2007年09月04日

『DEAD OR ALIVE 犯罪者』

DEAD OR ALIVE「驚愕のラスト」と聞いて思い浮ぶ映画といえば、『ユージュアル・サスペクツ』や『シックス・センス』がよく挙げられますが、日本の鬼才三池崇史監督のこの作品こそ映画史上最も驚くべきラストだと思います。
正直言いまして、どんな映画の猛者であろうとこの映画のラストを予想することはできないと思います。それくらいに驚愕なんです。

私もこの映画をTVで見る前は「驚愕のラスト」と聞いていても、どうせ予想できる範囲だろうと高をくくっていました。実際に映画を見れば1時間やそこらでラストは読めるはずと思っていたので、映画を見始めてもあらゆるシーンやセリフに注意しながらあれこれとラストを予想していました。

ストーリーは哀川翔兄貴演じる新宿のはみ出し者刑事城嶋が中国マフィアとヤクザの抗争などきな臭い事件を追っていると、その捜査線上に竹内力兄貴演じる龍という中国残留孤児3世が浮かび上がってくるというものなので、中盤まではほんとQT監督が好むようなB級テイストです。それでもまぁそれなりに面白いので退屈はしませんでしたよ。

で、物語が進みラスト5分・・・。いよいよ問題のラストシーンが!
私も映画ファンの端くれとしてプライドを賭けてあらゆる予想をしていました。哀川翔兄貴と竹内力兄貴に何らかあるのだろうと・・・。

ところが、そんな私の予想など遥かに超越する、いや一掃するかのようなとんでもないラストシーンが〜!!
特にラスト1分。びっくりします。いや理解できないくらいにすごいです。
私もTVに向かって「なんじゃこりゃ〜!!!」と叫んでいるうちに映画が終わっちゃうんですもん。
もちろん映画を見終わったあとはまさしく吉本新喜劇の内場勝則さんの持ちネタの如く「い゛〜」ですよ。もし複数の友人と一緒に見ていたらお約束の「みなさんもご一緒に、い゛〜。やかましい?」でしたもん。

ということで、いったいどんなラストが待ち構えているのか、まだ未見の方は是非見てください。そして映画を見終わったあとは「い゛〜」となっていると思いますよ。

深夜らじお@の映画館は内場勝則さんのギャグが大好きです。

acideigakan at 18:00│Comments(2)clip!映画レビュー【た行】 

この記事へのトラックバック

1. DEAD OR ALIVE 犯罪者  [ 1-kakaku.com ]   2007年09月05日 08:11
歌舞伎町で、チャイニーズマフィアのボスが殺された。事件を追う新宿署の刑事、城島(哀川翔)は、その裏に若き新興ギャング団の存在をかぎつける。城島とギャング団の若きボス、本上(竹内力)の激しい闘いの幕が切って落とされた! <br> アナーキーと安易に呼ぶにはあ...
2. 「DEAD OR ALIVE 犯罪者」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2008年02月26日 01:31
4 DEAD OR ALIVE 犯罪者監督:三池崇史出演:哀川翔&nbsp;,&nbsp;竹内力&nbsp;,&nbsp;石橋蓮司&nbsp;,&nbsp;小沢仁志収録時間:108分レンタル開始日:2004-08-27Story三池崇史監督が哀川翔と竹内力を配し、裏社会の頂点を目指すマフィアと刑事の戦いを描いたアクション。中国人...

この記事へのコメント

1. Posted by ジグソー   2008年02月26日 01:52
どうも!

僕もすごいすごいとは聞いていましたが・・・凄すぎです!

お互いに最終兵器を取り出してからのラスト1分は一生忘れられません!
2. Posted by にゃむばなな   2008年02月26日 21:01
ジグソーさんへ

あのラストの衝撃は確かに噂以上のものでしたよね。
これぞ映画史に残る驚愕のラスト。私もこの映画のことは一生忘れないと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載