビュー【か行】 

この記事へのトラックバック

1. キンキーブーツ  [ Akira's VOICE ]   2007年08月26日 15:35
チャーリーの靴工場
2. キンキーブーツ  [ 晴れたらいいね〜 ]   2007年08月26日 16:13
これ、観たかったんですよ〜。イイ!って聞いてたのと、元気が出る!ってなによりオカマキャラ(ドラッグクイーンね)が出てますからねっ。ニャハハ (*^▽^*) キンキーブーツ 監督:ジュリアン・ジャロルド 出演:ジョエル・エドガートン , キウェテ....
3. キンキーブーツ ≪ドラッグクイーンという変化球ながらも、内容はどストレート≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年08月26日 18:26
2 KINKY BOOTS 評価:40点 幸せへと導くブーツ、お作りします。 【監督】ジュリアン・ジャロルド 【脚本】ジェフ・ディーン/ティム・ファース 【音楽】エイドリアン・ジョンストン 【出演】ジョエル・エドガートン/キウェテル・...
4. 「キンキーブーツ」OS名画座  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2007年08月26日 20:15
3 キンキーって近畿地方じゃありません。Kinkyという英語で変態のとか奇妙なとかいう形容詞。イギリスの「フル・モンティ」的な敗者復活映画です。 あらすじ 父親から老舗のノーサンプトンの製靴会社を引き継いだチャーリー(ジョエル・エドガードン)は会社が倒産寸前....
5. キンキーブーツ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年08月26日 21:21
 『幸せへと導くブーツ、お作りします。』  コチラの「キンキーブーツ」は、8/26公開の紳士淑女の国イギリスのハートフル・コメディなんですが、やっと観て来ちゃいました。かなり気になってた映画なんですが、やっぱりそんなに派手さや盛り上がりには欠けるもののステ....
6. キンキーブーツ/Kinky Boots  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年08月26日 23:18
サンダンス映画祭で熱狂!本国イギリスで大ヒット{/star/} なかなか時間が合わないので劇場で観る予定はなかったけど、 ラムの大通りの えいさんにおすすめしていただいたのと、連日けっこうな人気だという事で観てきた♪ 評判通りの楽しい作品でした〜{/face_warai/} ...
7. キンキー・ブーツ 07087  [ 猫姫じゃ ]   2007年08月27日 00:34
キンキー・ブーツ Kinky Boots 2005年   ジュリアン・ジャロルド 監督ジョエル・エドガードン  キウェテル・イジョフォー  リンダ・バセット  サラ=ジェーン・ポッツ  ジェミマ・ルーパー 実話?ですか?? 変なお話、、、 キウェテル・イ...
8. キンキーブーツ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年11月30日 12:45
WOWOWで鑑賞―【story】父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ドラ...
9. キンキーブーツ  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   2007年12月29日 16:02
4 原題 KINKY BOOTS 製作年度 2005年 製作国 アメリカ/イギリス 上映時間 107分 監督 ジュリアン・ジャロルド 脚本 ジェフ・ディーン 、ティム・ファース 音楽 エイドリアン・ジョンストン 出演 ジョエル・エドガートン 、キウェテル・イジョフォー 、ニック....

この記事へのコメント

1. Posted by YUKKO   2007年08月26日 20:14
「フルモンティ」みたいにサクセス・ストーリーかと思いましたが、どんと突き抜けませんでしたね。
Kinkyって「変態の」とか「奇妙な」って意味なんですってな。英語の勉強になりました。では、KinkiKidsは英語圏ではヤバイですね。
私はこういう勝負はできませんね。
2. Posted by miyu   2007年08月26日 21:26
このテの地味だけどハートフルで
良質なコメディってやっぱりイギリスは
上手ですよねぇ〜。
確かに実話ベースだけに派手な脚色は
避けられていたんでしょうが、
最後はなかなか感動的でしたね。
3. Posted by にゃむばなな   2007年08月26日 23:58
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

ははは〜、
確かにKinki Kidsは危ないかも知れませんね。

でもこの映画に漂う心優しさはすごく好きですよ。
4. Posted by にゃむばなな   2007年08月26日 23:59
miyuさん、コメントありがとうございます。

イギリスってこの手のコメディは本当に巧く作りますよね。
邦画も見習ってほしいものです。
5. Posted by Franchesca   2007年08月27日 03:02
Kinki Kidsもヤバいんですが、以前ピンクレディー(ふ・・・古すぎ;;)が全米デビューした時も「プ」っていう反応でした。(「ピンク」はやっぱり「ピンク映画」の「ピンク」の意味合いがあるので。)
もう一つハジけてくれたらもっと面白い映画になったでしょうにね。
6. Posted by にゃむばなな   2007年08月27日 19:24
Franchescaさん、コメントありがとうございます。

確かに普通に考えるとあのネーミングはお水のイメージですよね。
まぁそういうネーミングが罷り通っていた頃の日本は平和だったということでしょうかね?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載